FC2ブログ

ジャン… ジャン…の駆引き



タイトル
 『 ジャン… ジャン…の駆引き 』

ここは 『競輪のメッカ』 と呼ばれて久しいレース場・・・
そう、我が地元神奈川の川崎競輪場でございます。

私は子供の頃から 『ギャンブル』 というものに偏見心を持つ母親に 『こんな所へ来るようになったらおしまいだぞ!』と、ここの前を通過する度に指さしながら口うるさく言われておりましたが、そのせいか 私は未だに 『競輪』 という公営競技の面白さというものが理解することができずにおります。

川崎競輪場には、名物のモツ鍋や牛串カツなど 安くて美味しい物が数多く販売されておりますので、そうしたグルメ(?)を楽しみに友人と出かける時もございますが、車券を購入することはほとんどございませんでした。

私にはレース展開の意味が解りませんでした…。
先頭固定が先に走り、その後方で9名の選手が3周もの長い間、ゆっくりと自転車をこいで単に駆引きをしているのみ。

全力で走るといえば、ジャンが鳴り響いてからの残り1周だけですので、本当に迫力もなくてつまらない・・・

場内にいる客層を見渡してみましても、4大公営競技のうちで、一番白髪の老練ファンが目立っているのが競輪でございます。

川崎あたりですから、まだまだ集客率は高いのでしょうが、若者ファンの何と少ないことでしょうか。

確かにレースを見ておりましても、初心者がスジやら展開やらを解読できるはずもなく、お馬さんやボートレース、あるいはオートレースのように、スタートから全力で駆け抜けるようなスピーディな魅力もない競輪では、よほど通の解説でもない限り『のめり込む』 ようなことはございますまい。

そうでなくとも、今の日本国は 娯楽ということに関しましては もう有り余るほどの選択肢がございますので、この競輪という競技も そう長くは続かないような気がいたします。

しかし…
私は大相撲にも理解を示す 『競輪通』 の方に教えられたことがございます。

皆が嫌がっている最初の駆引き(3周回)は、大相撲で例えるならば関取衆の長い仕切り…。

大相撲を嫌いな人に云わせれば、呼び出されて土俵に上がり、勝負が始まる間での長い仕切り制限時間(約4分)がストレスだと申しますが、競輪の駆引きにいたしましても、それと同じことであると説かれました。

なるほど…
大相撲の力士にとりまして、あの4分間は大切なのです。
呼吸を整え、対策を練り、相手の一挙一動いかんで立合いの踏み込む力まで変わってくる…

競輪選手の駆引きも、そういう目で見れば面白いのかもしれません。



 by 桜川



◎雑草ポエムはこちらから↓
 http://www18.ocn.ne.jp/~benizaku/



◎ここでいただきましたコメントは、『雑草ポエム掲示板』へ転記させていただきます。

『雑草ポエム掲示板』↓
 http://www4.rocketbbs.com/141/248558.html
(個人専用アイコンをお作りいたします)

◎前回までの雑草ポエムは、『雑草ポエム保管庫』にてお読みください。

『雑草ポエム保管庫』↓
 http://sakuragawa.blogzine.jp/blog/
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる