スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どすこい 鬼が島!

【雑草(ポエム)ららばい 第613話】

力士の相撲人生を例えるならば…

両腕に重たい荷物を持ち切れないほど抱えた状態で、下りのエスカレーターを全力で駆け昇っているのに等しいものだと申します。

少しでも疲れて立ち止まろうとするその瞬間、一気に元の位置(地位)まで下ってしまうという、休む間もない 大変厳しい世界でございます。

そうした中で、『鬼が島』という厳つい四股名を持つ割に、全くうだつの上がらない弱い弱い序の口力士がおりました。

彼は内臓を患い、小学生の男の子(ケンイチくん)と合い部屋で入院しておりましたが、胃袋の肥大化した相撲取りでは少ない病院食に満足できず、厳しい看護婦さんの目を盗んでは好物の饅頭を隠れて食べておりました。

『コラッ 鬼が島! そんなことだから病気も治らないし、根性ないから相撲にも勝てないのよ!』

マメタンのように、身体の小さい看護婦さんが、大きなお相撲さんをどやし付けるその姿を、ケンイチくんは隣でいつも笑って見ておりました。

『う…うるさいオナゴ(看護婦)じゃのぅ、もう かなわんわぃ…』

鬼が島は哀しそうに呟きまして、持っていた饅頭をその場でポイッと捨てました。

饅頭


時が経ち…
そんな口やかましいマメタン看護婦さんのお陰もあり、全快した鬼が島は目出度く退院の日を迎えましたが、同部屋のケンイチくんはまだ退院することができません。

『ほな ケンイチくん、ワシ 先に出るよって…また会おな!』

『うん、退院したら 鬼が島を応援に行くから!』

握手を交わす巨人と子供。

鬼が島は病院で一番世話になったマメタン看護婦の前へのそりと進み…

『看護婦さん…』

『なぁに?』

『わし…』

『ん?』

『わし…』

『…?』

『横綱になるけぇの!』

口下手な鬼が島の、真っ赤な顔をして絞り出した感謝の言葉でございます。

そんな鬼が島を、笑顔で見送っていたマメタン看護婦さんではございましたが、鬼が島の姿が見えなくなると同時に 大粒の涙を流していることにケンイチくんは気が付きました。

看護婦さんも淋しいのか?

いや、違います。

『かわいそうに…、あの相撲取りは期待できんだろう…』

『なにしろ、内臓がねぇ…』

主治医たちのそんな呟きを耳にしてしまったケンイチくん。

『鬼が島、頑張れよ! 絶対に 頑張れよ! おーにーがーしーまー!』

ケンイチくんは、その場から張り裂けんばかりの大声を出し、去りゆく鬼が島を応援したのです。



数ヵ月後…
ようやくケンイチくんも退院となり、真っ先に鬼が島の所属する相撲部屋へ向かいました。

が…

『鬼が島…? ああっ、あいつはもう故郷(くに)へ帰ったよ…』

『えっ…!』

『野郎 先場所、ついに1番も勝てんでなぁ…、やっぱ内臓がアレではなぁ…』

『お 鬼が島… 鬼が島…』

ケンイチくんは、その場で涙が涸れるまで泣きました。

あの日、とても哀しい顔をして、饅頭を捨てた時の鬼が島を思い出しながら…。



そして数年後…
高校生になったケンイチくんは、野球部員となって主軸を任される程の大活躍。

甲子園への出場を夢見る青春ボーイに成長し、地区予選大会の会場へ他の部員たちと歩き急ぐ道中でのこと…。

『アンタ、ま~たお店の商品を食べちゃったわね!』

どこかで聞いたことのある女性の声がすると思い、ケンイチくんは振り返りますと、【菓子屋 鬼が島】という店の看板が!

『まったく、昔からうるさいオナゴじゃのう…』

なんと、そこにはあの時の、どうしようもないダメ患者と、マメタンのように小さくて口煩い看護婦さんが夫婦となっておりました。

どすこい 鬼が島!

その日…
ケンイチくんはホームランを2本打った。

by 桜川
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

これは、桜さんの作品かな?
、、、フィクションでもいいや、
いいお話だから。
2歳児の大腸内が全て異物だったってニュース読んで本当に悲しかったから、なんだか救われました。

鬼畜も仏も宿るは人の心の不可思議也。

いや、心に鬼を住まわせちゃいけませんね。
今日はもう色々考えるの、やーめた。

No title

このお饅頭食べたいなりです\(◎o◎)/
すいません…お饅頭でコメしましたっ(笑)

No title

めでたしめでたし・・・だったとさv-411

No title

あんこ…

うっ、禁断症状が(´д`)

No title

リアルなお話しなんだよね?
生きてるってドラマだし、どんな小説にもかなわないよねv-218

No title

素敵なお話に心がほっこりしましたv-353

No title

これって実話ですか?それとも兄貴のフィクションですか?
どちらにしてもいい話やぁ~。

鬼ヶ島が死ぬ落ちじゃなくてよかったぁ。

No title

 ほのぼの、のお話だねぇ。ケンイチくんは、すぐさま「鬼が島饅頭」を買って(もらって?)食べたんだろうね。私も食べたいな~♪

No title

もし、力士の道を選んでいなければ奥様とは出会えなかった。もし、本当に横綱になっていたら奥様とはむすばれなかった。

すべては二人の運命のため

遠回りだったけど良かったね♪

No title

うふふ
桜川さんって作家の素質があるのかもね?
ちょっと真剣に読んじゃいました。

御饅頭をそんなに食べるなんて糖尿病だった?
でも幸せな人生。。。こんなのもありですねv-218

No title

とりあえず最後はめでたし、めでたしですな。


心がほっこりしましたよ。

No title

うん、思わず気持ちがもっていかれそうになったやん


確か 桜川さん絵もお上手やったよなv-411

No title

饅頭に食いつきました

No title

あんさん
作品などという程の事ではないのですが、ちょいと思い浮かんだ事を文章にしてみました。
2歳児のニュースは信じられませんね。
親は極刑でも許せませんわ!

No title

ひろさん
いえいえ、この内容に対し、コメントを入れていただけるだけで光栄です!

No title

きなこ♪♪さん
ちゃん ちゃん!
読んでくださってありがとうです♪

No title

ちょっとワルかった親父さん
あんこはお好きですか?
禁断症状って…薬中みたいですね(汗)

No title

さくちゃんさん
いえ、これはフィクションです。
説明不足ですみませんでした(汗)
思い付いた事を文書化しただけです。

No title

めぐぴょんさん
読んでいただけて光栄です。
コメントまでありがとうです♪

No title

yoziさん
説明不足で申し訳なかったですが、これは単なるフィクションです。
私の発想では、力士が病死してエンドになるようなことは考えられません(笑)

No title

なこさん
自分の中ではケンイチ少年と鬼が島は再会しないという発想ですが、もしこれが現実ならば声をかけて懐かしむことでしょうね。
ただ、それだと話が長くなりますね。

No title

ゆらりんさん
素敵な感想をありがとうございます。
仰います通り、人生とは摩訶不思議でございます。
自分にもそんな運命的な出逢いが沢山あれば良いのですが…(爆)

No title

野菜の花さん
どうもありがとうございます。
雑草ポエムの一環ですので、適当に読み流していただければ幸です♪
現役の力士で五体満足な人はおりませんで、特に太るために暴飲暴食を繰り返しますので内臓を病んでいる力士は多いです。
糖尿病ともなれば致命的ですね。

No title

ひろしさん
忙しいのに読んでもらえて嬉しいです。
もっこりされたら困るけど(汗)

No title

くまみんさん
どうもありがとうございます。
絵は子供の頃から大好きでして、唯一学校の先生に褒めらるネタでした(汗)
人生におきましては、あんまり役に立ってませんけどね。。。

No title

わっしゃんさん
いつも運動なされてスリムな貴兄が高血圧だなんて信じられません(汗)
度合いが違うかもしれませんね。

No title

v-218v-411v-353いい話です
感動しました

桜川さんの文才、
さすがです

No title

ほ、本当なの?
素敵なお話、ありがとうございます。
今日もがんばれます。

No title

おは〜(゚∀゚)〜!!!
素敵なハッピーエンドでよかった♪
日曜日の朝一に聞きたいお話しだぁ(*´∀`*)

No title

ハナの父さん
お返事が遅くなってすみませんでした(汗)
今回のは日記ではなく、単なる思い付きで打ち込んだものですので、褒められるほどのものではないのです。
でも嬉しいです、どうもありがとうございます。

No title

みきぞうさん
いえいえ、これは単なるフィクションです。
思い付いたことを適当に文書化しただけの話です。
コメント、ありがとうございます。

No title

ラヴ(・ε・)♪転生さん
なぜ日曜日にこのお話を読んだ方がよかったのでしょうか?
思い付きのお話に付き合っていただけて嬉しいです。
これからも宜しくです♪
プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。