FC2ブログ

I Am A Thousand Winds(千の風になって)

【雑草ららばい 第582話】

私の大好きな伯母(母の姉)が亡くなりましてから、早一年が経ちました。

享年93歳という大往生でございましたが、私の心の中では今でも優しく頭を撫でてくれる、素敵な伯母で在り続けていてくれております。

1月15日(日)に一周忌の法要が執り行われましたので、私も母を連れて伯母の供養に行って参りました。

『伯母さん… 来たよ…』

この日ばかりは『男は泣いてはダメ!』と言う、伯母の教えに反することができる唯一の日…。

隣で静かに手を併せる、背中を丸めた母の姿に伯母の姿をダブらせて…

『伯母さん… 泣くぞ… 勘弁な…』

私は親戚連中の目の前で、恥じることなく涙を流し、手を併せておりました。


その一方…

私を44歳で産んだ母は、あとひと月で満91歳と相成りますが、さすがに草臥れてしまった感は否めず、伯母の没年齢を鑑みますれば、母とこうしていられるのも、残り僅かでございましょう。

母サンタ_copy


私は母と同居をしおており、可能な限り家族で面倒を見続けるつもりでございます。

家族との和を愛しむ母の願いを叶えることこそ、最大の親孝行であると信じて疑っておりません。

しかし…

母は老た… 程よく…

あのしっかり者の強い強い母親が、日に日に萎びてどんどんダメになって行く…。

人間は誰しもこうなるものだ…

何があっても、怒ってはいかん…

親の失敗を、叱ってはいかん…

いかん… いかん… いかん… と、心で強く念じておきながら、私は実にダメな人間でございます。

粗相をしてトイレを汚し、衣服を汚し、ベッドを汚し…etc
そうした年寄りの失敗事など、数え上げればキリがございませんが、私はいら立ちを隠すことなく、ついつい怒ってしまうのです。

悪気があってしたわけではない…
まだボケてはいない母の気持ちは、誰よりも良く理解しているつもりなのでがございますが…。

私に怒られた母は、黙ってポロポロと涙を流します。
母とて、自分で自分が情けないと思うからこそ泣けるのでございます。

私は、そんな母の涙を見る度に、胸が張り裂けそうに辛くなり、誰にも見えない所で手を併せ、安易に怒ってしまった自分の愚かさを悔いて泣きます。


私は…
愚かな倅です。


しかし…
私はあなたの倅で良かった。


最期の時こそ必ずや…
必ずや…恩返しをさせていただきます。

もう少しだけ…
あなたのバカな倅でいさせてよ。

by 桜川

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

一周忌の法要で泣けるのは伯母様がお優しく親しかったかったからですね。在りし日を思い出してあげるのが一番のご供養だと私は常々思っています。

私も新年3日に92歳で叔母を亡くしました。
既に家族も無く10年以上施設のお世話になっておりました。段々と記憶が薄れ口も利けなく声も出ず見えているのかそんな状態で小さく小さくなった体でしたがピンと伸びて合掌した姿はまるで木彫りの仏様のようでした。
お洒落で美人だった叔母の為に訪問着を掛け大事にしていた袱紗を入れて洋花で飾りました。
最後に「叔母ちゃん、綺麗よ」といって見送りました。
別れはとてもつらいですが叔母は人生を生き切って「千の風になっている」ような気がいたします。

桜川さんの伯母様も千の風になって今も優しく頭をなでていてくださることでしょう。

どうかお母様を大切になさってあげてくださいね。
あんな素敵な浴衣を縫ってくださったお母様を。
一日一日が大事ですから思い出を沢山作っていただきたいと思います。

No title

親も、友も、そして自分も いつまでも若くないんですよね。
中学高校時代を昨日のように思い出せるのに、どんどん老いていく。

後悔することのないよう、できるだけ親孝行しておこうと考えております。

No title

亡くなった母(逝く年76歳)を思い出しました。
もう〜泣かせない!号泣です。

お母様が粗相したり、例え、おトイレで失敗しても
怒らないで、お母様自身が情けないと思っていられると思うから。
私は決して母に荒げる言葉は掛けた事は無かったからね。

どうどこれからも、お母様がお元気でりますよに、お写真(可愛いいv-345
そして桜川さんが孝を尽くされる事を願います。

優しかった叔母様への追慕は永遠にそしてキット叔母様も一周忌の法要喜んでいられる事でしょう!合掌!

No title

お互いに心のうちを分かり合っているから大丈夫よ、

と言いたいところです

人は不完全な存在だから…
悔やんで学んで進んで行くのだよね

大丈夫。今日いまからまた心傾けて接すればいいんだから。
決して悔いのないように過ごされますようにv-353

No title

叱らないで・・と言うのは簡単。
看る側も看られる側も辛いのが介護です。

私は母を施設にあずけています。
家では老々介護になり、また父といると母が夜中も暴れまわるからです。

家で看てやれるなら家で看てやりたい。
どんなに汚されても平気なひとですから私。
でも、実際に24時間べったり一緒で、一日何度も着替えさせ、何度もトイレを掃除しなければいけない、それが何年も続いたら、絶対に私も切れてしまいます。

お母様が泣かれるのは、息子に叱られたからでも、自分が情けないからでもないと思います。
自分の粗相の後始末をしている息子が可愛そうで、申し訳なくて泣かれるのでしょう。

「死んでから墓に布団をかけても意味ない。親孝行は生きているうち」友達がいつもそういいます。
私は母になにもできていない。
明日、病院の帰りに寄ってこようかな。
あ、でも顔色悪いとしんぱいかけるよね。

かわいいお母さん、ずっとお元気でv-354

No title

桜川さんはお母様の事を本当に大切に思われていますね。

私の父は、私が中3の時に48歳で早く亡くなったので
母には父の分まで長生きしてほしいと思っています。
なのに・・・
子供連れて同居となってしまい面倒ばかりかけてるので
いつも申し訳ないな〜って思っています(汗)
感謝の言葉、もっと素直に言いたいですね。

桜川さんのお母様もどうかずっとお元気でまだまだ長生きしてほしいです!

No title

 お母さん、良いお顔していらっしゃる。だんだんダメになっていくのではないよ、だんだん戻っていくのよ、きっと。産まれたばかりの赤ん坊に。何もできなくて当たり前だよねって、思えるといいね。

 最期の時だけ恩返しするんじゃなくて、「あなたの倅で良かった」と今、言ってあげるといいと思うよ。きっと喜んでくれるよ。

No title

たとえ粗相をしてもこの素敵な笑顔が見れるのは素晴らしいことだと思いますよv-411

胸がきゅんとするくらいの笑顔v-343

あたしもこんな素敵なおばあちゃんになりたいですv-353

No title

  実の親子だから・・・つい”怒っちゃう”んだよ!
   きっと、自分もそうなりそうな気がします。でも、その前に親子だと
   喧嘩になるから、嫁さんに頼みたいって言ってますよ。
  けど、自分の親は自分で看たいと思っております。
  
   もう、お世話してる、桜さん、優しい倅だね〜。
   (子供のトイレトレーニング中でも、そりゃ、失敗したときは”いけない”って
    思ってはいるけど、反射的に叱ってましたから)

No title

子供にとって親と言うのは、常に強い存在であり続けるものですからね。
私の母も同様ですが、年々弱っていく姿というのは、間違いを見ているように感じてしまいますよねv-356

No title

なんか考えさせられてしまいました。
でも生きていてくださるだけで、うらやましい限りです。

私は母が45歳の子ですが、母は60代で亡くなりましたv-406
桜川さんと決定的に違うことは、お父さんがお若いということ。
私の父は母より21歳上ですから、、、成人前に両親を失いました。
でも早く別れる方がさみしくないとよく聞きますね。

No title

家族って喧嘩できるうちが華なのかもしれませんね。
私も日頃思っていた感謝の気持ちを母親へ伝えたかったのですが、手遅れでした。
桜川さんは、面と向かって話せるうちにお母さんへ伝えてくださいね。

No title

母親からすれば、子供は何時までも子供らしい

特に田舎では、長男は大事にされ…大事にされ過ぎてダメな子に育った実家の長男

だから桜川さんのような、優しい考えなんかない

それでも長男を庇う母…

桜川さんの爪のアカを送って下さい
煎じて飲ませてやります!(笑)

No title

人間だからね、イライラするの(´ー`)怒ったら、後でごめんね、っと頑張って謝ってみて(´▽`)お互い楽になるよ。

No title

↑の方のおっしゃる通り。

生きておられるだけ幸せですよ…

父を一昨年亡くした俺には…話しができるだけ羨ましく思えます。

No title

頭がしっかりしてるのに体が動かない、って一番辛いですね。

でも世話をしてる方は疲れてるからつい怒ってしまいますよね。

実の親子だからそれでいいと思います。 ちゃんと後で謝って、いつも愛してるなら分かり合えるから。

でも頑張ってね!

No title

家族との和…お母さまの願いなんですね
それを大事にしてこうしたお気持ちでお世話をしている、桜川さん
気持ちはお母さまに伝わっていますよ

きっと桜川さんは自慢の誇りな息子さんでしょう(^-^)

悔いなく御側にいてあげてくださいね

No title

ワタシも昨日 父を大きい声で怒鳴ってしまった 項垂れる父を見てよけい腹立たしくなった それは自分にたいしての怒りやと思う
自慢の父 大好きやった父

気弱になって、 小さくなった父を 見るのがツラい

今はワタシが父を上から見てしまってる

胸痛い 何を食べても友達と話してても、 どこかに父の影があって 心から笑えやん

みんな通る道なら、 ワタシもいつか娘達にそんな想いをさせる日がくるんやろか

今は毎日反省と後悔の繰り返しですゎ
桜川さんの応援は支えになってる

ワタシもエールをおくります

No title

私からしたら、お母様が健在してる事が羨ましい。

亡くなってしまって、いくら後悔しても遅いんです。
生きている間にたくさんたくさん思いを伝え、孝行してあげてください。

亡くなってしまったら、悔いる事ばかりですよ。

毎日心で母に「ごめんね」って言ってる、たらこです。

No title

誰でも100%進む道。。。
悔いのないように生きたいです。
故人はそれを思い出させ認識させて下さる。。。
ありがたい存在ですね。。。

素敵なおば様でした。。。

No title

うんと…私は7年前に母を亡くしました。ノイローゼから立ち直れずに最後は64歳にして痴呆老人のごとく施設でひっそり息を引き取りました。寝ている間の出来事だったので、苦しまず逝けた事が何よりも幸いでした。

ノイローゼになってから壊れていく母を嫌というほど見ました。私も20代で若いせいもあり、仕方がないとわかっていても暴言・力でねじ伏せるそんな事をしてしまいました。


だから言える事。
親は最後まで、親なんだなって事。
最後は自分の身を持って教えてくれている事がありました。
そんな母に対峙した事によって現在の私はそんな高齢者に接する術と心を持てるようになりました。

そして、人間は聖人君子にはなれないという事も教わりました。
親に対してやってしまった暴挙は反省し、悔やむ事に意味があるんだと思います。
もちろん。やってもいい訳ではありません。

ただ、親に対しては子どもはいつまでも子どもであっていいと思うのです。
最後の最後まで、色んな事を教えていただきましょうよ。

旅立った後、負の感情ばかり残すのではなく笑って思い出話ができるように、最後の最後まで精一杯親と関わりをもちましょうよ。

きつい事を言ってしまったりやってしまっても、親なんですから、きっとお空に行っても笑って許してくれるはずです。

その後、私たちが何かを学べていれば…

No title

正直今回の日記、涙があふれてたまりませんでした。


自分は高校2年の春に父親を亡くして以来いわゆる母子家庭でした。

しかし自分が兄貴と決定的に違うのは自分が親不孝ばかりしているということです。


田舎がイヤだと上京し、仕事で全国を転々とし母親のそばにいてやることができませんでした。
妹がいるからいいやと思っていたのも事実です。

しかもここ一年実家には帰っておらず電話すらしておらずたまに電話でもかかってこようものなら無愛想な返事ばかりでそのたびにに相方に怒られています・・・・。

だからそばにいてあげられる兄貴は本当にすごいと思います。


写真をみる限りお元気そうじゃないですか。
いまは90すぎても元気な人達はいますから「残り僅か」なんていわずまだまだ長生きして写真のような笑顔を見せてほしいです。


以前コメントのなかで紹介したと思いますがシーモというアーティストの「Mother」という曲に

あなたの子どもでよかった
あなたが僕の母でよかった
いつまでもかわらずに、ずっとずっとかわらずに
僕はあなたの生き写しだから・・・

まさに兄貴の気持ちを歌っています。

そしてラストに・・・
あなたにはまだ仕事があるから
僕の親孝行、受け取る仕事が・・・。

自分が親孝行するまでは母親には死んでほしくないと強く思いました。

No title

親だからこそ、持ち得る感情ですね。
うちの母親も長生きしてほしい。


桜川さんの伯母様もお母様も、桜川さんにこれだけ思われてきっと幸せだと思うのです。

No title

素敵ですv-352
おばさんもお母さんも…
いっぱい親孝行してあげてくださいv-410

この前実家に帰った時に父親の足がすごい細くなってショックでしたv-399
何もいわなかったけど、泣きそうになりました…
今でも大工をしています
本当は、「もう仕事せんでいいからv-363あたしがみたるv-363」って言いたいのに、情けないですv-406

No title

キュートなお母さんですね
桜川さんを生まれたときには
大変だったろうけど
さぞ喜ばれたことでしょう^^

仕事をしながらお世話をするのは大変でしょうが
幸せでもありますねv-353

No title

コメントを…
と思いましたが

一昨年、倒れてた後、意識の戻らぬままわずか二日で逝った母のことが浮かび、なかなかできませんでした

離れて暮らしていたせいもあり、今も実家の台所には母が立っているのではないかと考えてしまうことがあります

キツく当たってしまうのは聖人じゃないのですから仕方ないです
それを反省する心があるのですから大丈夫

どんなにしても後には後悔が残るもの、無理せず自然に過ごせばよいのではないでしょうか?


ろくに孝行らしいこともしないまま逝かせた愚か者の独り言です

No title

サリーさん
お返事が遅くなり、すみませんでした。
仰います通り、子供の頃から母の『しつけ』が厳しかったものですから、伯母はよけいに優しく感じておりました。
『男は絶対に泣いてはだめ!』という伯母の教えを頑なに守って来た私でしたが、伯母の棺の面前で涙が止まらなくなってしまったことが昨日の事のようでございます。
その旨を、この雑草ポエムに認めましたところ、多くの閲覧者から『泣く事が仏の供養になる』と教えていただきました。
母を大切にすれば、きっとまた伯母に頭を撫でてもらえますよね。

No title

カ~ルおじさん
お返事が遅くなり、すみませんでした。
いつまでも…有ると思うな…親と金 ですね。
今日はさすがに得意のギャグが不発でしたが(汗)
カ~ルおじさんの名前を見ただけで、思わず期待をしてしまう不謹慎な私です(爆)

No title

飛鳥の皇子さん
お返事が遅くなり、すみませんでした。
お母様、76歳では早すぎましたね。
さぞかしお辛かったことでしょう。
私は短気で怒りっぽく、そういうところが母親似なんですよね(汗)
ですから、母も自分と息子を照らし合わせているようで、だからこそ何を言われても耐えることができるのだと思います。
いくら私が怒りましょうとも、腹では泣いているということも判ってくれているようです。
しかしながら、親を恫喝するような態度はけしからんことです。
それはよく理解しているつもりでございます。
自分の感情を極力抑えて、母を大切にしたいと思います。

No title

キョーコさん
お返事が遅くなり、すみませんでした。
仰います通り、親子だからこそ…なんですよね。
これが息子の配偶者や施設の職員に言われたとなれば悔しいでしょう。
貴重なご助言、ありがとうございます。
悔いの無いように、可能な限り尽くしたいと思います。

No title

みつまめさん
お返事が遅くなり、すみませんでした。
私の友人にも同じ悩みを持つ方がおりましたが、その方にも私は『優しくしてあげてください』とアドバイスしておりました(汗)
その方に言わせれば、『アンタにだけは言われたくない』ということになるのでしょうね。
言うのは簡単…、されど…(涙)
子供が小さい頃に叱り付け、ポロポロと涙を流すのを見て胸が痛くなりましたが、今の母の姿がまさにそうでして、親であるという現実に尚更苦しくなってしまいます。
出来る限り、私の手で尽くしてあげたいと思っております。

No title

ゆうひさん
お返事が遅くなり、すみませんでした。
一番デリケートな年齢の時に、最愛のお父様を亡くされてしまってはお辛かったことと思います。
お母様はご健在のようで何よりですね。
事情はともあれ、実の娘の孫たちと一緒に過ごせるという事は、ある意味幸せな老後生活だと思います。
お互いに悔いの無いようにいたしましょうね。

No title

なこさん
お返事が遅くなり、すみませんでした。
仰います通り、どんどん赤子に戻って行くようでございます。
やがては歩けなくなり、はいはいすらできなくなることでしょう。
母は、私の心は全てお見通しだと思います。
ですから、何を言われても耐えられるのでしょう。
それが偉大な母親というものですね。

No title

ゆみこさん
お返事が遅くなり、すみませんでした。
心も気持ちもまだしっかりしているだけに、私も本人も許せない気持が強いのだと思います。
写真は、ディサービスの職員さんが撮ってくださったものです。
こういう施設はありがたいですね。

No title

きなこ♪♪さん
お返事が遅くなり、すみませんでした。
仰る通りでございまして、これが他人様や配偶者の親であれば厳しい口調にはならないと思います。
しかもボケてはいませんので、ついつい失敗にイラついてしまうのです(涙)
私を44歳で産んだ母ですので、年齢的には孫のようでしょう。
親不孝の繰り返しでしたので、今こそ恩返しの時と心得ます。

No title

はつかり5号さん
お返事が遅くなり、すみませんでした。
やはり少年時代に抱く強い親のイメージが消えませんので、弱くなってしまった親の現状を客観的にとらえられないジレンマがございます。
悲しい現実なのですが…。

No title

ハッピーウオーターさん
お返事が遅くなり、すみませんでした。
私も母とこんなに長く過ごすことができるとは思いませんでした。
そういう意味では、私は幸せ者だと思います。
私の父は6年前、79歳で他界してしまいましたが、母は元気でいてくれますので助かります。
ハッピーウオーターさんは、お若くしてご両親を亡くされたのですね。
淋しくないとは思えません。

No title

ぐっどさん
お返事が遅くなり、すみませんでした。
私も普段は仕事と時間に追われるサラリーマンですので、ついつい母親の失敗にイラだってしまいます。
それでも出来る限りのことを自分の手でやってあげようと思う心は、なにより感謝の意として伝わってくれていると信じております。
悔いの無いようにしたいと思います。

No title

くまbuuさん
お返事が遅くなり、すみませんでした。
いやぁ、私の爪の垢など煎じて飲んだら、単なるスケベで終わってしまします(汗)
仰います通り、親はいつまで経っても子は子としか見えないようで、その気持ちも判らないわけではございません。
長男さんがダメだということはないでしょう。
まだお母様がお元気ですからいいですね。

No title

あんさん
お返事が遅くなり、すみませんでした。
介護ということではプロのあんさんですから、色々な意味で気持ちはよく解ってくださると思います。
素直に謝れれば…、私も人生の失敗はきっと少なかったことでしょう(涙)

No title

ちょっとワルかった親父さん
お返事が遅くなり、すみませんでした。
そうですよね、そうですとも。
私も理屈では判っているのですが、ついつい厳しい事を口にしてしまうのです。
きっと私は地獄に落ちますね(涙)

No title

Junさん
お返事が遅くなり、すみませんでした。
どうもありがとうございます。
信頼し合っておりますので、言いたいことも言えますし、言われた側も耐えられるのだと思います。
ただ、やはり言ってはいけないと心で思っておりますが…ついつい(涙)
皆さまのご助言のお陰で、きっと堪えることができますよ。

No title

楓☆さん
お返事が遅くなり、すみませんでした。
母は皆でワイワイすることが好きなんですね。
なので、一人暮らしなど出来るわけも無く、そうした施設に預けた時点で痴呆症になってしまうことでしょう。
その願いだけは家族で大切にしてあげたいと思っております。
私にできる、唯一の恩返しになるかもしれませんので…。

No title

くまみんさん
お返事が遅くなり、すみませんでした。
今回のこの日記ですが、ご承知の通り、前回のことが切っ掛けで書かせていただきました。
くまみんさんのところはお父様ですよね。
でも、くまみんさんが笑えばご家族皆が笑えると言う大切な事実に気が付かれたのは流石です。
お互いに悔いの無いように頑張りましょうね。

No title

たらこさん
お返事が遅くなり、すみませんでした。
早くにお母様を亡くされているたらこさんにとりましては、私の悩みなど信じられないことでしょう。
仰いますように、親孝行のできる環境にあることを喜ばしく思うことですね。
私は幸せ者でございます。
悔いのないように尽くしたいと思います。

No title

野菜の花さん
お返事が遅くなり、すみませんでした。
そうですよね、誰でも年をとれば同じ道を進むのですね。
私が死んでも、はたして泣いてくれる人がいるのでしょうか?
泣いてもらえる人がいれば、その人も幸せですよね。
伯母のように、母のように、皆から好かれる年寄りになりたいものです。

No title

さくちゃんさん
お返事が遅くなり、すみませんでした。
64歳という若さで亡くなられたお母様…、さぞかしショックだった事と思います。
苦しまずに逝けたということは、残された者からすれば気の持ちようが違いますね。
さくちゃんさんも、ご病気のお母様に対して厳しい姿勢でおられたのですね。
それも、辛かったことでしょう。
親は…、やはり親なんですよね。
強かった頃の親のイメージが頭から離れず、弱くなってしまった現状に対し、どう対応して良いのか解らなくなることもございました。
私はまだまださくちゃんさんのように、高齢者に対する接し方の術を得たわけではございませんが、皆さまのご意見を拝読しまして、今後の介護に役立てたいと思いました。

No title

yoziさん
親不孝をしているのは私も同じですよ。
yoziさんは、妹さんが側にいるという安心感と、まだお母様がお若いということもあって、そうした態度になるのでは…と思います。
私がもし同じ条件であれば、やはり似たような態度をとっていると思いますよ。
そのたびに、胸を痛めながら…ですけどね。
ですから、yoziさんもきっと老いたお母様にはお優しくしてあげられると思います。
私の日記で涙を流せるyoziさんですからね。
添付した写真はディサービスの職員さんと撮った写真です。
本当に素敵な職員さんばかりで、母も喜んでおりますわ。
ありがたいです。

No title

ひろしさん
そうですね、信頼できる親子ならではの感情ですよね。
ひろしさんは大丈夫でしょう。
私を反面教師にできるから(笑)
きっと優しくできますよ♪

No title

うみさん
どうもありがとうございます。
出来る限りの恩返しはしたいと思っております。
うみさんのお父様は大工さんなのですね?
ならば、細くなったように見えたといたしましても、仕事を辞めろということは言わない方がいいですよ。
職人は仕事を取られてしまったら一気にしぼんでしまいます。
無理をしない程度に頑張ってもらった方がいいですよ♪

No title

洋さん
どうもありがとうございます。
母は子宝に恵まれずにおりましたが、誘発剤により姉と私を帝王切開で産みました。
年齢的にも姉だけで限界だったようですが、昔の人間ですからどうしても長男がほしいという意味で頑張ってくれたようです(汗)
サラリーマンでは、仕事と介護を両立させるのは難しいです。
まぁ、家族で頑張ります!

No title

Kiwihusbandさん
コメントをありがとうございます。
倒れたまま意識が戻らず、わずか2日で他界では、心の準備もできておらずに悲しむ余裕さえないですよね。
故に、時が経てば経つほど思い出し、悲しみも増してくるのではないでしょうか。
伯母を思って涙した時、泣く事も供養になると教わりました。
Kiwihusbandさんも…

No title

ダジャレを言う空気ではないと思ったものですから・・・

ちなみに、弊社では「高齢者」のことを「幸齢者」と記載することもあります。

お年寄りの方にはホント、幸せに余生をすごしてほしいです。

こんばんは、、

わたくしも耳が痛いお話しです。。
心せねばなりませんね。。

No title

 いいえ、いいえ。前にも言ったと思うけど、いくら心の中で通じ合っているといっても、声に出して言うのと言わないのとでは、全く違うのです。一度でいいから、感謝の気持ちや敬う気持ちを言葉に出してあげてください。絶対に喜んでくれます、間違いないから。

No title

ふ〜ん、、、本当に、そのまま年を重ねていいのかな?
生きてるうちに大人になったとこ、大好きなお母さんに見せなくて後悔しないかな。
プライド捨てたら楽になるよ。
悪いと思うなら謝らなきゃ、成長しないよ〜(´▽`)
なーんて、
生意気に、ごめんなさい。
だって、すごく後悔する桜さんが見えるようで、、。

No title

カ~ルおじさん
高齢者のことを幸齢者とは素晴らしい例えですね。
都会の片隅では孤独死が頻発しているようですが、国も早急に対策を考えていただきたいですね。

No title

ふくやぎさん
お互いに親に対しては悔いの無いようにいたしましょうね。
私もまだまだ反省ばかりです。

No title

なこさん
良く解りました。
これからは努力するように心がけます。
ありがとうございました。

No title

あんさん
プライドはためにはならないということは理解しております。
なので、これからは努力してでも優しく接するようにいたします。
仰る通りですね。。。

No title

わたしと同じ年の同僚(既婚女、)が今2人目妊娠中です。
幸い健康体で自然の妊娠なので問題はないけれど

20年後彼女は64歳。

子供が一番金のかかる時期に定年。
だから「子供には早く結婚」を願ってるみたい。


つうか夫婦そろって「何がなんでも仕事を続けなきゃならない」


バースコントロールってちゃんと考えないとだめだね。

No title

お母様の笑顔 最高に可愛いですv-343
大好きになっちゃう〜v-398
こんな笑顔が出来るお母様は桜川さんとの暮らしがとってもお幸せだと感じていらっしゃるからですよねv-221
怒ったり、笑ったり、叱ったり、ほめたり…
ストレートに気を使わないで言ってくれる実の息子さんと一緒なのがとってもとっても嬉しいのですよ! きっと! きっと!!!
羨ましいです
これからもお互いに我慢したり、変に気を遣ったりしないで 暮らしていって下さい
それが、、、
一番素晴らしいわ
桜川さんは世界一(^_−)−☆

No title

望さん
お返事が遅れてごめんなさい(汗)
昔の女性と今時の女性とでは体力的にも違いますし、若いですから十分育てられると思います。
ただ、私は『親が年寄り』というコンプレックスを抱いたことがございまして、そういう意味ではどうなのかなと思いますが。
不景気な世の中が続きますので、仕事=収入の面が一番不安ですよね。

No title

桃花さん
どうもありがとうございます。
ディサービスの素晴らしい職員さんたちが、年寄りを上手に喜ばせてくれますので助かります。
まぁ、家族で暮らすことを第一に望む母ですから、そういう意味では親孝行ができて幸せでございます。
あとどのくらい一緒にいられるのでしょうか。。。

No title

http://www.uta-net.com/song/70938/

http://www.youtube.com/watch?v=55EjDYHlMHc

教えていただきました。
私はあまり好きではありません。
好きではないものをお伝えするのはいかがなものかとも思いましたが・・
でも・・泣けてきました。

家族だけで頑張るのではなく、人に助けを求めることが大切だとこの歌を教えて下さった先生が言ってました。
親は自分のことが辛くて泣くのではなく自分のことで辛い思いをしているこどもを想い泣くのだと。
プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる