FC2ブログ

ウルフ・フィーバー(Auto編)



本日の雑草ポエム

タイトル
 『 ウルフ・フィーバー(Auto編) 』

昭和56年の大相撲界は、まさに千代の富士一色に染まった年でございまして、この年ばかりは『ウルフ・フィーバー』 という活字が新聞紙面を大いに賑わせておりました。

しかし…
『ウルフ・フィーバー』 というフレーズは、何も大相撲に限ったことではございませんで、オートレース界でも『ウルフ・フィーバー』 が巻き起こった年がございました。

それは1998年(平成10年)のことでございます。
一人の若武者が台頭し、オートレース界の歴史をソックリ塗り替えてしまうほどの暴れようで、もう誰にも手が付けられない状態でした。

大相撲のウルフが 『千代の富士 貢(みつぐ)』 ならば、オートレース界のウルフは『高橋 貢(みつぐ)』 と申します。

独自のマシンに付けた名前が 『ウルフ』 号。
この両名は 『貢繋がり』、『ウルフ繋がり』、いや、それだけではございませんで、勝負の決め方(いわゆる速攻、一気の攻め)や闘争心、さらには勝負に対する熱い情熱という、もうありとあらゆる面で類似している部分がございます。

1998年のこの年は まさに 『ウルフ』 高橋 貢選手の1人舞台。
年間で5回行われるSGレースの3連覇(オールスターオートレース・東西チャンピオンカップ・日本選手権)や、各種各地区のグレードレースを圧勝しまくり、一般開催を含めて年間優勝回数18回(日本新記録)という抜群の強さ。

オートレース界の常識たるものを根本的に覆してしまうほど、超人的な新記録を打ち立ててしまった高橋 貢選手。

この時 若干27歳。



--------------------------------------------------------------------------------

高橋 貢選手の勝ちパターンは 『スタート先行、ぶっちぎり!』 という、典型的な逃げ切りタイプのレーサーなのですが、これが簡単なようでなかなかできることではございません。

通常、先頭に立って逃げている場合は 前方に目標がないため、どうしてもペースダウンしてしまい、徐々にスピードが落ちてくるものです。

逆に2番手に着けている場合、先頭車という目標があるため、その動きに合わせてグリップワークを調整することができます。

したがいまして、先頭車より 2番手車のほうがスピードが出しやすく、抜きやすいという理論が成立いたします。

ところがこの高橋 貢選手、先頭に立ってもまったくスピードが落ちませんし、それどころか グングン後続を引き離してしまい、独特なコース取りで圧勝してしまうという、まさに『ぶっちぎり』 の勝ち方をしてしまうのです。

スタートが早くて、抜け出しも早く、先頭に立つのが早くて脱げ足も速い・・・終わってみればぶっちぎりの圧勝劇!

なるほど、この 『型』 さえ揺るがなければ、連戦連勝することができても不思議ではありません。

しかし、この勝ちパターンには 『単純すぎてつまらないレースだ!』 という批判も多く、勝てども勝てどもバッシングの嵐を受けてしまう高橋 貢選手ではございますが、コレがこの人の真骨頂であり、誰にも真似の出来ない立派な『型』 でもあるのです。

時が経ち、あれ程バッシングを受けていた独特の 『貢走法』 も、今では若手選手のお手本となりまして、皆が真似するようになりました。

まだまだ強い、全国ランキング第1位の高橋 貢選手。いつまでもオートレースの醍醐味を伝え続けていただきたい…




 by 桜川


雑草ポエムはこちらから↓
http://www18.ocn.ne.jp/~benizaku/

ここでいただきましたコメントは、『雑草ポエム掲示板』へ転記させていただきます。

『雑草ポエム掲示板』↓
http://www4.rocketbbs.com/141/248558.html
(個人専用アイコンをお作りいたします)


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる