FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光と影

【雑草(ポエム)ららばい 第626話】

いつもお前が憎かった…

読売巨人軍の名の元に『リーグ優勝』という使命を受ける者同士、その同じチームメイトでありながら、互いが投げる試合を見ながら『打たれろ! 負けろ!』と心の中で叫び続けていた両雄がおりました。

1_20120707221318.jpg


江川 卓と西本 聖…
いずれも1970年代末期から80年代に活躍した、読売巨人軍を代表する大エースでございます。

年齢的には、江川氏は西本氏より1歳上ではございますが、プロ入りは西本氏の方が4年早いG戦士の先輩となります。

江川氏は甲子園や神宮を騒がせ、3度もドラフト会議で1位指名を受けた超大物ルーキーであり、国会を動かすまでの大事件(空白の一日)の後、紆余曲折を経て、念願の巨人入団(相思相愛)を果たしました。

一方の西本氏は、甲子園での全国大会に出場した経験も無く、ひっそりとドラフト外(補欠扱い)での入団となりましたが、血みどろの努力の甲斐もあり、4年目にしてようやく花の芽が綻びまして、巨人軍のローテーションを掴みかけようとしておりました。

そこへ登場したのが江川 卓という超大物!

西本氏の綻び始めた芽を踏み潰すかのごとく、『そこのけ!』状態で古豪を蹴散らし、全くプロでの実績がないのにも拘わらず、いきなりエース格の扱いとなったのでございます。

新人ながら、多摩川グラウンドへ高級車(ベンツ)で颯爽と通う江川氏に対しまして、4年目にして未だ自転車で通う西本氏にとりまして、当然ながら面白いわけがございません。

西本氏は、江川氏に対してライバル心どころか敵意を剥き出しにし、名前を呼ぶ時は、『江川!』と呼び捨てにしていたという話もあるほどでございます。

そして、最初は意識していなかった江川氏も次第に西本氏の思いを感じとり、同じく敵意を剥き出しにしていったのでございます。

2_20120707221317.jpg


『自分の味方が登板しているのに「打たれろ」とは何事だ!』

『チームプレーが重要なスポーツで、あるまじき行為だ!』

いや、違う…
私は違うと思っております。

これは野球の世界のみならず、戦う戦士たち全てに当てはまることでございますが、それほどまでのライバル心・敵対心の芽生えこそがチーム内を活性化させ、個々の成績もUPさせるものでございます。

同じチームであろうとも、最も大切なのは個人の成績でございます故、所詮は皆がライバルであり、敵対心無くしては勝つ事ができません。

例え今日のゲームでチームが勝っても、そのゲームで自分が活躍出来なければ何の意味も持ちませんし、仲良しこよしでやっていけるほど、プロの世界は甘くないのでございます。

ライバルに対し、『憎悪』まで抱くほどの思い、巨人軍の唯一無二のエースの称に対する名誉欲、野球を生業としている以上、自分が一番活躍して高い年俸を貰いたいという金銭欲等々…、大いに結構ではないですか!

プロであるなら、人間であるなら、そういう欲があって当然でございます。

『ライバル伝説…光と影』という名の元に、TBSテレビのドキュメンタリー番組として放送されました時、両雄の引退から20年経った現在、二人で肩を並べて語るシーンに胸が熱くなりました。

3_20120707221317.jpg


ラストシーン…

(西本)・『オレの事は、どう思ってたの?』

(江川)・『真のライバルだったよ』

(西本)・『・・・』

(江川)・『お前がいなかったら、俺はとっくに手を抜いていた』

その言葉を聞いた途端!

西本氏の目が… じわっと潤みました。

実に… 

実にいい…『男の涙』でございました。


私が2005年から続けております『雑草ポエム』(現在は雑草ららばい)ですが、何を隠そう『雑草の男』という西本氏のキャッチフレーズを、そのままいただいたものでございます。

日本プロ野球史上唯一の『ドラフト外入団・通算150勝達成投手』、西本 聖氏。

まさに、最高の雑草投手でございました。

私も、かくありたく…

by 桜川
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

いいなぁ!
いいなぁ!
お互いの「命がけ」を引き出し合い、心の中で互いに殺し合う程のエネルギーをひとつのことに燃やし続けてこられたなんて、なんたる幸せなことか。
まさに戦友。
手抜きを出来ないところまで導いてくれた友、、
自分に負けない強い心を育ててくれた友、、
なんたる幸せな人生。
私もまだまだ頑張る!
今日も素敵なお話をありがとうございます。

No title

ん? のりたまふりかけ かなあ。
にわとりのまんまるおしりがかわいいね♪

野球、息子のおかげで詳しくなりました。10日は大阪ドーム 広島戦!

No title

「のりたまふりかけ」

私はおかかが好き♪

No title

のりたまふりかけですねv-353
ニュースで今日は七夕仕様って言ってましたねv-411

ちょっと話は逸れますが
江川投手と小林投手のCMを思い出しました。

No title

たまごふりかけ・・・です。
まんまですわv-356

No title

パッケージからして「のりたまふりかけ」
でしょうけど、何かひっかけがありそうで怖いです…v-356

No title

なるほど 。
桜川さんが『雑草』という言葉を用いられた由来が、今回分かりました。
江川と西本が出演したテレビ番組は、私も見た事がある様な気がします。
スポーツ界で激しくライバル争いをした人たちは、引退後、本当に深く認め合う『心の関係』になっていくのですね。

ところで全くの余談で恐縮ですが、私の著書、『我が心のバレンタイン 青春八重桜物語』も、
『わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語』という映画のタイトルをモデルに名付けたものです。
『わが(漢字の【我】にしましたが)心の~~~ ○○物語』というフレーズが、すごく気に入っていたのですよ。

最後のふりかけは、丸美屋の「のりたまふりかけ」ですね。
久しぶりにクイズに回答しました 。

No title

そのTV は見ました。
二人の意地とプライドのぶつかり合いが、そうさせたんでしょうね。

No title

のりたま!

江川と西本かぁ…懐かしいわぁ!時代を感じるねv-356

No title

v-353のりたまふりかけ…ってクイズに答えてる場合ではなく

江川卓が大好きでした
巨人ファンではなく
江川ファンでしたかねぇ
全盛期の彼は
ダイナミックできれいなフォームから
すさまじい剛速球を投げていた
努力で得られるものではない
天賦の才能に魅せられました

柏戸より大鵬
王より長嶋
桑田より清原…

好きなプロ選手は
常人を越えた天才たちです^^

No title

ラストシーンに感動しました!
現役当時の西本さんは、シュートが
切れてましたよねv-353

やっぱり『のりたまふりかけ』で。

No title

この番組、私も見ましたv-222

江川卓は、栃木県の作新学院出身!
宇都宮に住んでた頃
ここが江川が通ってた高校かと思って
見てました
近所の方に聞いたと記憶してますが
江川は、当時必要な練習(メニュー)だけこなして
あとはさっさと帰宅してたようです。
才能ある人は違うなぁ~と感じたものでした!

最後のやりとりは、ジーンときますねv-363

No title

 のりたま

No title

桜川さん、骨のある日記に感動しました。
私は広島カープにドラフト一位で入団したお兄さんを思い出しました。
お兄さんは高校時代に大活躍していましたが、カープでは活躍出来ませんでした。
西本聖さんの投球は敵ながらいつも素晴らしかったですね。

No title

うちも実家の父が巨人ファンだったからずーっと二人を見てきましたね

雑草ららばいに、そうした意味が
(^-^)

クイズの答えは
のりたまふりかけです♪

No title

巨人の黄金時代の逸話ですね

個人的には江川は 高校野球の時代が大好きでした
その後の顛末が、九州人にとって、酷でございました

サクシンノエガワダ!!が憎かったことを思い出しました!! なんぼのもんじゃ !てなことを思っておりました。

No title

このように同じチーム内でも、鎬を削り合う関係は素晴らしいですね。


しかし世の中足の引っ張り合いばかりで(´・ω・`)ショボーン

No title

のり玉はクラシックなふりかけですね。
懐かしい宣伝がありました。

江川は色々な評判がありましたね。
野球は噂でも人気、、、かな。

No title

巨人ね〜、ゴジラと桑田さんは好きだった。

No title

あんさん
いつもコメントをありがとうございます。
今回は女性では難しいテーマでしたが、理解していただけて光栄ですよ。
これは球界のみならず、こうしたライバル心を剥き出しにするような戦いというものが無くなってしまいました。
企業に置いても同じでして、日本をライバル視して頑張る韓国などに勝てない理由がここにあります。

No title

yuさん
やはり子供がやっていれば自然と覚えてしまいますよね(笑)
うちの母も同じでして、相撲のすの字も知らなかったくせに、今では私より知ってます。。。
親子ですね~♪

No title

ぱり子ちゃん
おかかも美味しいよね。
個人的にはゴマ塩が最近好きになっちゃった。
赤飯以外でも合いますぞ!

No title

優月さん
そうそう、江川と小林といえば因縁の相手であって、引退後もまだギクシャクしていたと聞いていただけに、あのCMは感動しました。
小林さんが無くなる直前だっただけに、今思い出しても涙が出ますね。

No title

たらこさん
見たまんまであれば『のりたま』なのですが、鋭いですね…(汗)

No title

WHITE☆HAWKさん
私の性格を鋭く読むとは流石です!
もう長い付き合いですからね(笑)

No title

トコトコさん
クイズへのご回答、ありがとうございました。
素直なお答えで恐縮でしたが、私のねじ曲がった性格を解っていただけないのが残念ですね(笑)
雑草ポエムというタイトルを付けた時、真っ先に尊敬する西本氏の魂が思い浮かびました。
彼の生き様をモットーとし、魂込めた内容にしようと思ったわけでございます。
なかなか極めるまでには至りませんが(汗)

No title

はつかり5号さん
現在、劇場版としてTVでは放送されなかった部分も含めて上映しておりますね。
機会があれば行って観たいと思います。

No title

ちょっとワルかった親父さん
素直なご回答、ありがとうございます。
しかし、それが答えなら『クイズ』としては出しません(笑)

No title

洋さん
私は基本的に巨人ファンですので、勿論江川投手も好きで応援しておりました。
しかし、数々のエピソードを知るにつれ、やはり西本氏の雑草魂に心惹かれるものが多々ございます。
私は大鵬より柏戸、長嶋より王、清原より桑田の方が好きですよ。
どうも我々は正反対のようですね(汗)

No title

ハナの父さん
西本氏の心が解るだけに、あの涙には胸が熱くなりました。
あのシュートは魔球です。
花形満でも打てないと思いますね(笑)

No title

チェリさん
見ましたか!
作新時代の江川の剛速球は、VTRでしか見た事がないですが凄かったですね。
あれならどの球団でもほしかったはずですし、彼がすんなり高卒でデビューしていれば間違いなく200勝はできたと思います。
天才の江川と努力家の西本という意味でも、私は西本氏を尊敬しております。
でも、巨人の次期監督には江川氏になってもらいたいです。

No title

なこさん
・・・簡単ねぇ。。。(汗)

No title

横浜のよったんさん
コメントをありがとうございます。
西本氏のシュートは魔球ですね。
あの角度で曲がるシュートは、もう見られないかもしれません。
長嶋監督に認められたボールだけのことはありますね。

No title

楓☆さん
お父様が巨人ファンならば、きっとご家族全員がそうなっていたことでしょう。
昔のオヤジは威厳がありましたからね(笑)
クイズの答えは、パケージだけ見たら正解なんですけどね。。。

No title

わっしゃんさん
藤田監督(第一期)時代の黄金コンビでしたね。
クラウンに指名され、そのまま入団していたらどうでしたか。
東尾と並んでエース争いをしていたかもしれませんね。

No title

ゆらりんさん
作新では一人相撲をとっているような感じでしたね。
雨の甲子園大会でも、あの負け方は自滅でしたし、江川のワンマンチームだったようですね。

No title

ひろしさん
野球でも相撲でも企業内でも、ライバル同士が切磋琢磨して頑張れば、より高度なレベルに達します。
なかよしごっこばかりが目立っている昨今、これでは海外組に勝てませんね。

No title

野菜の花さん
のりたまふりかけは、ふりかけを代表するNo1のヒット商品でしょうね。
しかし、今回のクイズでは・・・(汗)

No title

きなこ♪♪さん
桑田も松井も、いずれ指導者としてYGマークのユニフォームを着てほしいです。。。

No title

あら
正反対だからいい友達でいられるかも知れませんよv-411

No title

ボクはどちらに肩入れすることもなく
江川氏も西本氏も応援してました。

現在では、ハンカチ王子とマー君がそうじゃないですか?

No title

私野球はよくわからないけど江川さんは何か同じ年齢だし好きですよv-411

若さ故の生意気さだったんじゃないんですかねv-388


このふりかけ知ってるよんv-410

丸美やふりかけはよく買うなぁv-411

No title

洋さん
そういうことにしておきましょう♪

No title

カ~ルおじさん
巨人ファンとすれば、どちらにも勝ってもらいたいですからね。
私も西本氏を尊敬しておりますが、江川氏のホップする剛速球にはシビレました。

No title

マリンさん
江川氏と同年代でしたか!
ならば、騒動の渦中をよくご存知でしょうね。
マスコミを敵に回してしまいましたが、今では巨人の次期監督候補として期待しております。

No title

いいお話ですね
いい関係のふたりに大きな拍手をしたいです

ライバル 憎くて仕方ないけど 過ぎてみたら その人が能力以上の結果をくれたんです

ライバルに出会えて 人生が花開くんです

そんなライバルに また出会いたいです
プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。