FC2ブログ

大鵬さんのお陰です…


私の愛車には、一人の大男が常に便乗しており、まるで守護霊のように、後部座席から毎日欠かさずハンドルを握る私を見守ってくれております。

その人こそ、我が尊敬する第53代横綱 琴櫻さんでございます。

この超ビックな錦絵タオルは、平成17年に定年退職なされた佐渡ヶ嶽親方(当時)を称え、その記念品といたしまして後援会の皆様に配布された、木下大門さん特製のオリジナルジャンボタオル(非売品)なのです。

運転席の真後ろに飾ってあるものですから、イヤでもルームミラー越しに怖い目線を感じてしまいます。

故に、運転している最中でも妙に緊張し、気を抜こうものなら 『コラァ~!』 と、一喝されてしまいそうで、自ずと安全運転を心がけてしまうのですから、ある意味本物の守護神だと申しましても過言ではございますまい。

横綱 琴櫻…
私が同部屋の長谷川関に惹かれて大相撲ファンと化した時は、怪我に悩まされるひ弱な大関というレッテルを貼られ、『ウバ桜』 などと蔑まれ、心身共に大変苦しんでいた時期でございました。

『オレだけなら何を言われてもいいが、女房 子供にまで悪タレをつかれるのは忍びない・・・』 と、涙を流して新聞記者に訴えたというお話を聞いたことがございます。

猛牛の魂は、三十路を超えてから燃え上がりました。
自分の恵まれた体力を充分生かした 『ぶちかまし』 に磨きをかけるため、連日稽古相手の胸を目掛けて 『アメフトタックル』 のオンパレード。

しかし、この猛烈タックルをまともに受ける稽古相手はたまったものではなく、同部屋一番の稽古相手である長谷川関は、『もう いやなこった』 とばかりに、連日出稽古に逃げ出してしまう始末。

自ら稽古相手を求めて一門の各部屋に出稽古に出向きましても、皆が嫌がり逃げてしまうようになってしまいました。

しかし、その猛牛魂をしっかりと受け止め、快く胸を貸して下さる方がいてくれたのです。

その人こそ、史上最強横綱 大鵬幸喜さんでございました。

横綱昇進のチャンスを一発で射止め、見事、32歳で横綱に昇進した琴櫻。

伝達式を終えた記者会見で、あふれる涙をぬぐいながら…
『私が横綱になれたのは、大鵬さんのお陰です・・・』 と、しみじみと語りました。

新弟子の頃、小突かれ、殴られ、蹴り倒されて、それでも大粒の涙を流しながら 『ちっきしょぉーっ!』 と怖い兄弟子の胸にぶつかって行った魂は、まるで鬼が乗り移ったようだったと申します。

稽古の後、昼寝の時間でも兄弟子からタバコの火を足に押付けられ、日常的なイジメにあっていた琴櫻でしたが、必死になって耐えました。

『いまにみていろ…』
今の相撲界では、こんな魂を持った日本人力士などいないでしょう。
 by 桜川


◎雑草ポエムはこちらから↓(トップページ)
http://www18.ocn.ne.jp/~benizaku/

◎ここでいただきましたコメントは、『雑草ポエム掲示板』へ転記させていただきます。
『雑草ポエム掲示板』↓
 http://www4.rocketbbs.com/141/248558.html
(個人専用アイコンをお作りいたします)

◎前回までの雑草ポエムは、『雑草ポエム保管庫』にてお読みください。
『雑草ポエム保管庫』↓
 http://sakuragawa.blogzine.jp/blog/

◎全ての雑草ポエムはこちらが便利!
『雑草ポエム目次』
 http://www18.ocn.ne.jp/~benizaku/page002.html
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる