FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栄冠は きみに輝く 2012

【雑草(ポエム)ららばい 第624話】

全国高校野球選手権大会 2012
今年もいよいよ各地方予選が一斉に始まろうとしております。

負けて泣き、勝っても泣く…
青春の証したる高校野球とは、元来そうしたものでございます。

1_20120628172149.jpg


私の場合、『ベースボール』と『野球』とは異物であると信じており、今でもその心に何ら変わりはございません。

かつての日本の『プロ野球』は、サムライが競い合う『兵野球』で面白かった。

『敵わぬまでも…一太刀!』
これは長嶋茂雄さんが現役時代、メジャーリーグ・ベースボールに対して発言した(日本の)野球人としての魂を込めた言葉でございます。

ところが、昨今の日本のプロ野球たるものは、いつの間にやらすっかり『ベースボール(もどき)』と化してしまい、日本人・古来の『魂』を感じる選手達や試合展開が激減してしまいました。

衰退著しい『日本男子柔道』のように、勝ちばかりを優先する欧米人の体格に合わせた戦法では、まったく日本人としての魅力を感じる事はできません。

『右へならえ!』的な、昨今の日本政府の外交のありかたと同じレベルでは、見る側に感動すら与える事はできないでしょう。

そうした中、今も昔も老いも若きも変わる事の無い感動を与えてくれる『高校野球』は、実に素晴らしい日本の誇る文化だと思っております。

2_20120628172148.jpg


高校野球の見所は、必ずしも甲子園球場で行われる全国大会ばかりではございませんで、むしろ地区予選大会の方が球児たちの『気』の入れ方が違いますので、断然迫力が違います。

白球 空高く 夢 遥かなり 甲子園!

高校球児たちにとりまして、地区予選での優勝(甲子園大会に出場できる)こそが最大の目標であり、青春のすべてを賭けた夢そのものでございます。

彼らにとりましては、甲子園での全国大会などは『付録』に過ぎず、たとえ一回戦で散りましょうとも、若き心に染み込んだ夢と感動・掛け替えの無い『青春の証』は、全ての球児たちに共通するものでございます。

高校野球に私立高校の『常勝』チームなどあってはならず!

3_20120628172147.jpg


勝っても負けても泣こうじゃないか
しっかり友の肩抱いて…。

今年もまた暑い夏が遣って来ます。

嗚呼 栄冠は君に輝く

by 桜川


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

もうすぐ熱い暑い季節がやって来るねv-91
今年も応援するよ♪

しかし、
感動の欠片もない政治家の二枚舌にはうんざりだわv-412
清々しい高校球児とはまるで別の生物みたい。

No title

アウトだと分かっていても全力でベースに向かって走る無駄な若さ。

その若さを堪能するために見入ってしまいます。
いいよね。全力で泣いてる姿。

悲しいかな、甲子園を目標に据えての小学生からの青田買い。真の実力での試合を見てみたいです。

No title

 タイトル見て、栄冠が私に輝くのかと思ったよ。高校野球は、いいよね~。いい汗かいてる!

No title

母校の地区予選大会を応援しに
行きたくなってしまいましたv-411

後輩達と一緒に泣いてきますv-363

No title

一生懸命な姿に涙が出るよねv-406

自分の子と同じ年の子が最後の夏なんだな。
今年は特に感情移入しそうな夏なんだなv-411

No title

どんなスポーツも、、やっている人々は一生懸命。
でも、裾野が広がれば、、、
やはり質も、、、これが現状なのでしょうか。

No title

純粋に頑張っている…

そんな姿に見ていて胸が熱くなり
ます

泥んこユニフォーム洗っていたのが懐かしい(^-^)

No title

都道府県対抗で競い合うというのが、これまた日本人の故郷を想う心にマッチしているんじゃないでしょうか…この手の都道府県対抗で、高校野球に勝るモノはありませんよねi-22

No title

駆け引き優先や勝ち点至上というのは、プロ野球だけではなく、相撲界に於いても言えることかも知れませんね。
高校野球って観に行った事無いけど、やっぱり出場した選手は一生の思い出になる事でしょうv-219

No title

一戦にかける思いが伝わってくる高校野球
好きですね~v-352

今年は、娘の通う高校の地区予選が
ちょうど休日にあるので、応援しに行こうと
思っていますv-220

No title

高校野球ってプロ野球とはちがう魅力があるんですよね。

名の知れた私立高校の『常勝』チームは
それはそれでプレッシャーでしょう。

シード校でないチームが勝ち進んでいく勢い。
これ最高v-352

No title

やっぱり高校野球は春より夏!!
選ばれたのではなく、勝ち抜いて出てきたチームで、また戦う!

後が無い真剣勝負!
魔物や女神がいて、まさに筋書きのないドラマが見れる。

子供の頃は夏休みに1日中見てた事もあったなぁ〜。

No title

栄冠は君に輝く…
大好きな歌ですi-185

この歌のバックグラウンドに
白球を追う高校球児の姿を見るからでしょうね^^

No title

一人一人の目の輝きが違う

でっかい夢もって日々頑張ってる子たちの目はキレイや

同じ夢もった球児たちが年に一度一番暑い夏を経験するんやもんな

私は申し訳ないけど テレビの前で応援させてもらいますv-220

私の地元の駒沢が勝ったのはいつだっけ。
こんな程度なので高校野球の良さなどわかるはずもなく。、
しかし一番部活に燃えたのは高校の時。
お金では買えない本当に素晴らしい思い出が沢山作れたあの頃。
いや、これからもまだまだ頑張っちゃいます。

No title

私は全くスポーツは見ていません(女子バレーだけはなぜだか応援したくなります)。

でも、桜川さんの日記を読ませて頂くとなるほどと説得させられます。

日記を書かれる桜川さんご自身が熱い人だからでしょうね!

相撲や女子オートレースも熱く書かれているので楽しかったです。

いろいろと気づかされる雑草ららばいは素晴らしいですv-352

次回も楽しみにしていますv-425

No title

ラヴ(・ε・)♪さん
純粋な高校野球と、現在の政治家たちを比較する方がおかしいですね。
政治家たちも高校野球の激戦を観て、心を改めてもらいたいですね。

No title

さくちゃんさん
一発勝負の高校野球に明日の勝利はないわけですから、一挙一動の全てがプロ野球とは違います。
昔は公立高校でも全国制覇ができましたが、いつの日からこんな形になってしまったのでしょうか。
常勝チームなど不要です!

No title

なこさん
同じ汗でも風邪熱による汗ではいけません。
御自愛ください(汗)

No title

ハナの父さん
私も昨年は久々に地区予選を観に行きましたが、胸が熱くなりました。
自分の母校であれば尚更気になりますよね。
熱中症に注意して応援してきてください!

No title

優月さん
大人になって忘れてしまった純な心を蘇らせてくれるようで、感動しますね。
おっ、お子さんも3年生ですか!
ならば尚更我が子のように思える球児達、応援にも熱が入ることでしょう!

No title

野菜の花さん
日本のプロスポーツは、どこかで何か道を間違えてしまったような気がします。
その点、高校野球の感動だけは変わりませんので、やはり日本の素晴らしい文化だなと思いました。

No title

楓☆さん
泥んこのユニフォームを洗っていたのは、まだ最近じゃないですか(笑)
懐かしいなんてのは、私の母世代が言う言葉ですぜ!
まだまだ昨日の話でしょ?

No title

ささごんさん
仰る通りでして、地元の代表校を応援するのが甲子園大会の醍醐味ですね。
そこに出場するために頑張っている高校球児達ですから、地方大会が激しいわけですね。

No title

トコトコさん
予選大会の場合、やはり選手の目の色が違いますね。
私は柔道でしたが、やはり熱き心は球児と何ら変わりはなかったです。
相撲界にももう少し熱き情熱を持つ日本の若者が入門してくれると嬉しいのですが…。

No title

チェリさん
娘さんが現役では、やっぱり気になる所ですね。
ちょうどお休みの日であれば、熱中症対策を万全にして応援して来てください。
健闘を祈る!

No title

カ~ルおじさん
プロ野球の場合、基本的に選手はそれぞれ自分がカワイイわけでして、ある意味、自分さえ良ければそれでいいと思ってしまうものですが、高校球児の場合はとにかくチームが勝ってなんぼの世界ですから、情熱が違いますね。

No title

たらこさん
仰る通りでございます。
春のセンバツは各都道府県が出そろいませんし、また予選も勝ち抜き戦ではありませんのでイマイチ盛り上がりませんね。
暑い夏の一番厳しい環境の中、銀サンの中で戦う姿の方が感動も倍になります!

No title

洋さん
この歌を色々なアーチストが歌う様になりましたが、私はサーカスの歌ったアカペラバージョンが大好きでした。
夏川りみも良かったな~♪
けど、森進一さんにだけは歌ってほしくないような…(汗)

No title

くまみんさん
勝っても負けても感動する涙を流せる、数少ない日本の文化だと思ってます。
自分の忘れかけた純な時代の心を思い出させてくれるようで、いつの時代も必死で応援してしまいます。

No title

あんさん
そっか、北海道でしたね!
高校野球のみならず、あの頃がむしゃらに頑張っていたことは忘れられない思い出ですよね。
まだまだお互いにこれからでしょう?
頑張っていきましょうぜ!

No title

おだまきさん
どうもありがとうございます。
確かに、大相撲はともかくオートレースについて熱く書くようなご友人はなかなかいらっしゃらないと思います(汗)
ある意味、それ(知らない人に知ってもらえる)が私の目的でもありますので、おだまきさんのご感想はとても嬉しく思います。
今後ともご指導ください。

No title

今年も、魂の一球一投足を見たいと思います。


ひろしの好きな、昭和生まれの明治男こと
、村田兆治も『野球』選手ですかね。

No title

やはり 桜川さんの考え方は大好きです
そうなんですね
言われてみたら よく分かりました
ベースボールと野球は違うんだって。

剣道 柔道と同じで 野球道なんですね
勝ったチームを喜び 負けたチームの検討をほめたたえる
勝ってピース ピースなんて しないで 相手に感謝する心道 
日本人って 本当に 素晴らしい民族です
プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。