FC2ブログ

PAPAのうた


本日の雑草ポエム

タイトル
 『 PAPAのうた 』

日本全国にどこにでもある送電線。

各発電所から発電された電気は、この巨大な鉄塔に張り巡らされている太い架空電線(送電線)を伝わりまして、各需要箇所に必要に応じた電力量を日々耐えることなく供給しております。

都心を離れ、地方へ行けば軒並み連なる鉄塔でも 普段、我々は何の気なしに通り過ぎておりますが、この巨大な鉄塔のみならず、架空電線の中継地点では、かならず白いソロバンの珠が重なったような物に電線が固定されているのをご存知でしょうか?

碍子(がいし)とよばれるセトモノの珠は、その電圧量に応じて重ねる数も違ってまいります。

珠1個につき、10000ボルトでございますので、10個の珠が重なっている場合ですと、10万ボルトの電圧が掛かっているという事でございます。

私の友人で、電工専門のとび職がおり、このような鉄塔を組上げ、いよいよ架空電線を人力で張り巡らす作業を行った時の話を、じっくりと聞かされたことがございました。

冬場では地上とは違い、上空は冷たい強風が吹き荒れ、何枚防寒着を羽織っておりましても、突き刺すように厳しく冷たい風が全身を冷やしてしまいます。

昔は作業用のエレベーターというものが有りませんでしたので、一旦最上部に上がってしまったら、昼食時間まで下りてくることができず、小便などは上からそのまま用を足すと申します。

真冬の山岳で吹きさらしの重労働に耐え、ようやく昼食の時間となって下へ下りることができましても、指が悴んでしまって箸を持つことができず、無理やりご飯を口の中に放り込んでも、アゴが凍えて動かすことができない状態…

ついには噛まないままお湯で流し込んだという、悲痛な作業現場の状況を話して聞かせてくれました。

それ以降、こうした鉄塔の前を車で通過するたびに、『ご苦労さん…』 と、心で思うことにいたしました。

私は、その友人の家族とも仲が良いのですが…
「パパは休みの日とか、夜帰って来ると、何もしないでゴロゴロしているだけだから、邪魔だし大嫌い!」

私は言ってやりました。
「君達は忌野清志郎さんの歌を知っている?」と。

建設現場の苦労というものを、もう少し理解してあげられる教育も必要だと思います。

『パパのうた』 作詞・作曲・忌野清志郎

♪ そうだぜ~! 
     昼間の パパは ちょっと 違う~
        昼間の パパは 光ってる~
           昼間の パパは いい汗かいてる~
              昼間の パパは 男だぜぇ~!  



 by 桜川


雑草ポエムはこちらから↓
http://www18.ocn.ne.jp/~benizaku/

ここでいただきましたコメントは、『雑草ポエム掲示板』へ転記させていただきます。

『雑草ポエム掲示板』↓
http://www4.rocketbbs.com/141/248558.html
(個人専用アイコンをお作りいたします)

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる