FC2ブログ

さようなら 貴ノ花

 それは、平成十七年一月三十日…

 この日は貴ノ花(二子山親方)の愛弟子であります、元大関 貴ノ浪の引退セレモニー 『音羽山襲名披露』が、東京両国国技館にて執り行われておりました。

 既に癌を患い、闘病生活を余儀なくされておりました貴ノ花(二子山親方)の姿はございませんでしたが、断髪式のプログラムには最後から二番目という順番で列席するようになっておりました。

 しかし、部屋を息子の貴乃花に譲り、すっかり公の場に姿を現さなくなってしまってから久しいということもございまして、『はたしてこの場に歩いて来られるのか…?』と、来賓の誰しもが心配していたのでございます。

 人気大関 貴ノ浪の断髪式ということで、大勢の著名人が次々にハサミを入れ、十七年間という長い土俵生活に別れを告げる貴ノ浪に、一言 一言 労いの言葉をかけている姿は感動的でございました。

 しかし、貴ノ浪自身は毅然としており、感極まって目頭を抑えるような仕草を一切見せようとはいたしません。

 実は、これには理由がございまして、『土俵の鬼』と謳われました初代横綱若乃花の教訓が、二子山部屋の力士達に受け継がれていたからでございます。

 その教訓とは…

 『断髪式の時に涙を流すような者は まだ土俵に未練がある証拠だ!』

 『全てを出し尽くし、悔いもなく土俵を去る者に、涙などあるわけがない!』

 『絶対に恩人(後援者)の前では泣かぬことだ!』

 なるほど、その教訓には一理あると思います。

 貴ノ浪はその教えを守り抜き、ついに顔を歪めることもなく、いよいよ残り二人を残すのみとなりました。

 ところが…

 どうしたことか、注目されていた貴ノ花(二子山親方)が定刻を過ぎても現れない。

 実はこの時、癌が悪化し、ベッドを動ける状態ではなかったと知ったのは後の話でございますが、愛弟子の門出を祝うために無理をし、国技館へ駈け付けようとしていたのでございます。

 都心の交通渋滞という不運にも見舞われ、到着まで十分ほど時間がかかるという連絡を受けた国技館。

 その時、司会の場内アナウンサーは…

 『どうか皆さま…、親方の到着まで待っていただけますか?』 と、まるで祈るように問いかけますと…

 館内のお客様から一斉に拍手が沸き起こりまして、土俵上には貴ノ浪ただ一人だけポツンと残される状況となりました。

 貴ノ浪は静かに目を閉じます。

 十七年間、自分を指導してくれた恩人が遣って来る… 、本当の師匠であり、父親が、自分のために病魔を背負ってこの場に駈け付けて来てくれる…。

 次第に胸が熱くなる貴ノ浪…。

 そして、ついにその人は遣って来ました。

 師匠たる貴ノ花(二子山親方)が花道に姿を現しますと、地響きのような大歓声が国技館内に響き渡り…

 しかし…、次の瞬間… !
 
 角界のプリンスと称された美男力士の面影は微塵にもなく、顔にはクッキリと死相が現れており、癌による出来物のような黒い膨らみが、頬から喉にかけて張り付いているようでございました。

 『こ…、これが あの貴ノ花か?』

 その変わり様に館内のお客様はおろか、TVを見ておりました視聴者の心を抉ったのでございます。


 ふら付きながらも土俵まで何とか一人で歩いてこられた貴ノ花(二子山親方)ではございましたが、今度は土俵の上に自力で上がれない…!

 あの強靭な足腰で国民に勇気と感動を与えてくれた貴ノ花が、何と土俵の上に上がることができないのでございます。

 世話役に肩を抱かれるようにしてようやく土俵の上へ…

 貴ノ浪は、その光景を背中のざわめきで感じ取っていたようで、たまらず目頭に熱いものが込上げてまいりました。

 貴ノ花(二子山親方)が一歩ずつ弟子の側に近づいて行く…

 師匠が近づく毎に感極まる貴ノ浪…。

 そこで司会者が…!

 『貴ノ浪が、もっともハサミを入れてほしかった人でしょう!』 と止めを刺す。

 ついに貴ノ浪の目から大粒の涙が零れ落ちて…


 震える手にハサミを持ち、弟子のマゲを数本切った後、深々と愛弟子の背中に頭を下げる貴ノ花(二子山親方)の胸の内は…。

 大相撲界の危機を救い、『角界のプリンス』 とまで言わしめたスーパースターも、結果的にこれが生涯最後の公の姿となってしまいました。


 貴ノ浪は泣きました。

 しかし…、この涙はけっして土俵に未練があって流した涙ではございませんで、人間、『貴ノ花 満』の偉大さに対する涙だったと信じたい。

 その日からちょうど四ヶ月後の五月三十日…

 『口腔底癌』によりまして、東京都文京区の順天堂病院にて永眠いたしました。

 昭和の名大関 貴ノ花 満   享年五十五歳


 内臓を患い、太る事ができなかった軽量力士ではございましたが、どんな巨漢が相手でも、貴方はけっして逃げなかった。

 『真っ向勝負』という言葉が、最も似会う力士でした。


 心臓から汗をかけ!

 ありがとう、貴ノ花
15349423_1888545452_184large.jpg
スポンサーサイト



プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる