FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どすこい!

【雑草ポエム 第636話】

生憎の曇り空となってしまいましたが、私は昨日、応援しております劇団の芝居を観劇するべく、東京の両国へ足を運んで参りました。

いつもの国技館側の駅舎と違い、南側は如何にも下町らしい感じがいたします。

1_copy_20121016143744.jpg


両国と申しますれば『ちゃんこ鍋』♪

時分時ということもございまして、私は新横綱の『日馬富士』を誕生させました伊勢ヶ浜部屋のちゃんこ鍋を堪能するべく、『ちゃんこダイニング安美』に寄り込みました。

↓ポスターながら、新横綱が颯爽とお出迎えでございます。

2_copy_20121016143744.jpg


↓お世辞にも広いとは言えない店内ですが、雰囲気が素敵でリラックスできます。

3_copy_20121016143744.jpg


↓私が注文いたしましたのが『3色ツミレの味噌ちゃんこ鍋』♪

4_copy_20121016143744.jpg


七味唐辛子をたっぷりふり掛け、額に汗を流しながら冷えたビールと合わせれば、私といたしましては、これが最高の贅沢ランチでござました。

=====

劇場のある両国2丁目交差点(両国シティコア)に向け、通称『国技館通り』を肩怒らせながら歩く私は、すっかり大相撲の関取気分でございます。

両国2丁目交差点…

↓ここにはかつて、旧・両国国技館が聳え立っておりました。

5_copy_20121016143743.jpg


↓これが現在の両国2丁目交差点、シティコアビルが跡地に建設されました。

6_copy_20121016143743.jpg


1909年(明治42年)に建設されました旧・両国国技館は、東京大空襲など3度の火災に見舞われ、老朽化も進行しておりましたので、昭和58年に解体されたとのことでございます。

↓目立たぬ所に『旧・両国国技館跡地』を記す看板がございます。

7_copy_20121016143644.jpg


数々の名力士達が偉大な記録を残してくれたこの聖地、まったく面影や名残の欠片も無く、近代的な空間に入れ替わってしまったのかと思いきや…

↓この円形は…!

8_copy_20121016143644.jpg


なんと、くっきりとした円形がシティコアの中庭に再現されておりまして、これが旧・両国国技館の中央部にありました土俵の跡(位置)でございました。

↓この場所には、かつて『角聖』と呼ばれた相撲の神様が戦っておりました。

9_copy_20121016143644.jpg


右目の視力が全く無いという事実を引退するまで隠し通し、前人未到の69連勝という偉大な記録を打ち立てたのは、相撲の神様 双葉山でございます。

あの日 あの時、この土俵の上で70連勝目に挑んだ時、見えぬはずの双葉の右目に映った物とは…

10_copy_20121016143643.jpg


格下の安芸ノ海に不覚をとり、ついに連勝記録が途絶えてしまったあの『事件』におきまして、耳を劈く大観衆の大きな悲鳴が、この時 なぜか私の耳にも届いてくるように感じていたのでございます。

丸い 丸い 旧・両国国技館の『土俵の跡』を見つめながら…




『ワレ イマダ モッケイ タリエズ』

それは、昭和14年の出来事でございましたが、まるでリアル双葉を生観戦しているかのように、私の心に熱い何かが響きました。

0_copy_20121016143643.jpg


私は、心の底から相撲道が好き。

大相撲を、心で観るようになれたのは… いったい、いつ頃からでございましょうか。




雑草ポエム…

静かに再開させていただきます。

by 桜川

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

お帰りなさいませv-411

その土俵跡、時代劇専門チャンネルでも取り上げられていました。

東京の下町、行ってみたいですv-353

三色ツミレも興味津々♪

No title

時代劇専門チャンネルで僕も見ました。
両国もう一度行って見たいし、ちゃんこも食べた事ないので、是非食べてみたいです。三食つみれちゃんこ、先日食べられtのでは?美味しいから何度でもいいですね。

No title

ちゃんこ食べたことないけど、行く機会があれば行ってみたい
そしてビールv-218

No title

『雑草ポエム(名称も旧に復して)』再開、私も嬉しく思います。

さて、その第一弾は、早速相撲ネタですね。
両国駅南側は、私も一度歩いた事があります。
昭和の街へタイムスリップ気分でしたね。

そして桜川さんのお家芸、広告にも充分使えるチャンコ鍋の写真v-218
一見カレー味みたいで美味しそうですね~ 。

旧両国国技館の土俵の位置が、この様な形で残っていたとは、今まで知りませんでしたよ。
何か、目の錯覚の世界に誘われそうですねv-411

No title

おおv-363 復活ですね v-411

双葉山関は凄かったんですね。
力士の中の力士

栃錦関は相撲界を代表する紳士。
あの方は経営手腕も凄かったし、
普通の世界に生きれば大社長の器。
素敵な人でしたね。早くご逝去、惜しかった。。。です。。

処で何時も美味しいものばっかり
羨ましいけどウェイトが心配v-356 です。。。

No title

v-354祝 再開v-354

旧国技館なるものがあったのですね?
知りませんでした。

かつての69連勝ってこのことでしたか?


ちゃんこちゃんこの味の素♪

↑前にも書いたような気がしますが...

No title

土俵の跡 面白いv-363

目の錯覚で浮き上がって見えるv-411

No title

祝再開 v-353

やはり一発目は相撲からでしたね

小生にまで再開のメッセージをいただき恐縮です

静かに、しかし、力強く燃え始めた「桜川魂の炎」

確かに感じましたぞ

No title

v-353 祝 再開 v-353

安美(錦)ちゃんのお店じゃないんですねv-362

No title

(祝)再開

大好きなお相撲のお話から新たなスタートきるのは いかにも桜川さんらしい

ご自分のペースで 末長く続けていかれますように

No title

おかえ~(^_^)/
いつか…ちゃんこ鍋巡りに行ってみたい!そん時はガイドよろしく(^^)

No title

雑草ポエムの再開、嬉しいてす!!

私は、にわか相撲ファンなので、
旧・両国国技館の土俵跡は、
知りませんでした。

是非、行って!
大観衆の悲鳴を聞いてみたいと思います。

お帰りなさい!桜さん、再開ありがとうございます(*´▽`*)

こんな優れた日本人選手が輩出された良い時代だったんですねー。
ごめんなさい、私は相撲がわからないのですが、たまにテレビでちらっと見ると金髪の選手が沢山いてびっくりします。
子供の頃、祖父や父の膝で見た相撲と今の相撲では空気も違っている気がします。。

さて、片目が見えない状態で69連勝もしたことも凄いですが、まわりに覚らせなかったというのが本当にすごいですね。
見る人が見ればわかりそうなものですが、それだけ強くて賢い、素晴らしい選手だったのでしょうね。

気負わず楽しく続けて下さいね。
ゆっくりくつろぐ時間に桜さんの心に会えるのを楽しみにしているあんでしたー。

No title

両国からの始まりですね〜v-353
ふさわしい内容でござりまする〜♪

あの〜土俵の跡って・・・・動く?ww

No title

土俵跡を残すなんて乙な事 v-392
女である限り一生土俵には登る事はできないので v-426の真ん中に立って気分を味わうのもいいかもv-411
何気にチャリ置き場になってるみたいだけど…v-356

No title

両国(気持ちは蔵前でしょうか)からリスタートですねv-411

始まりがあるから終わりがあり、
新たに始めるために終わるものもありますねv-411


新しい日記、気負わずにv-392

No title

雑草ポエム再開されたのですねv-237
よかったです〜v-353

旧国技館跡が残って
いたんですね
知りませんでしたv-356

それにしても、日記に沿った写真や
双葉山の対戦映像に
感心しまくりですv-353
マッチしてますもの〜v-425

No title

お帰りなさい。よくぞ戻ってきてくれました!

土俵跡について前にテレビでやっていたのを思いだしました。
ちゃんと遺しておくなんて凄いなぁと感じたのを覚えています。
ただ残念なのはさりげなさすぎて一般人には分からないためか無造作に自転車が置かれたりしているのは残念ですね。もっときちんとした形で遺して欲しかったです。

No title

みつまめさん
コメントをありがとうございます。
時代劇専門チャンネルと申しますと、CSでしょうか?
どんな形で説明されていたのか興味があります。
本場の両国で食べるちゃんこ鍋は、一味違いますよ♪

No title

飛鳥の皇子さん
コメントをありがとうございます。
ちゃんこ鍋は日本全国どこででも食べられますが、やはり相撲の街両国で食べますと、一味もふた味も違って楽しめます。
是非上京の際にはお立ち寄りください♪

No title

くまbuuさん
コメントありがとうございます。
勿論、アツアツのちゃんこ鍋には冷えたビールが良く合います!
このお店では【どんぶりビール】という変わった志向で楽しませてくれますよ♪

No title

トコトコさん
コメントありがとうございます。
『ららばい』というタイトルはあえて消さず、『雑草ポエム』として復活させていただきました。
これが三度目の仕切り直しですので、今度止めるときは廃止にする時だと心得ます。
料理の写真が『お家芸』と言われても、素直に喜ぶことができないのは何故でしょう(汗)
まぁ、ありがとうございます。。。

No title

野菜の花さん
コメントありがとうございます。
双葉山という力士は神様的存在でしたが、リアルに見る事ができませんでしたので参考記録で覚えるしかありません。
そうした中で、あの旧両国国技館の跡地に置きまして、あの土俵の位置を確認することができたのは嬉しかったですね。
ある種のパワースポットのようで、不思議な気分になりました。
ウエイトの心配、ありがとうございます。。。

No title

カ~ルおじさん
コメントありがとうございます。
明治に建てらてた、日本で初の相撲場(国技館)というものがありました。
戦争中に差し押さえられ、メモリアルホールとなったり、その後は日大講堂として使用されておりました。
私も解体直前に現物を見た事がありますが、今でも土俵の跡地があることを知ったのは最近のことでございます。

No title

かるみあさん
コメントありがとうございます。
ターンテーブルみたいに、乗ったとたんに振り回されたりしてね(笑)

No title

Kiwihusbandさん
コメントありがとうございます。
自分はAuto大相撲(オートレースと大相撲)をメインに書こうとしたのが雑草ポエムの始まりでしたので、相撲から再開するのは自然のことかもしれません。
今度止める時こそ、雑草ポエムが消える時でございます。
今後とも宜しくお願い致します。

No title

ハッピーウオーターさん
コメントありがとうございます。
安美ちゃんの所属する部屋のお店です♪

No title

くまみんさん
コメントありがとうございます。
あわてず、むりせず、気にもせず…マイペースで書きますよ。
大相撲とオートレースネタは、桜川の所でしか覚えられないと思って来てください(笑)

No title

ちょっとワルかった親父さん
コメントありがとうございます。
是非とも上京の際にはご案内いたしますので食べましょう♪
あと、飲みましょう(笑)

No title

ハナの父さん
コメントありがとうございます。
にわか相撲ファンだなんて、何を仰いますやら!
私の方が教えてもらいたいですよ。
旧国技館跡地は、両国駅から徒歩5分程度で行けますので、是非ともあの雰囲気を味わってみてください♪

No title

あんさん
コメントありがとうございます。
いつも気にしていただいて、心配していただいて、そして、再開を誰よりも望んでいただけて、私は本当に幸せ者でございます。
お相撲さんは『選手』とは申しませんで、『力士』という表現が正解です。
双葉山という力士は無敵の大横綱であるうえに、その風格や品格等々、そのどれをとっても最高位の横綱に相応しい力士のお手本でございます。
その神様が戦っていた跡地に立つ事が出来まして、私は嬉しくて雑草ポエムの復活第1作目に認めたというわけです。
今後とも宜しくお願い致します。

No title

きなこ♪♪さん
コメントありがとうございます。
あの土俵の跡は動きませんが、真ん中に立ちますと背中がゾクゾクいたします。
まぁ、往年の相撲ファンでしか味わえないかもしれませんけどね(笑)

No title

さくちゃんさん
コメントありがとうございます。
女性が土俵へ上がれないということをご存知のようですね。
賛否両論ございますが、時代は変わっても伝統文化をそのまま残すことは悪い事ではございません。
けっして『女性差別』という意味ではないのです。
それを全く理解できないバカな人が多いですね。
あそこが土俵の跡地だからと言って、ピンと来るような現代人はいないかもしれません。

No title

ほのかさん
コメントありがとうございます。
気持ちは蔵前…う~ん、否定できませんね(笑)
旧国技館と言われますと、やはり自分にとっては蔵前国技館だと思ってしまいます。
さすが相撲通のほのかさんです♪

No title

チェリさん
コメントありがとうございます。
私も旧国技館の跡地は存じておりましたが、土俵の跡地としてあのような円形が残っていることを知ったのは最近のことでございます。
双葉山の動画を見ていただけたのは嬉しいです。
さすがチェリさんですね♪

No title

yoziさん
コメントありがとうございます。
TVでやっていたのは知りませんでした。
私よりお詳しいyoziさんに拍手です♪
ちょうど中庭のど真ん中に跡地があるものですから、囲うわけにもいかないでしょうし、そこまで残したいという思いもなかったのではないでしょうか。
私が施主であれば、あそこは立ち入り禁止区域にしちゃいますね♪

No title

土俵の跡を残す粋さを
いつまでも持ち続けたいものですね
我々はv-353

再開おめでとうございますv-411

No title

> 洋さん 
どうもありがとうございます。
理由は無く、静かに再開いたしました!
プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。