FC2ブログ

雑草のポエム

 雑草(ざっそう)
 私はこの名前が心から好きであり、そして、その見事な生き様を『これ我が師』のごとく、人生の教訓としてまいりました。

 そもそも『雑草』とは、誰の目にもとまらない ただ邪魔にされているだけの憎まれ草。

 おそらく、この地球上に存在する『生命』というものを与えられた生き物の中におきまして、『生きゆる意味』というものが誰からも理解されていない、唯一の存在でございましょう。

 これは単に人間のエゴイズム的な発想なのでございましょうか。

 しかしながら『雑草』は、たとえ踏まれようとも蹴られようとも、千切られようともむしられようとも、どのような天変地異に見舞われようとも、負けずに自力で立ち上がり、ただひたすら太陽に向かって邁進している…、それこそが『雑草魂』の真骨頂であり、最も見習うべきところでございます。

 ひと口に『雑草』と申しましても、その種類の一つひとつに『オオバコ』や『ハキダメギク』といったような正式な名前が付けられておりますが、一般的にはあまり知られていない… いや、知ろうとすらもされないという、悲しいさだめの泪草。

 それでも、『雑草』ほど力強く生き抜く魂を持っている生き物(植物)はございません…故に、私もかくありたく、そうした雑草魂を この『雑草ポエム』に綴りつつ、『人間』をまっとうできれば…と、心より望む次第でございます。

 とは申せ、温室育ちの現代人では『雑草』の真似事をしようとしただけで、簡単に枯れ腐ってしまうことでございましょうし、厳しい言い方をさせていただけば、一度大きな獅子に噛み砕かれたほうが良いとすら思います。

 本物の雑草であるならば、たとえ木っ端微塵にされようとも、必ず力強く立ち上がってくれるはずでございます。

 私は今、『雑草』がたまらなく愛おしい。
スポンサーサイト



プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる