FC2ブログ

寺内貫太郎一家



【本日の雑草ポエム】

タイトル
 『 寺内貫太郎一家 』

私の場合、昭和を語るホームドラマの巨匠『向田邦子』 ドラマシリーズの大傑作と申しますれば 『寺内貫太郎一家』 というコメディタッチのホームドラマを真っ先に思い浮かべてしまいます。

この作品は、作曲家の 『小林亜星』 さんが演じる石屋の頑固親父、寺内貫太郎を中心とする面々が 個性的な家族愛を醸し出し、笑いあり、涙ありの、いかにも昭和の人間臭い 実に日本的なドラマでございました。

主人公の頑固親父は、まさに昔の男親を代表するような堅物でありまして、喜怒哀楽はほとんど見せず、ただただ頑固で厳しい日本のオヤジそのものでございます。

今、もしこの手のオヤジが存在するといたしますれば、家族からは徹底的に嫌われて、さぞかし浮いた存在になってしまうことでしょう。

ところがこの貫太郎さん、内面的には少年のように澄み切った心の持ち主でございまして、どんなに威張っていようとも、どんなに権力を横行していようとも、常に家族一人ひとりに目を配り、優しく心で見守っているのでございます。

特に、戦争体験者ということで、食べることに関しては徹底しており、『絶対に家族にだけは ひもじい思いはさせないぞ!』という姿勢を崩さず、使用人の女の子に対しましても…
『おい、オレの目の前で食い物の遠慮だけはするんじゃねえぞ!』

また、娘を思う男親の心も、ドラマの随所で見せてくれておりました。

『娘は絶対に嫁にはやらん!!』
と、こう言い張っていた頑固親父も ついには許すことになりまして…

『貫太郎は死んでも泣かない男だ』 と 周囲から思われていたところで、最終回のワンシーン・・・。

娘役の梶芽衣子さんが三つ指付いて
『おとうさん、お世話になりました・・・』と、言葉を詰まらせると…

『ウワァーーーーーーッ』 っと、人目を憚ることもなく大号泣。

日本一のオヤジ像でございました。

私は当時、小学4年生だったと思いますが、
『う~ん、お嫁さんをもらうのって、結構大変なことなんだな~・・・』
と、ガキの分際ながら腕を組み、親権に考え込んでおりました。

何しろ好きな女の子が沢山いましたから…

今でしたら 『持ってけ ドロボー』 で済んじゃいますかね…。



ジュリィ~♪





 by 桜川


◎雑草ポエムはこちらから↓
 http://www18.ocn.ne.jp/~benizaku/




◎ここでいただきましたコメントは、『雑草ポエム掲示板』へ転記させていただきます。

『雑草ポエム掲示板』↓
 http://www4.rocketbbs.com/141/248558.html
(個人専用アイコンをお作りいたします)

◎前回までの雑草ポエムは、『雑草ポエム保管庫』にてお読みください。

『雑草ポエム保管庫』↓
 http://sakuragawa.blogzine.jp/blog/

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる