FC2ブログ

日本沈没

【雑草(ポエム)ららばい 第600話 記念作】

1年前のあの時刻…
私は本社ビルの27階におきまして、定例会議の真っ最中でございました。

警報が鳴り、会議は中断…
ビルの窓から下界を見ますれば、大東京の銀座通りで多くの車が立ち往生。

この後に起こった惨劇たるものは…
私ごときが、今更ここにて語る事でもございますまい。

即座に、全世界にビッグニュースとして報じられましたが…

1_20120310212311.jpg


翌日の韓国の日刊紙(中央日報&ソウル新聞)には、『日本沈没』という大見出しをデカでかと張り付けられ、まるで隣国の不幸を喜んでいるかのような報道をされていたという事実を、我々日本人は絶対に忘れてはいけません。

今でも、戦争で負った深い傷の痛みが癒しきれない韓国国民は、日本への憎しみを忘れることなく、それを復興の糧として頑張ってきたのでございます。

気が付きますれば、いつの間にやら家電が喰われ、自動車が喰われ、柔道が喰われ、プロ野球が喰われ、韓流スターにポワ~ンと見とれる日本国民の緩んだ財布の紐を引き千切り、根こそぎ稼いで『アッカンベェ~』と去って行く。

日本沈没…
小松左京のSF小説のタイトルであり、これを原作とした映画やドラマなどは韓国国内でも有名でございますが…、これが韓国国民の日本に対する捨て台詞だと、私は思いたくはございません。

大地震と大津波は、多くの犠牲と悲しみを日本国民に与えましたが、いつまでも助けを求め、ただ悲しんでばかりいたのでは、それこを全世界から取り残されてしまいます。

珠算(そろばん)の心得…

読み上げ算をする時に、読み手の方が『ご破算で願いましては…』と最初に説くものでございますが、この『ご破算で』という意味は『ここから新しい計算が始まるよ』という説であり、『また1から出直す』や『全てを白紙に戻す』といった語源に繋がるものでございます。

終戦後の焼け野原の如く、今回は巨大津波で大地は変わり果ててしまいましたが、多くの犠牲者を出してしまった今回の大災害を無駄にするのではなく、全ては『ご破算で願いましては』の心から、早急に動き出すべきだと私は強く思っております。

がんばろう、日本!
これは日本人の心が一つになった、とても素晴らしい言葉でございます。

そうした中で、同じ日本の国民でありながら、その日本国民から今なお『目の敵』にされているのが東京電力の社員達…。

私は商売柄、東京電力の職員たちとは比較的仲良くさせていただいておりますが、年の近い友人(東電の)は、涙を流して訴えております。

2_copy_20120310213246.jpg


『この(東京電力の)ユニフォームに袖を通したその瞬間から、外へ出ると全国民が敵になったようで恐ろしかった…』と。

一番辛いのは、学校で子供達がイジメられていたという事実を知った時。

『自分だけならまだいいが、父親が東電の社員だということだけで、子供が石を投げ付けられたと聞いた時は、さすがに胸が張り裂けそうになった』と。

弱い者いじめは、日本人の超得意分野でございます。

当時の内閣総理大臣も、東電を相手に語気を荒げて怒りまくり、何もかも弱い立場(東電)の罪にしてしまおうとする言動態度に、憤りを感じていたのは私だけではございますまい。

3_copy_20120310212310.jpg


原発建屋は老朽化していたにもかかわらず、あの巨大地震にはしっかりと耐える事ができたのですが、想定外の大津波が全ての機能を破壊してしまったのでございます。

4_copy_20120310212310.jpg


そう、全ての事が想定外…
東電ばかりが悪いとは、私にはとうてい思えません。

社員は何も悪くない。
幼子に石を投げ付けるなどもってのほかでございます。



危機管理ができていないのは、日本の政府そのものでございましょう。

特に怒り心頭なのは、事故当時の貴重な議事録が、まったく残されていないということ。

これは超が付くほど信じられない大チョンボであり、我が国が全世界に向けまして、恥の上塗りをしたようなものでございます。

この国会こそ、『ご破算で願いましては・・』とし、まったく白紙の状態からやり直すべきかと思います。


ここはひとつ、私が国政でイッパツ仕掛けてみましょうか。

『委員長!』(桜川)

『はいっ 内閣総理大臣 桜川久慶く~ん!』

『雑草(ポエム)ららばい、お陰さまで第600話を迎えることができました』

がんばろう、日本!

がんばれよ、日本!

第600話、ありがとうございました。

今後とも宜しくお願い致します。

by 桜川


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

今日は日本人にとって 特別な1日ですね…

No title



第600話あっぱれv-353


ガンバレv-220 日本

No title


600話目読ませて頂きました。

今日は特に色んな事
考える日になりそうですね。

No title

あの日の後は、大変だったよね…

そして…今も…。

だけど負けない

負けないよ日本は(o゚▽゚)

No title

桜川さん、テーマが記念すべき600話にふさわしいですね。
最近、韓国人について考えることがあり、大変、参考になりました。
最後が良かったですね。
パナソニックの社員から政治家に変身してほしいです。
応援しますよ。

No title

東電の職員の子供だけじゃないですよ(;つД`)千葉へ避難した子供らが向こうで、向こうの親からいじめられていると言うニュースを見ました。
子供同士は仲良くしたいのに「放射能がうつるから、近くに行ってはだめ」と親たちがいい、福島の子供は孤立しているとか…
もちろん、そうではない人もおられるのでしょうが、大人が子供化してどうすんねん(;つД`)

がんばれとしか言えんのかと怒った年輩被災者 のかた、若い世代は頑張ってます。子供だって頑張ってます。年輩でも頑張っておられるかたがたくさんおられます。
私たちには何ができるか考えています。だから、それでも言います。
がんばれ!!がんばれ!!
2時46分、わが社では日本全国の全ての店舗で業務を一時停止させて頂いて黙祷をします。
一日も早い完全復興をあわせてお祈りいたします。

No title

あの日から一年…
お預かりしているお子さんたちの避難で大変な思いをしました

我が家のことを気にしながらも帰るに帰れず
今でもテレビの映像を観ると胸が締め付けられます

日本、頑張っていかなきゃねv-220

No title

被災者はふたつに分かれる。
感謝をのべる人と、文句をのべる人。

政治の事とかは、よくわからないけど、子供達が安心して暮らせる日本に
してほしい。したい。私も他人事じゃなく、できることはやりたい。

そう、がんばろうヨ。

長渕剛さんの、
ひとりぼっちにさせてごめんね。
もう二度と放さない。
ひとつになろうよ。
思いをひとつよね〜

祝600祝おめでとございます。
700に向けて、またよろしくお願いします

No title

的確な判断が出来ない大人が、子供に教える

自分が良ければ良い政治家が、発言する

マスコミに踊らされてる、国民

問題をすり替え、違うモノに擦り付ける


そんな世の中になった


戦後の大変さを知ってる人は、頑張って日本を立ち上げ

大変だったからこそ、子供にそんな思いをさせたくない人が甘やかし

人の痛みが解らない、自分さえ良ければ。の人が増え

そんな人達が育てた子供はユトリになり

ユトリに育てられた子供は…


なんかね、イザと言う事があった時って本性でるよね?
韓国でも中国でも…
北は…援助しろと言いつつ、強気発言とかイミフ

ミンスー解散まだぁ?

No title

戦時中、韓国国籍の人達はお腹を壊した家庭があれば井戸に毒を入れたんだと日本人から叩かれ、日本とは別ルートで食材を手にしていれば盗んだのだと日本人から叩かれしたと当時生活圏が同じ環境下にいた母から聞きました。

川崎の下町は韓国籍の方々が沢山生活していらしたそうです。

戦争が終わり、屈辱からの復活が目覚ましかった彼らは努力と持てる知恵を駆使し、目覚ましい速さで立ち直りました。

そんな彼等を私が小学生前に住んでいた地域では戦後20年以上も経っていたのに恐れていました。自分達がしでかしてしまった悪行を悔いながら。

戦後復興と災害復興との大きな違いは、戦後は日本国民全員が被害者であり、日本人全員が復興しなければならず同じ目標に向かって行けた事。我慢も悲しい気持ちもみな一緒。

災害復興はその地域の方々だけが被害者であり、同じ国民の中でも温度差がある事。
どこか他人ごとに感じてる部分があるのも否めない事。


だいたい上層部のお仕事は責任をはたす事ですよね。有事があった時に全責任を持って解決に向けて動くのが仕事ですよね。国にしても東電上層部にしても、責任転嫁し過ぎです。武士のように腹を切る覚悟で当たればいいものを。あわよくば自分だけ逃げ切ろうとする奴らばかりです。


人間も所詮は動物です。種の存続のために弱いものを排除するのは本能なのでどうにもなりません。
それでも、人間だけが持っている倫理・モラルを守ろうとする感情はおおいに活躍できるはずです。ナイチンゲールの心・マザー・テレサの心。


600回おめでとうございます
記念コラムに参加できて感激です

No title

600話おめでとうございます

実は自分のいとこも東電柏崎原発で働いています
福島はもともと管理がずさんだったらしく「死んでも福島には行きたくない」と震災前から漏らしていましたね

みつまめさんがふれていますが福島の子供がいじめられているというのは福島県出身である「山の神」こと柏原選手のtwtterで知りました
普段は趣味のツイートをちょこちょことつぶやく程度の柏原選手もこれにはかなり怒り心頭のツイートをしていましたよ
今、電車の中吊り広告には福島のポスターに柏原選手が使われています
「僕が苦しいのは1時間ちょっと。福島の人たちに比べたら全然苦しくない」
ポスターの冒頭にあるこの言葉は箱根の山を走り終えた直後の柏原選手のコメントです
福島の人だけでなく1年たった今でも被災者は苦しんでいるはず
政府も重い腰を上げてもっと積極的に動いてほしいものです

No title

会社の人が対応させて頂いた方ですが、何か言いたげな感じでなんだろう?と思ったら
「私、福島から行くんです。。。」
の一言で沈黙。

???

「福島から行くんですが、、、、行ってもいいんですか?」

全く問題ないですよ!気をつけて来てください!!
と伝えたそうなんですが、この方は何も悪くなく感染病でもないのに、こんなことを言わないといけない状況になってることが、悲しく思いました。

No title

 天災か、人災か、誰のせいか、誰がどうすべきだったか、どう対応すべきだったか・・・検証、検証・・・なんてことは後回しにして、今すべきことをさっさとする! 一丸となって。被災者と幸いそうでなかった人とを分けること無く、全ての人が自分のこととして考えて行動すればいいだけ。

 そう書いて、自分もやれることを一所懸命やろうと、また気持ちを新たにしています。

 600話達成、おめでとうございます。

No title

感慨深い1年でしたね。

「世界が終わる前日はどうすごすのか?」
小説等で語られる良くあるテーマですが、
「普通に仕事をして、普通に家に帰る。いつも通りの生活」をしていた私達。
おっしゃるような虐めとか、報道されていない被害地域での略奪とか、問題はたくさんあるけど、
でも、(海外で時々起こる銃乱射のような)破滅的な事件を起こす人はなく、大きな暴動も起こらず、
日本人に産まれて良かった、日本に生きられて良かったと思う日々です。

桜川さんともお会い出来ましたしね

No title

今日で震災から一年ですね。。。

桜川さんの日記はいつも感慨深いものがあります。
忘れてしまいたい思いというのも、きっと当事者の方々にはあるのかもしれませんが・・・
悲惨な状況を身を持って体験した人への思いやる気持ちは皆いつまでたっても忘れないでほしいですね。

まだまだ復興には時間がかかると思いますが・・・
頑張ってほしいですね。。。

No title

関西にいると、報道でしか悲惨な状況がわかりませんでした
これが、同じ日本
それから、涙が出てきたのを思い出します…

もう一年…
まだ一年…
それでも、人間の生きる力は素晴らしい…

No title

あの日の光景はすざましいものがありました。韓国メディアがあのような表現をしたことも・・・黙祷。

No title

まるで映画みたいな無惨な光景がテレビから流れてきて、座り込んだ

津波

海外でも ツナミと呼ばれてるらしいけど、サザンの曲にもあったけど、

あんなにも恐ろしいものとは思ってなかった
原発とダブルで未曾有の被害に ごてごての対応の政府

あのとき、 政府のいうこと よう信じやんて思った

桜川さん 立候補するなら ウグイス嬢ノーギャラで引き受けるけど

記念すべき600話

偉業です

まだまだ 永くポエム続けていってくださいよ

おめでとうございます

No title

600話おめでとうございます。
昨年のきょうを思い出します(>_<)
東京から友人が福井に帰る時に
駅がざわめいて混雑していると聞いた後で、とてつもない地震が起きたんだと知りました。まだ仕事中だった私は、仕事場のTVを見て状況把握することしか出来なかった。思い出しても恐ろしくなります。

あれから一年、まだまだ癒されない傷、忘れちゃいけない!

日本頑張れ
皆で頑張れ


ファイトだ!

No title

600話達成 おめでとうございます
継続は力なり 中身も濃くよく続けてこられました
尊敬致します

全く持って同感です

我社には、韓国から入社した社員が数人おりまして
彼らは本当に貪欲ですし、日本から吸収できるものは全て
吸収し、次のステップアップを考えています

日本は戦後、成功し、発展し成熟したかのようですが
まだまだ止まる時ではございません

健全な発展と成熟の仕方がある筈です
五木寛之先生がおっしゃっているように下山かも知れませんが

それが、我々日本人にとって大きな課題だと思います

No title

あの日から、こころある日本人の考え方が変わりましたね。

去年町会の班長をしていて、もう少しで終わりという時に、計画停電の件やらで超忙しくなったのを思い出しました。

No title

600話、おめでとうございます。
そろばんのお話、子供の頃に習っていたのに全然知りませんでした
勉強になります。

あの日から1年・・・・

「階段は全部見えなくてもいい。最初の1段を自信を持って上がりなさい」

そんな気持ちで、一歩一歩・・・・がんばれ日本v-218

No title

今日は14:46にバイト先で黙とう・・・

あれから1年あっという間だったような気もするけど、被災地の方々にとってはとてつもなく長い年だったと思います。

決して忘れてはいけないですね

No title

私は家でTVを見てました。
緊急放送に変わり、実況がヘリからの映像と共に映し出され・・・・。
現実のモノとは思えませんでした。

何のことやら?!で・・・。

んで、だんだん実感と言うか、事の大変さに鳥肌が立ち、画面に釘付け。

あれから、もぅ1年・・・・早いですね。

被災地の方々、身内を亡くされた方々の事を思うと胸が痛みます。

No title

 一年が経ってしまったんですよ。あの日から。
  
  復興のことも、東電の事情もマスコミの報道って画一的で政治もしかりで

  もっと、前向きになるような材料、盛り上げていく力が増えていくようになる
 
  報道をしてくれれば、いじめられずに、韓国にあざ笑われずに済むのになぁ

  日記、600話達成おめでとうございますv-353

No title

あれから一年短かったような長かったような。。。


日本も戦後復興して来たのですから、不可能ではないと思います。

ただ他国といがみ合うのは、それとは別。


この規模の災害は地球規模の災害と捉え、
日本だけでなく各国と協調してやっていくのが良いと思います。


実際、他の国の災害でも日本は助けて来たのですから、お互い様ということで。

No title

あと600話おめでとうございますヽ(´ー`)ノ

No title

600話おめでとうございますすごいですねv-411

あれから一年…早いですね。昨日の事の様に思われます。
次男が6年間仙台で大学生活を送っていたので、他人事とは思えませんでした。幸い友達はみなさん無事でホッとしました。

その次男曰く、「研究者に想定外はあってはならない」との事です。自分にも人にも厳しい次男ですv-356

とにかく

直後には緊急発進した戦闘機がやたらと飛び回っていました。
そこから情報は逐一に上がっていたと思うのですが。。。

No title

…この日の10日前の3月1日
私は関東遠征中で
羽田から千葉の友達に会いに
爆発した石油タンクを真横に見ながら
湾外沿いを車で走っていました

大きなタンクがあるなぁって…
まさか10日後に火に包まれたタンクをTVで見るとは思いもせずに

頑張ろう日本!
震災だけではなくて
社会のあらゆることに
もう1度真剣にそれぞれの立場で関わっていくときかも知れませんね

No title

この時はまだ宮崎にいました。、、福岡に来る少し前の惨事でした。宮崎の山の噴火なんて一瞬で飛んでいってしまいました。北海道の奥尻を思い出しましたが、、自然災害が一番怖いと思ったら原発、、。ごめんなさい。やっぱりね、コメント書けない。いまだに本当に苦労ばかり強いられる環境下で耐えるばかりの沢山の人々、、なんだけど、、つまんない男との離婚問題で苦しんでたから、、本当に大変な人々のことが頭の上を素通りだった。記念の回だからとにかく書いたけど、滅茶苦茶でごめんなさい。

No title

祝600話!!

自然の猛威を見せつけられ、命の儚さを感じた一年だった…
また、この国の政治屋達に失望を感じざるおえない日々でもあった。

東電の社員(役員以外の)、被災者の方々、復興に携わる人々への、いわれなき風評被害に怒りも感じます。

絆。
はじめは素晴らしく思えたが…今は、うすら寒く聞こえる…

色々考えさせられる一年だった…


貴兄の600回に及ぶ継続力、感服です。
これからも、末長いお付き合いをお願い申し上げます

No title

600回、素晴らしきかなv-353
続ける、それだけでも並大抵のことではないのに
その時々に添った話題を見据える洞察力、感性に、また感服
今後も楽しみにしています

さて、昨日という日
すべての日本人がそれぞれの思いを持って迎えたことでしょう

自然の力の恐ろしさ
人間の無力さ
こんなことは今さら私ごときが申すまでもないこと

それ以上にこの国の貧弱な危機管理能力に、災害の恐怖、虚脱感を増幅させられた気がします

今こそ、この国の行く末を人任せにしないと、誓いたいものです

No title

600回おめでとうございます。

記念すべき回が今回の内容だった事は大変感慨深いです。



あの日、自分は横浜の青葉台の雑居ビルの中におりました。今まで感じた事のない揺れに恐怖を感じたものです。
会社から即帰社連絡があり、神田まで約7時間かかりましたが、車内から見た帰宅困難者の数がただならぬ様子を映し出していました。
(自分は地下鉄が復旧しなんとか深夜に帰宅できましたが。)


朝鮮民族については今さら驚く事ではありません。息を吐くように平気で嘘をつく連中ですから。日本でも人気(?)の少女時代でさえ「独島は我が領土」なんて歌を歌ってますし、昨日もある韓国人青年が「日本人は地震で死んでください。」という動画をYouTubeにあげてますから。

東電については「坊主憎けりゃなんとやら」なんでしょうか。末端の社員や家族には何の罪もないのに・・・。


自分はあえて言いますが、絆とか綺麗事も大事だと思うけれどやるべき事をしっかりやっていく、その為には政府がしっかりしないと・・・という事で一日も早く桜川新党結成してくれることを心待ちにしております。

No title

いや、本当は議事録は最初からのがあって、あまりにやりとりの程度が低いので出せないのかも知れません。

2日目からのは出来ていたそうですよね。

それに引き換え、アメリカで作られたのは3000ページぐらいあったそうで、ページ数が全然違います。

第600号、おめでとうございます。

No title

あの日は珍しく早く仕事が終わり、家で少し休もうと思っていたら
家族から「東北が大変な事になっている」と聞きました。
テレビでは津波が土地を、畑や町を飲み込んでいく映像が流れ、
まったく眠れなかった。

平和だと思っていた日常が一瞬で掻き消されたショックは
とても形容し難く、気持ちのやり場もありません。

しかし、泣く前に立ち止まる事なく苦難を克服していこうとされる
被災者の姿に必ずや安息の日が戻ることを願い
復興を応援していきたいです。

クイズのプレゼント、ストラップの鈴の音がとても優しげで
心を癒してくれます。

1日でも早く日本が闇から解放されますように。

No title

ピーチパイさん
やはり特別な日になりましたね。
銀座の時計塔の鐘も、哀しく響きました。

No title

え-こさん
どうもありがとうございます。
今後とも宜しくお願いしますね。

No title

優月さん
読んでいただき、ありがとうございます。
報道の特番等を見ておりまして、やはり色々と考えてしまいました。
皆の涙は美しかったです。

No title

みけさん
地震の記憶より、その後の惨劇の方が強く記憶に残ってますね。
団塊の世代が必死になって頑張ってくれたように、現代の日本人も負けずに頑張らねばアカンですよね!

No title

横浜のよったんさん
どうもありがとうございます。
昨年の第500話が日航機墜落のことを採り上げましたが、今回もまた事故・災害をテーマにすることになろうとは思いませんでした(汗)
私が国政へ立候補したその時には、是非とも清き1票をお願いします(笑)

No title

みつまめさん
仰います通り、言われの無いイジメや差別を受けているという情報は多数ありますし、そういう話を聞くたびに、今時の人間は自分さえよければ良いという考えの持ち主ばかりなのだと思ってしまいます。
大人が子供化しているのは、最近の不可解な児童虐待のような事件をみれば解ります。
この国は狂い始めていた所に、一気に大震災が押し寄せたと考えているのは私だけではないと思います。
3.11は追悼する日であると同時に、心を戒める日でもあると思いますので、毎年黙祷し、心を戒めたいと思います。

No title

楓☆さん
大切なお子さん達を守らなければならないお立場、さぞかし大変なことだったと思います。
現地では園児を守るために亡くなられた保育士の方もいらっしゃいますし、そうした話を聞きますと目頭が熱くなってきます。
日本が世界のお手本になるように頑張らないといけませんね。

No title

花さん
被害者の立場になってみれば、いつまで経っても動いてくれない行政の怠慢ぶりに、怒りの言葉も出したくなるでしょう。
勿論、多くの方々に感謝の意も伝えたいでしょうし、心中複雑な思いで1年もの時間が経ってしまいました。
それでも必死で生きようとしている被害者の方々の目は素晴らしいです。
私も、出来る限りの支援をしてあげたいと思います。
そして、頑張れニッポン!

No title

くまbuuさん
まったくもって仰る通りでございます。
痛ましい戦争で傷付いた団塊の世代が、自分の子供にだけはこんな苦労をさせたくないとする涙ぐましい親心でさえ、今時の人間は理解できずに狂うありさま。
国民自体のレベルが下がっているわけですから、民主党の絵空事にも簡単に騙されてしまうわけです。
今の国会では何も変わりませんし、全てが悪くなる一方です。
なので、冗談でも私が出てみましょうかと言いました。
でも、マジでその方が国が良くなるような気がしませんか?(笑)

No title

さくちゃん
熱いコメントを沢山書き込んでいただき、ありがとうございます。
私も歴史で学んだレベルでしか知りませんが、韓国の人たちが日本国を悪く思う気持ちは理解できると思います。
故に、彼らのその後の魂を見習うべき時が来たと思い、今回の雑草ららばいに認めた次第でございます。
戦争の時は日本全国が被害者であり、皆が必死になって復興への努力を惜しまなかったわけですが、仰います通り地区による温度差が激しく、被災された地域の方々と共に努力をしようという姿勢は見られませんね。
頑張れと言われて腹が立つ方も大勢おりますが、その人たちの気持ちも解ります。
そういう所にも、自分さえよければ…という日本人の心が見え隠れしていて嫌ですね。

No title

WHITE☆HAWKさん
どうもありがとうございます。
昨年の500話目から続けて事故や災害がテーマとなってしまいました(汗)
今回も熱きコメント、ありがとうございます。
白鵬の誕生日だからかな?(笑)
福島の子供達が差別をされているというニュースには心が痛みましたね。
しかも、それを指導しているのは親御さん達だというのですから呆れます。
正確な情報が伝わらず、風評被害の犠牲者となってしまいましたね。
今日も支離滅裂な国会が中継されておりますが、大相撲中継が5時からとなってしまうのが許せない私です!(BS見られないから)

No title

ぱり子ちゃん
同じ日本国に住む人間同士でありながら、そんなことに気を使わなければならないなんて信じられませんよね(涙)
大人ですらそう思うのですから、子供たち同士ではいじめや差別もあって当然なのかもしれません。
心が痛みますね。

No title

なこさん
こういう事が起こりますと、必ず最初は責任の擦り合いから始まり、ゴタゴタの収まらぬまま時が経ってしまうものでございますわ。
一丸となって事を進めることは、現在の政府では困難な事だと思いますが、そうした中での野田総理大臣はよく頑張っている方だと思います。
あっ、お陰さまで600話まで辿り着きました。
今後とも宜しく願いしますね。

No title

tomo_tomoさん
被災者の方達にとりましては、長いようで短い1年だったのかもしれません。
先の見えない日々を過ごしているわけですから、長く感じることもできなかったことでしょう。
本当にお気の毒で、今でも胸が痛みます。
日本は平和過ぎましたね。
悩みと言えば、他国からすれば贅沢な悩みばかりでございます。
災害が怒って良かったなどとは間違っても思いませんが、いちど『ご破算で願いましては…』というスタイルをとる必要があったと思いますし、これが良くなる切っ掛けとなってほしいと切に願っております。

No title

ゆうひさん
コメントをありがとうございます。
お褒めに預かりまして光栄です。
今後とも宜しくお願い致します。
街の復興もさることながら、三千を超える行方不明者を何とかできないものかと思っております。
遺族の心情を考えますと、とても胸が痛みます。

No title

うみさん
阪神淡路大震災の時も、私は関東に住んでいる人間でしたので同じ気持ちでした。
この1年の間に数多くの被災者たちが病気になったり、亡くなられたりしておりましたが、まだまだ完全復興には時間がかかりそうですね。

No title

みやんさん
韓国の報道には驚きましたが、あれ(日本沈没という表現)を一番怒ったのは韓国国民だったという後の情報には救われた思いがいたしました。

No title

くまみんさん
私は昔の映画で見た『日本沈没』の大きな波のイメージがありましたが、実際の津波はまったく違ったものでしたね。
水圧の力の物凄さを、あらためて思い知らされた災害でした。
私が国政に立候補するときは、是非うぐいす嬢をお願いしたいところですが、ノーギャラというわけにはいきませんので期待してください(笑)
お陰さまで600話まできました。
いつもコメントをありがとうございます。

No title

ひろさん
どうもありがとうございます。
皆さんのお陰で600話まで来ることができました。
今後とも宜しくお願いしますね。
2時46分には、私も昨年を思い出して黙祷させていただきました。
帰宅を早々に諦めまして、会社に泊ってワンカップの酒を皆で飲んでいた事を思い出します(汗)
いい罰当りですね。。。

No title

わっしゃんさん
どうもありがとうございます。
ホント、皆さまのお陰で600話まで辿り着きました。
今後とも宜しくお願い致します。
大相撲の世界もそうですが、他国の若者はハングリー精神が違いますね。
目の輝きも違いますし、これでは現代の日本の若門では勝てないと思いますよ。
教育方針を根本的に変える必要があると思いますが、それには我々大人から変えて行かねばなりませんわ(汗)
反省…。

No title

ハッピーウオーターさん
計画停電という言葉も懐かしくなりましたが、まだまだ寒い時期での停電は辛かったですね。
ろうそくの争奪戦となり、スーパーでも全く手に入らなかったのが悔しかったです。

No title

さくらこさん
どうもありがとうございます。
お陰さまで600話まで来ましたよ。
今後とも宜しくお願いしますね。
階段のお話、いいですね。
私自身の教訓にもさせていただきます。

No title

ゆみこさん
バイト先でも黙祷でしたか…、いいことですね。
被災者の方々は、本当に辛い1年だったと思います。
まだ3千を超える行方不明者がいるわけですから、悲しみはいつまで経っても消えませんね。

No title

たらこさん
普通はTVだとイメージしにくいのが現実ですが、あの大津波のド迫力はCGでもああは表現できないでしょうね。
私の居住区は地震・倒壊だけで済みましたが、あの津波はTVで見ていて同じく鳥肌が立ちましたわ。
やはり地球を怒らせたら怖いですね。

No title

きなこ♪♪さん
1年が経ってしまいましたね。。。
いったい何が真実でどこまでが本音なのか、まったく解らないことだらけの日々でした。
今だからこそ明かされる事実もあり、これではいつまで経っても復興などできるわけがございません。
もう『絆』という漢字一文字も煤けて見えてきましたわ。
あっ、600話まで漕ぎ着けました。
ありがとうございます。

No title

ひろしさん
日本は少しお人よしが過ぎるとまで言われるほど、他国の災害時にはいち早く支援の手を差し伸べてきましたからね。
そうした前例があったからこそ、直ぐに全世界が動いてくれましたし、実にありがたいことだと思います。
ただ、残念ながら我が国の腰抜け外交では諸問題は解決できず、世界中が注目していた災害でも、恥の上塗りを繰り返すようではいけません。

No title

ひろしさん
お陰さまで600話目まで来ました。
今後とも宜しくです!

No title

あんみつ姫さん
どうもありがとうございます。
お陰さまで600話まで積み重ねることができました。
今後とも宜しくお願い致します。
息子さんが6年間も仙台で暮らしていたのなら他人事ではなかったでしょう。
ともあれ、お知り合いが無事だという事で何よりでした。
私も照明器具の研究班ですが、想定外の中の想定外は有り得ることだと思っております。
心を引き締めて、頑張りますわ!

No title

ふくやぎさん
なんと戦闘機が飛び交っておりましたか(汗)
詳しい情報は間違った形で報道されていましたし、風評被害にも繋がりましたので残念でした。

No title

洋さん
それはリアルで恐怖を感じたことでしょうね。
つい先日見た物が、そんな形に変わってしまうなんて信じられません。
私は静かな海しか見た事がないのですが、『一度荒れたら磐をも砕く』という歌の通り、大波には物凄く恐ろしい力がありますね。
東北から関東にかけまして、今でも余震が延々と続いておりますが、もしもの時に前回の教訓が生かされるかどうか不安です。

No title

あんさん
コメントをありがとうございます。
北海道の大地震を思い出しましたか。
あれと相通じるところがありますかね。
お陰さまで600話を認める事ができました。
今後とも宜しくお願いしますね。

No title

ちょっとワルかった親父さん
どうもありがとうございます。
何とか600話を認めることができました。
しかし、まさかこの話題が600話になるとは思いませんでした。
第500話が日航機墜落の件でしたからね。
私の方こそ、末長いお付き合いをお願いいたします。
この国の政治屋さんたちにつきましては、もう意見をする気にもなれませんね。
本日の参議院の国会でも酷いものです。
そのせいで大相撲中継が縮小されるのは如何でござますな(怒)

No title

Kiwihusbandさん
どうもありがとうございます。
貴殿にはいつも読んでいただけて嬉しく思っております。
今後とも宜しくお願い致します。
昨日はTVの特番で涙が止まりませんでした。
3千を超える行方不明者が未だにいるなんて信じられません。
それでも死亡届を提出する親族の心情を思えば…(涙)
地球が怒っていると思いました。
地球を怒らせてしまったのは、愚かな人間でございます。
これ以上怒らせてはいけません。

No title

yoziさん
いつもお世話になっております。
お陰さまで600話を認める事ができました。
昨年の第500話が日航機墜落のことを書きましたが、まさか600話目をこの話題にするとは夢にも思いませんでした。
帰宅難民などという言葉も懐かしく思えるほどですが、いつまた同じことになるかもしれませんね。
もしそうなったとき、3.11の教訓が生かされるのかどうか不安でなりません。
アレ以来、地下鉄に乗るのも躊躇するようになりました。
国会の答弁を聞いておりましても、ただただ呆れかえるばかりでございます。
いっそのこと私が出て大暴れしてやろうかと冗談で書きましたが、現実になりそうで少々怖い気がいたします(汗)
頑張れ、ニッポン!

No title

Pentaさん
そうなのかもしれませんが、にしても酷過ぎますね。
アメリカほどの管理体制もどうかと思いますが、ここまで我が国の危機管理が甘かったとは情けないですね。
お陰さまで600話に達することができました。
今後とも宜しくお願い致します。

No title

ラヴ(`3.)さん
TVから飛び込んできたショッキングな映像は、一生忘れることはないでしょうね。
怪獣映画のようなイメージと違い、静かながら物凄い力で家や車を簡単に飲み込んで流してしまうわけですから…。
私としては行方不明の方々全員が発見されることを祈るばかりでございます。

No title

600話、おめでとうございますとお祝いしたいところですが、忘れてはいけないというか、そろそろ次へ進むべきだというか不思議な一年でした。

とりあえずは次の大地震だけはしばらく待っていただきたいと祈るばかりです。

No title

あの日、ボクは事業所でお仕事中でした。
新潟でもかなり揺れましたよ。

そういえば、中越地震のときも仕事中で、
事業所の天井がおちてくるんじゃないかという揺れでした。

原子力発電所の意義については分かりません。
危険なんだろうけど、ないと困る みたいな・・・

一日も早く、明るい日が戻ることを祈るだけですね。

No title

ぐっどさん
お返事が遅くなってすみませんでした。
どうもありがとうございます。
お陰さまで600話まで漕ぎ着けることができました。
今後とも宜しくお願いしますね。
次の大地震・・・(汗)
考えただけでも恐ろしいです。。

No title

カ〜ルおじさん
お返事が遅くなってすみませんでした。
あの日は新潟でも長野でも大きな揺れがありましたね。
中越地震を経験されているカ〜ルおじさんですから、色々な思いがあったことでしょう。
お互いに無事で何よりでした。
電気の大切さが身に染みましたね。

No title

600話 おめでとうございます
イイネだけを押してコメント書けなくてごめんなさい
震災はとてもショックでした
こんなことが この世に起こっているなんてことが受けいられないのに その悪夢が現実だなんて…
言葉を失いました
あれから一年
なんど涙を流したことでしょう
そして、映像が見られなくなりました

被災された方の話も聞けないほど落ち込みました。

そんな中、8月に16才半のべべとの別れ、
今年2月には 16才のトトとの別れがあり、一人になると涙がほほをつたいます

空馬でさえも 二匹の家族をさがします

その様子に また涙が服を濡らします

考えないようにしているので、、、コメントも書けないでいました

遅くなってごめんなさい

コメントを書いた今が 涙くんとのお別れの記念日☆
そう 決めます

楽しみを考えて また ノンビリ ゆっくり 歩んで行きます

桜川さん
いつも ほんとうに ありがとう

No title

桃花さん
私の日記などにコメントを入れてくださり、どうもありがとうございます。
今はただ、申し訳ございませんでした…としか言えませんが、涙クンと最後のお別れができたということで良かったな~と思いました。
私は、日々反省の毎日です。

No title

出遅れてすみません。
「お知らせ」を先に読んで、どんな事が書いてあるのかと思って来てみましたら・・・・  良い日記なのに、これの何処の何を怒る人がいるんでしょうか。

>一番辛いのは、学校で子供達がイジメられていたという事実を知った時。

これにびっくりしました。
とんでもない事です。

その一方で、福島の方も他県で差別され、時には子供がイジメられていると聞きました。

東電の社員の方々には頭こそ下がれ、彼らには何の責任もないのに・・・・ と思います。

しかし幹部は別の話です。

また一番責められるべきなのは当時ホイホイとアメリカに乗せられて原発を受け入れた自民党の大物たち、それを応援してたメディア、それから(おそらく買収されて)「安全でございます」と確証してた一部の学者たちではないでしょうか。

菅さんについては桜さんと意見が違うようですが、少なくとも彼は「脱・原発」の方向に進めていたのに 野田さんになってまた逆もどりか・・・とガッカリしています。
日本のような国に原発があるなんて、信じられないです。


とは言え、東電イジメはやめてもらいたいですよね。
(しかし東電の幹部が責任を取るのは、また東電が被害者に賠償するのは当然かと思います。)

子供にまでイジメなんてとんでもない、こういうのは学校や親がしっかりして子供を指導してほしいですね。

No title

Junさん
お返事が遅くなって申し訳ございません。
沢山に書き込んでいただいて恐縮でございます。
本当にありがとうございました。

私と仲の良い東電の社員は、やはり単なる社員に過ぎませんので、本当に可哀想だと思いましたし、幼子までいじめの対象になってしまうようでは絶対にイカンことだと強く思います。

これもある種の風評被害。
やむなきこととは申せ、胸が痛む思いです。

No title

知らない間に記念すべき内容の日記を書かれていたのですね

600回おめでとうございます

ところで、お隣の国ですが……私が出会った方々はとてもいい人ばかりでした。
なので全部が全部そういう考えの人ばかりではありませんよ……と言いたいです。

もしこれから先に何かあった時には、優しい気持ちで接していける心を持ちたいですね。
それが大人の対応だと思います。

No title

カールさん
お元気そうで何によりです[m:42]
私の文では、韓国国民全体が同じように思っているというように解釈されてしまうのですね。
いかに私の文が下手なのか解ります。
ますます反省ですね。
プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる