FC2ブログ

おいらの 背中

【雑草ポエム 第449話】

男は背中で物を言う…
昔はよくそのようなことを言われたものでございます。

たとえ無口な父親でも、子供はその背中を見て学び、悟り、育つものだと教えられました。
現在、自らの縮こまった小さな背中で物が言える男性諸氏が、いったいどれだけいるのでございましょうか。

名曲【男の背中】(UNION)

男の肩と 背中には
昔の影が 揺れている…
恋も涙も 悲しみも
誰にも言えない 傷跡も…
(中略)

男の胸の 奥の奥
その時々の 夢がある…
過去も未来も ぼんやりと
忘れてしまう 時がある…
(中略)

(歌) 増位山 大志郎(現・三保ヶ関親方)

フォト

↑おいらの背中でございます。
ん~…我ながら、なかなかイイケツしてますね。

この夏、琴光喜の無念を背負い、母の魂と共に炎天下の銀座通りを闊歩した甲斐ありまして、いよいよ琴光喜本人が沈黙を破り、ジリリと動き始めたようでございます。

余計なことは一切話さず、背中で無念の意を表してきた元大関の琴光喜。
不当解雇を申し立て、協会相手に土俵へ上がる。

その判定や、如何に!

by 桜川

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる