スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本零士展

【雑草(ポエム)ららばい 第631話】

1週間前の日曜日…
私は某美術館へ出向きまして、宇宙戦艦ヤマトや銀河鉄道999等の原作者として知られる日本の鬼才、『松本零士展』をじっくりと堪能して参りました。

1_copy_20120825221549.jpg


チケットは700円でしたが、この700円で少年期にワクワクさせてもらった懐かしい夢を再現できるとなれば、お安いものでございます。

2_copy_copy.jpg


松本零士氏の作品といたしましては、何と申しましても『宇宙戦艦ヤマト』の大ヒットが燦然と輝くわけではございますが、元々鉄道ファンの私といたしましては、後発の『銀河鉄道999』の方が、より素晴らしいロマンを感じてしまいました。

3_copy_20120825221549.jpg


まだまだ『宇宙』というものが未知の世界であった少年期のあの時代、松本零士氏の世界に魅せられた私達は、いつのまにか遠い『宇宙』というものを身近に感じ、独自の感覚で理解できていたのでございます。

4_copy_20120825221549.jpg


皆様も、澄んだ夜の星空を見上げてみてください。

あのキラキラ光って(肉眼で)見える小さな星までの距離が、約1500光年(1光年=約9兆4千600億km)ということですから、光の速度(時速約10億8000万km)で計算しますと、飛鳥時代に光った光が、今ようやくこの地球に届いて見えているということになるわけでございます。

いやいや…、こうして真面目に考えますと気が遠くなりそうな『天文学』ではございますが、松本零士氏は見事に我々少年少女たちを宇宙の神秘に引き込んでくれたのでございます。

線と点を理論化した『ワープ』の分析(宇宙戦艦ヤマト)など、沢山のことを少年期に教わる事ができた私達は、本当に幸せ者だと思っております。

現代のアニメーション作家が、これからの子供達に向けてどんな作品を提供することができるのでございましょうか。

笑いばかりが漫画ではない!…ということを、理解して描いている作家は少ないでしょう。



人は誰でも 幸せ探す 旅人のようなもの

希望の星に 巡り合うまで 歩き続けるだろう

きっといつかは 君も出会うさ

青い小鳥に…


by 桜川

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

メーテルって男性から見て理想の女性って人多いですよねv-411

槙原敬之と揉めてた盗作とかの件はどうなったんだろうか…

No title

私も銀河鉄道999に憧れた一人です。
勇ましい世界より、ゆっくり時が流れる世界に魅力を感じるのは、少年時代から変わりませんね。

No title

スリーナイン大好きです(^_^)v

ヤマトも好きですが映画になった時に生き返っちゃったり節操がなくなっちゃっから何か褪めちゃって

テレビ毎週楽しみでしたね(^_^)

昔娘が小学校の時にお友達が『けいちゃんのママメーテルみたい』って言ってくれてちょっと嬉しかったです!(b^ー°)

No title

見ていたのにストーリーがうろ覚えだわ、、、v-356

ヤマトは中3の時にたしか映画館で観たわ~
他中の男の子と(*`∀´*)

いーなー。
私、中学生の頃、強烈熱烈なヤマトファンで、古代くんに恋してたの(笑)
録画なんて一般家庭でできる時代じゃなかったから当時はテープレコーダーに音だけを録音してましたー(笑)
懐かしい。。
999も好きだったなー。
ハーロックも。
何もかも皆懐かしい、、、って沖田艦長の最期のセリフのよう(笑)
ねー桜さん、私達、50年近く生きてるんだねー、、うーん。。
色々考えさせられるなー。
いや、独り言です。。

No title

僕が少年期に、もっとも多くの感銘を受けた漫画の一つです。


この作品をひと言で表すなら、「粋」だと思います。

既存の概念さえ通用しない大宇宙に、行き交う人々のロマンが感じられ人情があります。

描かれる画も、未来的な部分ととクラシカルな融合。



アニメでは、平尾昌晃氏作曲の主題歌も好きでした♪

No title

僕にとっては「銀河鉄道」と言うと『銀河鉄道の夜』なんですが、
「999」もありましたね。

松本零士は、以前、槇原敬之と作詞盗用で裁判沙汰になっていましたが、作詞の方は松本零士が損害賠償請求権を放棄したそうで、松本零士がテレビ番組内で槇原敬之について喋ったことが名誉毀損になるとして220万円を支払うことになったと出ていましたが、あれは2年ぐらい前かなと思っていたら2008年の事なんですね。

No title

あんまり細かいストーリーはわからんけど、メーテルさんチャーミングな女性ながら 奥底に秘めた強さを感じる

実際に居たら 男性は虜になるんやろうな

No title

ヤマトも999も私の青春でした。

ヤマトの発進シーンや999の出発シーンは鳥肌が立ちます(^^;

今振り返って観たら穴だらけなのかもしれませんが私の中の金字塔です。

No title

私、実は松本零士さんの作品
見てなくて・・・v-356
でも友達は、すごいハマってて
熱く語ってたのを思い出しました

今の漫画もかなりよくできてるみたいで、うちの上の子に、よくこれ面白いから読んでみて!と言われたりv-411
進路を決める時も、漫画の影響が強かったって言ってました

No title

かるみあさん
メーテルが理想の女性だった頃は、男性が強かったような気がいたします。
今時の弱々しい男性だと、メーテルではダメなのかもしれませんよ。
盗作の件は、松本氏が負けたような形となりましたね。

No title

トコトコさん
やはり私と同じく鉄道に憧れを抱くトコトコさんですから、きっとそうではないかと思っておりました。
ヤマトとの比較で、同じ宇宙戦でもケバケバしさが少なかったですね。

No title

マリンさん
宇宙戦艦ヤマトは、原作をいじくりすぎましたね。
あまりにも大人気になってしまった影響で、夢もロマンも全て破壊されてしまった感じです。
いやいや~、メーテルに似ている日本女性なんて、そうそういませんよね?
マリンさんは凄いなぁ。。。♪

No title

楓☆さん
主人公の星野哲郎は、母親を機械伯爵に殺されて、その恨みを晴らすべく自ら機械の身体(永遠の命)を手に入れるべく、銀河鉄道999に乗り込んだ♪
永遠の命なんて望むものではないですね。
限りある命だからこそ、愛おしくも尊いわけですから。。。

No title

あんさん
古代進にもラブマークが付いていたの?(汗)
あーたは、デビルマンのアキラが好きなんじゃなかったっけか?
まぁね、昔のヒーローは皆勇ましくてカッコよかったです。
怒り眉毛が男の勲章だった時代。
あっという間に50年も生きて来て、草食系のヒョロヒョロしたのがチヤホヤっされる時代になっちまったわ。
ま、羨ましくも無いわね~。

No title

ひろしさん
このアニメは私が中一時代のものですから、ひろしさんはまだかなり幼かったと思います。
『粋』とくれば『雅』でしょう(笑)
スカイツリーと一緒にするなって?
いやいや、スカイツリーの天空回廊からならば、999の飛び立つ姿がリアルな角度で見えるだろうなと思いまして♪

No title

Pentaさん
銀河鉄道の夜という物語は有名ですが、あまり内容は理解できておりません(汗)
松本零士さんが盗作として訴えた事件ですが、もうそんなに月日が流れてしまっていたのですね。
盗作となる根拠に乏しいかなと思っておりましたが、結果的には『やっぱりな』という終わり方でしたね。
盗作の判定は難しいところです。
目耳にした感動を、己の解釈で表現した事も、やはり盗作と言う事になってしまうのでしょうか?
この事件は考えさせられる事が多かったです。

No title

くまみんさん
当時の美女の象徴的な存在でしたね。
松本零士が描く美人像とは、皆似たような顔をしております。
まつ毛が異様に長いんですよね(笑)
あれも作者の理想の女性像なのでしょうかねぇ?

No title

ぐっどさん
ヤマトも999も、原作のままで語り継がれてほしいですね。
この2作品の共通点は、TVバージョンの主題歌を『ささきいさお』さんが歌っているという事です。
映画ではゴダイゴが歌って大ヒットしましたが、やはりイメージ的にはささきさんの歌声がマッチしてますね♪

No title

チェリさん
同じ年代でありながら、残念ながら松本作品を見ていらっしゃらなかったのですね。
今からでも遅くは無いので、是非ともDVDをレンタルして見てみてください(笑)
最近の漫画は本当に『銀魂』くらいしか解りません。
いよいよ年をとった証拠ですねぇ。。。(涙)

No title

あたしは子供の頃、宇宙戦艦ヤマトと銀河鉄道999が大好きだった。よく、メーテルを書いてた(笑)

No title

きぃちゃん
貴女のロングヘアーはメーテルがモデルだったのかな?

No title

ダンナが日本語の勉強のために甥の銀河鉄道を5冊借りてきてあったのですが、1冊目も終わらないで3年も経ってしまったので返しました^^; 私は読んでて、続きが読みたいんだけどね。

松本零児は「男おいどん」でトップ漫画家になったと思いますが、その昔は松本あきらと言う名前で綺麗な少女漫画を描いていたのです。
奥さんの牧美也子とMMプロと言うのを作ってて、牧美也子の少女漫画に彼が可愛い犬だかネコだかを描いていた事も。

でも私はそれよりずっと昔の、妖精の物語なんかが大好きでした。
「銀の谷のマリア」を持ってて、それが大好きだったんだけど、祖父が入院してた病院の傍の貸し本屋で古い単行本を見つけ、それがワルプルギスを舞台にした3部作で、「銀の谷のマリア」はその中間の物語だったと知った時の驚きと興奮 ^0^

あんなの今まだ持ってたら貴重品だったのにな~~~


(ああ~~ またトシのばれるコメントをしてしまった ^^;)

No title

Junさん
お返事が遅くなって申し訳ございませんでした(汗)
忘れていた…というか、気が付かなかったというのが正解ですね(爆)
これですから、もう雑草ららばいがジ・エンドになっちゃうわけですね。
本当に申し訳ございませんでした(涙)
『男おいどん』なんてよくご存知ですね!
だらしのない男のイメージそのままの主人公でしたが、私はまだ子供でしたのであまり意味が理解できずに読んでいた記憶がございます。
Junさんは色々とお詳しいですね~。
これからも色々と教えてくださいね!

No title

 松本零士の描く女性って、少なくとも8頭身はあるよね〜。

No title

零士さんというお名前が素敵!と思ったものでした
その頃はテレビも映画も見る時間がなかったた桃花ですが音楽は専門でしたので 勿論コピーしてステージに放送に、コンサートに使用させていただいていました
ライブではスリーナインが受けがイイので、オープニングによく弾きました
実に懐かしいです
プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。