FC2ブログ

ば~か ぼんぼん♪


【雑草ポエム 第483話】

西から昇ったお日様が 東へしずぅ~む~♪

そんな非常識なことが平気で起こりそうな日本列島の今日この頃…。
深夜のCS放送にて、懐かしの天才バカボン(1971年放送)第1話を眺めておりましたが、なかなか面白い発見がございました。

フォト

話の内容は例によってシンプル。
バカボンのママが同級生に久しぶりに会うのですが、その彼女は外国製品にかぶれており、なにかというと『この車、外国製なの』『このタバコ、外国製なの。日本製じゃマズくって吸えないわ』『ジュース?外国製のあるかしら』と、何かに付けて『外国製』にこだわるのです。

その態度にバカボンのママはイライラするのですが、そんなことはおかまいなしにバカボンパパは『ん~、さすが外国製な~のだ!』と、ライターや洋服、自動車までもバラバラに分解してしまいました。

これを見ておりまして、私が改めて気づいたことなのですが、1970年代には『メイド・イン・ジャパン』はブランドになっていなかった…ということでございます。

ライターのような嗜好品ならともかく、自動車のような後の日本のお家芸といえるものまで、このアニメでは『外国製の方が良い』という前提で作られているのです。

まだまだ1970年代では、日本製品の品質が低かったということなのでしょう。

考えてみますれば、日本製品が海外を席巻するのは1980年代になってからであり、それは私が企業に就職した年代と重なります。

色々な意味で、いい時に社会人になれたんだなぁ~…と、アニメを見ながら背中に電気が走るような思いでございました。

人生色々

これで いいのだ!

by 桜川

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

挨拶

こんにちは、チャーリーと申します。宜しくお願いします。
このアニメ、全話観ました。
この話のパパのセリフに笑いました。

・パパがライターを解剖してバカボンと一緒に研究して、
 復元したつもりだが、彼に「パーツが余っているよ」と
 指摘されて、ママの親友に返したが彼女はタバコに
 点火しようとしたら顔面丸焼けになってしまい、
 パパに「すごいのだ!まるで外国の○人みたいなのだ。」と指さされる。

あなたなら笑えるでしょうか?
プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる