FC2ブログ

闘士か、意地か!(オートレースの名勝負)

 オートレースの頂上決戦と申しますれば『日本選手権オートレース』をおいて他にはございません。

 数々の名勝負に心を踊らされてまいりましたダービーにおきまして、2004年度の『第三十六回開催』ほど、ファンの胸を熱くさせてくれたレースはございませんでした。

 前年の『第三十五回開催(伊勢崎オートレース場)』におきましては、地元のエース『高橋貢選手』が本命印の一番人気を背負いながら、最終日の優勝戦でエンジンの状態を最良の状態にに仕上げられず、無念の惨敗。

 優勝したのは敵地船橋所属のエース『池田政和選手』の圧勝劇に終わったのでございます。

 『来年こそは…』

 リベンジを心に誓った高橋選手は、一年後の『第三十六回開催(船橋オートレース場)』におきまして、初日からコンスタントに勝ち進み、最終日の優勝戦まで無難にコマを進めることができました。

 その一方、地元船橋期待のエース 池田選手も、ダービー二連覇を達成するべく順調に勝ち上がり、やはり無難に優勝戦進出を果しました。

 当時、オートレース界の最強選手と目されていた両雄が『頂上決戦 』の舞台(優勝戦)に立ち並んだということで、船橋オートレース場は早朝から満員状態にまで膨れ上がり、最終の第十二レース優勝戦では、車券を購入することも困難になるほどのパニック状態…。

 売り上げが伸び悩み、存続の危機とすら噂されていたオートレース界ではございましたが、この時ばかりはかつての賑わいを完全に取り戻しておりました。

 前日の枠番抽選会におきまして、地元の池田選手はラッキーなインコース(二枠)を引き当てましたが、対する高橋選手は最悪の八番クジ(大外枠)を引いてしまうと、地元びいきの船橋ファンが『どっ』と沸き、心無いファンから『ざまあみやがれ、コノヤロー!』 『これで優勝は池田で決まりだな!』などと、聞くに堪えない罵声が高橋選手に浴びせられたのです。



 ハンデレースが主流のオートレースにおきまして、この『日本選手権』だけはハンデなしのオープンレース(横一線)でスタートするため、実力が拮抗した選手同士では、どうしてもスタートの切りやすいインコースが有利となり、大外八枠の高橋選手より二枠の池田選手の方が圧倒的に有利という条件が成り立ちます。

 ましてや、走り慣れているフランチャイズの走路とくれば、地元ファンの大声援も手伝うわけですから、池田選手の優位が揺るぐはずもございません。


 そして、いよいよ注目の最終第十二レースの優勝戦!

 横一線からのスタートで 早くも飛び出したのは注目の地元船橋、池田選手ではございましたが、不利な大外枠から何と何と、第1コーナーでスピードを緩めることなく、フルスロットルの開けっ放しでカマシてきたのが高橋選手でございました。

 バックストレッチで高橋選手が先頭に立つも、池田選手が粘って強引に張り込み、ならばと第三コーナーで高橋選手が切り返すも、池田選手も負けじとインに突っ込み返す!

 『さぁ コーナーごとに大歓声!』

 実況アナウンサーの声にも思わず力が入る。

 地元の池田vs昨年のリベンジ誓う高橋

 いずれも負けられない両雄の 『闘志と意地』 が、まともに火花を散らしてぶつかり合った日本選手権の優勝戦…、場内は沸きに沸いたのです。

 エンジンがやや強めの池田選手が先頭にたち、高橋選手が2番手キープで周回を重ね、いつ高橋が仕掛けるのか、あるいはこのまま終わってしまうのかという、まさに手に汗握る十周戦。

 追っている高橋選手も必至でしたが、逃げている池田選手はもっとキツかったことでしょう。

 どのようなマシンレースでもそうですが、二番手キープで先頭に張り付いて走るより、目標がないまま全力で逃げている方が数倍危険でキツいのですから…。

 直線で時速160kmという限界速度を出しているオートレースでは、500mのアスファルトバンクが実に狭く感じられ、僅かのミスでもフェンス激突の大事故になってしまうという ギリギリの中で戦っている熱い二人に、私は心臓が止まる思いでTVに喰らい付いておりました。



 さぁ、レースは残り二周回となり、第二コーナーの立ち上がりで高橋選手が一度インに入ろうと仕掛けましたが、タイヤを滑らせ、状態がガブられてしまい、僅かながら池田選手との車間が開いてしまいました。

 『アカンわ…』

 ブルーフラッグが振られた残り1周、もうこの時点で『池田の優勝だ!』と、オートレースファンであれば誰しもそう確信したはずでございます。

 しかし、高橋選手は…

 『負けられない…、何としても負けられない…』

 第二コーナーを立ち上がり、快速で逃げる池田選手を捕らえるには、ラスト周回の第三コーナーで強引にインを突くしか勝ち目はない。

 しかし、あの角度でアクセルグリップを緩めずに突っ込むということは、遠心力に耐え切れず大事故を引き起こしてしまう可能性が大きいのです。

 池田選手を巻き込んで落車し、フェンス激突で命を落とすことも予想されますし、仮に事故にはならなかったといたしましても、池田選手を強引に押圧するわけですから、走行妨害で反則失格ということにもなりかねません。

 事故を恐れ、SGの二着賞金で満足するのか…

 昨年の悔しさを、そのまま引き摺ってしまうのか…

 SG第三十六回日本選手権オートレース優勝戦、そのクライマックスが遣って参りました!

 『さぁ、決死のかくごーーーっ!』

 実況アナウンサーが雄叫びを上げ、場内のファンが悲鳴を上げたその瞬間!

 運命の第三コーナー、一か八か… 高橋選手が池田選手のインコースへ強引に突っ込んで先頭を奪取、そのままゴールを駆け抜けて逆転優勝!

 事故レースにはならず、反則審議の赤ランプも点灯せず、見事に高橋貢選手の一年越しのリベンジが叶った瞬間でございました。



 『物凄い競走でありました…』という、実況アナウンサーのしめの一言が、このレースの全てを物語っておりました。

 命を賭けてまで、有言実行を見事に果した高橋貢選手は立派ですが、インを閉めるような小細工をすることなく、正々堂々と相手に道を譲り、大事故や反則を誘発させなかった池田政和選手も立派のひと言!

熱いぜ、オートレース!

auto0002_copy.jpg
スポンサーサイト



プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる