FC2ブログ

力石 徹 (美しき狼たち)


ボクサーとは 天涯孤独なランナーでございます。

勝たねば生きることができず・・・負ければ明日の飯にもありつけないという、そうした極限の精神状態で戦うもの。

『敗者には何もくれてやるな』 という掟の中で、死力を尽くして打ち合う競技・・・ボクシング。

時代は移り変わり、裕福となった日本人ボクサーが世界を制して頂点に達するのは並大抵のことではないでしょう。

記者会見場で堂々と肉を喰らい、散々マスコミに持ち上げられて有頂天となっている 『馬鹿なサル男(亀田兄弟)』 が、今でもまだ話題になっておりますが、ああいう狂いきった偽者ヒーローを作り出してしまったのは日本国であり、こんなイカれた連中に真の拳闘(プロボクシング)を語る資格など何所にも無いと思っております。

かつて・・・
過酷な減量に耐え抜き、それこそ骨身を削ってウエートを落とし、短期間でライト級からバンタム級まで下りて来て、無言のままに命を賭けて戦った男のドラマがございました。

その男の名は 『力石 徹』

ことわざに 『弱い犬ほどよく吠える』 という格言がございますが、この力石徹は口を開かず、無言のまま相手(矢吹丈)のアゴを狙い続け、ひたすら打って打って打ちまくりました。

動きは激しく、心は冷静に・・・
フィニッシュショットとなったであろう 『アッパーカット』 が相手のアゴに炸裂しようとした瞬間、『カァ~ン!』 とラウンド終了のゴングが鳴り響き、アゴを打ち抜く寸前で ピタッと寸止めをした力石 徹。

結果的にこの行為が自らの命取りになったわけですが、その魂に多くのファンが共鳴し、漫画の世界としては異例の 『告別式』 まで行うことになったのです。

相手(矢吹 丈)を葬り去り、リング場で見下ろしながら ようやく満足そうに口を開いて発した言葉が・・・

『終わった… 何もかも…』


 by 桜川


◎世界で一番短いドラマ『雑草ポエム』はこちらから↓(トップページ)
http://www18.ocn.ne.jp/~benizaku/

◎ここでいただきましたコメントは、『雑草ポエム掲示板』へ転記させていただきます。
『雑草ポエム 掲示板』↓
http://www4.rocketbbs.com/141/248558.html
(個人専用アイコンをお作りいたします)


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる