FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100万都市に 独りぼっちの駅

【雑草(ポエム)ららばい 第629話】

我が生地、神奈川県川崎市は、総人口140万超(京都市に次ぐ全国第8位)のマンモス都市でありながら、隣に聳える横浜市(総人口360万超)に日の光を遮られ、全国的にもマイナスイメージが根強い所でございます。

そうした街におきまして、私の生家から程近い場所に、JR鶴見線が『京浜工業地帯』を縫う様に走っており、その中でもひっそりと孤立した小さな駅が存在いたします。

↓『大川駅』と申しまして、鶴見線本線から分岐する形で引込まれている終着駅。

1_copy_20120726180306.jpg


↓分岐された線路は一直線であり、その距離は僅か1km程度でございます。

2_copy_20120726180306.jpg


↓途中、白石運河を超える『大川橋』という橋がございますが…

3_copy_20120726180305.jpg


↓第二次世界大戦の時、米軍が乱射した『弾痕』が今でも生々しく残っております。

4_copy_20120726180305.jpg


↓私が子供の頃、戦争の様子を父親がこの場で詳しく教えてくれました。

5_copy_20120726180305.jpg


↓工場の廃油に侵された白石運河でも、生きた魚が釣れるようでございます。

6_copy_20120726180306.jpg


↓そして終点、大川駅に到着です。

7_copy_20120726180143.jpg


↓これが大川駅の駅舎ですが、超が付くほどオンボロの無人駅でございます。

8_copy_20120726180143.jpg


↓根腐りした木製の柱も弱々しく、いちおう改札口なるものがございます。

9_copy_20120726180143.jpg


↓この時刻表をご覧ください!

10_copy_20120726180142.jpg


周りが大きな工業地帯であるが故、平日の朝8時~9時の通勤時間帯に4本、帰宅の時間帯に5本の運行はあるものの、休日ともなりますと、朝に2本と夕方に1本のみという、とても140万超都市のJR線とは信じ難い列車の本数でございます。

↓スイカのタッチパネルが…!

11_copy_20120726180142.jpg


JR鶴見線は、基本的に全駅(鶴見駅を除く)無人駅ですので、改札口などスル―して電車に乗降することは可能です。

JR側も、『お客様の良心にお任せしております』とのことですので、さほど気にすることでもございません。

↓一本引きの単式プラットホーム、昔と何ら変わらぬ眺めでございます。

12_copy_20120726180142.jpg


↓現在は新型車両が乗り入れておりますが…

13_20120726175728.jpg


↓この駅に、最も似会う電車が『クモハ12』の木造列車でございます。

13_copy_20120726175727.jpg


この駅にだけは、少年時代の思いで詰まる『クモハ12』を最後まで残してもらいたかったのですが…。



↓大川駅の先には、アスファルトで埋め固められたポイントレールが…(汗)

14_copy_20120726175727.jpg


これでは脱線しちまうぜ。

↓男の(働く)街を象徴する、川崎市の京浜工業地帯を走る鶴見線…

15_copy_20120726175727.jpg


華やかな市街地で賑わう主要駅ばかりが目立つ川崎市内におきまして、ひっそりポツンと生きている、そんな大川駅が今でも大好きな私でございます。



川崎の 空は黒い…

川も海も また黒い…

オヤジを公害による肺病で殺した街…

けれど…

I Love,we love 川崎… でございます。

by 桜川
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

あたしは田舎育ちだから、こんなふうけいが落ち着く。
今は船橋。
程々に便がいい。
住めば都。
やっぱり自分の住んでる所は落ち着くよね。
あたしは引っ越しばっかでどれだけ住まいが変わったことか( ̄▽ ̄;)

No title

あらま。ワタシったら大川駅に行ったことがないわ・・・v-356
映画のワンシーンに出てきそうな風情のある風景ですね。

No title

川崎にも、このような情緒あふれる
JR無人駅があったんですね。
大川橋には、戦争の弾痕跡が、
まだ残っているとは驚きです。

川崎は、宮前区に12年間住んでいて、
南武線に乗って通勤し、
尻手駅は、通っていました。

大川駅付近で、
かなり古いけど、
『男女7人秋物語』の撮影を
やっていた気がしますv-411

No title

川崎には良く行きますけど こんな駅があったとは知らなかった!

No title

センチメンタルになる風景ですね~

No title

私の生まれ育った所はそこからもうちょっと大師より。桜本のすぐ隣よ。

No title

いいですねぇ~~~v-218
クモハ12が103系に入れ替えられる直前に行きましたが、久々に尋ねてみたくなりましたv-221

No title

川崎のイメージも大分変わったけど、変わらない所もあっていいよね(^-^)

工業都市のイルミネーションを見るクルージングに行ったな(^-^)
私もI love 川崎ですv-344

No title

この駅に佇む桜川さんが見たいな

No title

川崎はコンクリートと工場のイメージです。


東扇島あたりを通る度に、そう思います。

対岸を挟んで、鶴見線。



湾岸線から川崎市内を見ていると、桜川さんが居るような気がします。

No title

 いいね、いいね。こういう駅はそのまま残しておいて欲しいな。スイカのタッチパネルは、似合わないから外して欲しいな。

No title

へぇ~大都市の中にもそのような駅があったのですね。
不思議な感じがします。
たしかに、VVVFの音がする車両は似合わない気がしますね。

No title

川崎にこんな駅があるなんて知りませんでした。

うちの田舎のほうにもいまどきこんなエキシャはないし、電車も一時間に一本はくるのに・・・。

でも鉄道マニアとしてはやはり心ひかれるものがあります。

合理化の名のもと、何でも古いものが淘汰されていく昨今、こういう場所はあえて取り残して欲しいですね。

川崎だって自分らからみたら十分都会ですやん(笑)


今度、行ってみます。

No title

貴重なお話と画像を拝見させていただきましてありがとうございます。
次に訪れる際は詳しく観察させていただきます。

No title

路線図の川崎の対岸が舞浜v-363

我が家の近所も

無人駅が多いです。
最初に行ったとき、切符の買い方が分からず焦りまくりでした。。

No title

神戸にも、JR兵庫駅から一駅だけ和田岬駅というところで終点のところがあり、一度、行ったことがありました。
(ひょっとして、もう廃線になったのかも?)

米軍って、空から爆弾を落としただけじゃなく、地上でも銃を撃っていたとは知りませんでした。
今でも銃痕が残っているんですか。

木造列車がいいですね。

No title

大都会のど真ん中に
こんな駅があるんですねぇ…

哀愁…郷愁…
何か甘酸っぱいものを感じましたv-352

No title

時刻表と寂れたホームが切ないです。胸が傷みます(;つД`)
ガードの弾痕が生々しい。
時が流れても「昭和のまま」感慨深い町ですね。

木造列車が渋いなぁ‥(〃ω〃)

No title

きぃちゃん
住めば都、仰る通りでございます。
特に、生れた所はいつまで経っても忘れ難く、どんなに悪評が飛び交いましょうとも、自分にとっては最高の場所でございます。
京浜工業地帯のど真ん中に、いつまでも変わらぬ風景があってよかったと思ってます。

No title

ことらさん
なんと、大川方面に行った事がないのですか?
きっと小学生の頃、私と一緒に遊ばなかったからですよ(笑)
武蔵白石駅から徒歩10分程度です♪

No title

ハナの父さん
川崎のイメージとは程遠い感じの駅舎でしょう?(笑)
しかし、こんな駅でも平日の乗降客数は1000人を超えるのですよ。
本当のローカル線では考えられない数字ですね。
男女7人夏物語は、国道駅というもっとマニアックな駅での撮影が多かったです。
摩訶不思議がたくさん詰まっている鶴見線は飽きませんわ!

No title

かるみあさん
なかなかここまで足を延ばす人はいませんよ(笑)
勤め人か、鉄道マニア程度です。

No title

きなこ♪♪さん
写真の撮り方が上手かったですね(笑)
周りは工業地帯でして、センチな気分になっている場所ではありませんわ。

No title

さくちゃん
川崎生まれだったのですね!
でも、今は横浜市民でしょ♪
大川と川崎大師方面は方向違いですね(汗)

No title

はつかり5号さん
なんと、大川駅までいらしたのですね!
武蔵白石から発着していた頃だと思いますが、もう武蔵白石駅の変形ホームは取り壊されてしまいました。
これまた淋しい限りです。。。

No title

楓☆さん
そうそう、街が変わるのは良い事ですが、変わってほしくない思いでの場所が変わるのは辛いですね。
赤ん坊の頃から慣れ親しんだ公園が変わってしまったのは残念でした(涙)
もう足を向けたいと思いませんからね。

No title

くまみんさん
写真集でも出版しようかな(爆)
買ってくださいね♪

No title

ひろしさん
川崎はコンクリートと工場と、ギャンブルと風○の街と言うイメージですね(汗)
要するに『男の街』なんですよ、川崎は。。。

No title

なこさん
スイカのタッチパネルの横に、切符の投入箱が置かれてあるのが笑えますよ。
無人駅のスイカ、真面目にタッチするのかな?

No title

カ~ルおじさん
駅舎が昔のままですから、車両も昔のままであってほしかったです。
あくまで鉄道マニアとしての要望ですけどね(笑)

No title

yoziさん
この駅は日清製粉とか、近隣の大工場に勤める人のためだけに存在する駅なので、平日の日中や、休日では利用客が無に等しいのです。
それでも、たったこれだけの本数でありながら、1日の乗降客は1000人を超えるのですから面白いですね(笑)
単なる田舎駅とはわけが違います!

No title

ぐっどさん
読んでいただけて光栄です!
次に…と申しますと、鶴見線を利用なされた経緯がおありなのですね?
是非またその時のお話などを聞かせていただきたいです♪

No title


カールさん
そういう所に目が行きましたか…(汗)

No title

ふくやぎさん
無人駅の場合、最初から最後まで無人駅であれば良いのですが、いきなり有人の改札があったりするとビビりますね(笑)

No title

Pentaさん
このクモハ12という車両は本当に素晴らしくて大好きな車両です。
人気もあって、模型でも手に入れ難い代物だとか(汗)
子供の頃は何とも思わなかったのですが、今となっては懐かしい…。
弾痕の跡は生々しいですね。

No title

洋さん 
写真はクローズアップされておりますので解り難いかもしれませんが、周りは巨大な工場が立ち並ぶ工業地帯です。
この駅は、ある種の穴場的スポットですね。

No title

ラヴ(・ε・)♪さん 
基本的に、JR鶴見線の駅舎は昭和の香りがプンプン漂うものばかりです。
これからも変わってほしくないですわ。

おはようごさいます。巨大な鶴見駅からの鶴見線。JFEとユニバーサル造船へ行くのに、弁天橋の駅をよく利用しました。不思議な魅力の路線ですね。有り得ないことがつまってます。

No title

う〜ん何かいい感じの駅だなぁ
こういう駅がまだこんな近くに存在するんですねぇ
私も戦争の話は父から良く聞きました爪痕がまだこんな所に残っているんですね 切ないです
隠れ鉄子の私には魅力的です行ってみたい(^O^)

私、故郷の苫小牧が嫌いなの。
いつも灰色でどんよりとした空。
寒々しいところ。
25年も暮らした愛知も、私は愛せなかった。
今、こんな九州の田舎にきて、やっぱり嫌いと文句を言ってる。

故郷を愛してる桜さんが、少しだけうらやましいな。

変ねー?
昨日、確かにコメントつけたはずなのに、反映されてない??(^-^;
たいしたこと書いたわけじゃないから、まぁいっかー。。
福岡は台風の影響で風が強いの。
良い風が入ってきて気持ちいいです。
スレと全然関係ないコメントになってしまってごめんなさい(笑)

No title

詩季譜舎さん、マリンさん、あんさん・・・


多忙によりコメント返しが遅れております(汗)
今少しお待ちください!

桜さん、もういいよー(笑)
忙しいのに丁寧にコメントしてたらストレスになっちゃうでしょ?(´▽`)
ここは桜さんが大切にしてる場だからお気持ちはわかりますしありがたいですが、、もし何か書かないと気がすまないなら「ごめん、書けない」でいいですよー(笑)
昨日今日の付き合いでもあるまいし、大丈夫。
これにもノーコメントでOK(*゚▽゚)ノ

No title

詩季譜舎さん
お返事が遅くなって失礼いたしました(汗)

鶴見線は不思議の宝庫です。
特に国道駅はマニアックな駅でして、次回はこの駅を散策してみたいと思います♪

No title

マリンさん
隠れ鉄子さんだったとはおどろきましたね(笑)
ならば同士ですので、今後の展開が楽しみです♪

No title

あんさん
お返事が遅くなって本当にごめんなさい(汗)
沢山のコメント、ありがとうございます。

故郷がお嫌いとは寂しいですね。
北海道の苫小牧なんて超有名な場所だと思いますが、私は是非とも行ってみたいと思います。
北の美味いモノをたらふく食べて、またデブになりますわい♪

No title

公害という言葉が新聞紙上を賑わした時代がありますね
今は中国がそうでしょうか?
日本で 公害被害が叫ばれる前には 日本を成長させようと必死に労働し人の健康を考慮もしない時代でした
関西では尼崎の神崎川なんかは 鉄橋を電車で通る時も鼻をつまみました
中京工業地帯では喘息になった人たちが苦しみました
あの時代に命をかけて働いてくださったことを 今忘れてはなりませんね
今の平和や生活は その方々の労働が築き上げたといっても過言ではありませんから

No title

川崎にこういう所が残っているんですね。
しかも戦争の弾丸の後がある鉄橋がまだ残っているなんて! すごい!
絶対行ってみたいです ^^
(以前にもこの辺りで「先のない駅」をご紹介されて、そこにも行ってみたいとその時言ったんだけど、これは違うところですよね? あっちの方がもっと綺麗だったような記憶が・・・・ 私はこういう方が好きだ! ^−^

No title

お父様は公害で肺病になられたんですか。 これも知りませんでした。

昔は「川崎」っていうと公害の代名詞みたいな時代がありましたものね・・・・v-406

No title

桃花さん
お返事が遅くなって申し訳ございませんでした。
私が子供の頃は、ほぼ毎日『光化学スモッグ警報』が発令されておりました。
あの頃の管理基準が大幅に甘かったことは確かですし、川崎の町は煤だらけで、灰色のイメージが強く印象として残っております。
ディーゼル車の規制だって、ごく最近ですからね(汗)

No title

Junさん 
このJR鶴見線にはとっておきの目玉駅がまだ残されております。
国道駅と申しまして、昭和の時代が色濃く残る、マニアの間では超有名な駅なんですよ。
近いうちにまたレポートいたしますので、こうご期待♪

No title

Junさん 
肺病とは本当に恐ろしい病気ですね。
最後の最後まで正気でしたが、最後の最後まで苦しみ続けて逝きました。
プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。