FC2ブログ

ウ・カ~ル


12月ともなりますと、いよいよ年明けのセンター試験等に向けまして受験生たちがラストスパートを仕掛ける時期でございます。

わが日本も少子化問題が頻繁に取り上げられており、そうした意味では我々の時代よりは希望する学校へ進学できる確立が高くなっているはずなのですが、やはり人気の名門校ともなりますと、例年と変ることなく激戦になることは間違いのないところでございます。

以前、私の姪っ子がセンター試験に挑みます際、事前に 『何か買ってほしいお守りのような縁起物でもあるのか?』 と聞いてみました所、『ウカ~ルが食べたい・・・』 と言われて驚いたことを思い出します。。

『ウカ~ル』 とは、昔ながらの銘菓 『カ~ル』 の袋を 『御守り』 仕立てに印刷し、縁起を担いで 『受か~る=ウカ~ル』 と称して期間限定販売されているアイデア製菓でございます。

私は 『神田明神の御札』 でも買って来いと言われるとばかり思っておりましたが、隣のコンビニで用が足りましたので助かってしまいました。

最近はカ~ルのみならず、こうしたアイデア商品は多くなりました。
製作スタッフの悪知恵には頭がさがります。

大学入試…
もう25年以上も昔の話でございますが、高校入試の時ほど深刻には考えておらず、仮に落ちても浪人すればよいといった安易な気分でおりましたので、受験勉強というものに対しまして、私は辛かったという思い出など微塵にもございませんでした。

しかし、高校時代の学友と3人で同じ大学を受験し、連れ添って見に行きました合格発表の日、その中の1人だけが不合格となっていたのです。

合格ボードに掲げられた自分の受験番号を確認した私ともう1人は、思わず歓喜の雄叫びをあげて喜びまくってしまいましたが、もう一人は黙ってうつろな目をしておりました。

私はその時、何の言葉も見つからず、何をどう話せば慰めになるのか…、どう話を切り出せば彼の心を傷付けないで済ませることができるのかまったく判らず、ただ黙っているだけでしたが…。

帰りの電車では互いに席を離れて座り、ほんの短い時間ではございましたが、胸の詰まるような思いで心が苦しかったということを、今でも脳裏に焼き付いていて離れません。

私が抱きました、受験戦争というもので、唯一の辛かった思い出でございます。


 by 桜川
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる