FC2ブログ

母に捧げるバラード


その昔、ドン臭い3人の九州男児が上京し、『海援隊=武田鉄矢』 という 何の変哲もないネームを一発で世に知らしめることになった歌が 『母に捧げるバラード』 でございました。

戦後の厳しい生活の中で、連日ボロ雑巾のようになるまで働きながらも、我が子のために… 我が子のためにと、なりふり構わぬ教育姿勢を 『親の愛情』 と心得ていた 『昭和のおっかさん像』 を見事に綴った秀作でございます。

昔の 『おっかさん』 は、事有るごとにセガレの横面をひっぱたき、外へ追い出し、暗くて寒い物置小屋に閉じ込めて鍵を掛け…。
雷オヤジほどではないにしろ、それはもう怖い存在であったことは言うまでもございません。

ただ、泣くのですね…
最愛のセガレを叩きながらも、外へ追い出しながらも、そして 鍵を掛けた物置の外で、セガレの泣き音に合わせる様に、一緒になって泣くのです。

『おっかさん』 がセガレの横面を叩く時、一緒に 『しかめっ面』 をしながら叩きます。
『おっかさん』 にとりまして、セガレを叩くということは、すなわち自分が叩かれるのと一緒なのです。

痛い思いをする時に、一緒になって 『しかめっ面』 をしてくれるのは、この世の中でただ一人、母親をおいて他にはおりません。

昨今の母親たるもの、異常なまでに我が子をかくまい、ペットのごとく猫なで声で可愛がり、まず 叩くようなことなどいたしません。

今後、日本国の将来を背負って立つ身でありましょう、東京大学の新入生ですら、入学式に母親と手を繋いで出席するザマが、TVで全国的に放送される時代でございます。

母子であり、友達であり、時には恋人であり…
はたして それが理想の母子像であるといえるのでしょうか。
私にはどうしても理解することができません。

昨今の日本国には、優しい 『おかあさん』 や、愛くるしい 『マミィ~』 は沢山存在いたしますが、おっかない 『おっかさん』 が消滅してしまった感は否めません。

男の子が 『真の魂』 を引っこ抜かれてしまった日本の子…
その根本的たる原因が、そこにあるような気もいたします。

勿論、度を越えてはいけませんが…
親が愛情教育の意味で、自分の子供を叱って叩いて何が悪い!

私は嬉しかった…


 by 桜川


◎本サイト『雑草ポエム』はこちらから↓(トップページ)
http://www18.ocn.ne.jp/~benizaku/

◎ ここでいただきましたコメントは、『雑草ポエム掲示板』へ転記させていただきます。
『雑草ポエム掲示板』↓
 http://www4.rocketbbs.com/141/248558.html
(個人専用アイコンをお作りいたします)

◎ 雑草ポエムでは書くことのできない桜川の本音日記
『桜川の散歩道』
http://13177192.at.webry.info/


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる