FC2ブログ

MOTHER 90回目の誕生日


【雑草ポエム 第469話】

私の母は、大正10年の生まれでございます。
昭和39年、母が44歳の時に(帝王切開にて)私を出産いたしました。

私は子供の頃、母と一緒に歩くのが嫌でした。
なぜなら…、誰も私たちを『母と子』に見てくれないからでございます。

特に思春期の頃…
学校の授業参観などで、若々しい同級生の母親たちに囲まれた老婆が一人…。

高校の入学式でも、綺麗な洋服で着飾った若々しい母親たちの片隅に、黒い江戸褄姿の老婆が一人…。

『もう、ババアは見っともねぇから学校へなんか来るな!』

私は真の心とは裏腹に、実に酷い事を平気で言っていたものでございます。
まったくもって、わぁ~りぃクソガキでございました。

しかしながら、母を想う私の心は寂しかった。

当時の平均寿命を考えますれば、私が30歳になる頃には、もう母はこの世の人ではないのかもしれないな…と、よく姉と話していたものでございます。

が…
あっという間に年月は流れ、気が付きますれば私は既に46歳。

そうです…、30年はおろか、私は母と46年間も共に過ごすことができたのです。

そして本日、母は90回目の誕生日を無事に迎えることができました。

フォト

既にボロを継ぎ合わせたような母~ちゃんではございますが…(汗)
いまだボケることもなく、風呂やトイレも自分ひとりで大丈夫。

親不孝の私ではございましたが、今は心から感謝したいと思っております。


母よ

90年もの間…

生きていてくれてありがとう。

オレの母親でいてくれて…

本当にありがとう。

by 桜川

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる