FC2ブログ

さようなら 雪だるま・・・


春とは実に不思議な季節でございます。

厳しい寒さの冬を乗り越え、ようやく春の日差しを全身に浴びる喜びの季節でありながら、同時に卒業などの別れで悲しむのも、やはり春。

終着駅は始発駅…
そんな思いを感じる季節が 『日本の春』 そのものでございます。

友達のいなかった頃の寂しい心の少年時代、私は庭に降り積もった雪を丸め、一人で小さな雪だるまを作ったことがございます。

チビで不恰好な雪だるまでも、その時ばかりは私にとりまして唯一の話し友達。

何を話しても聞いてくれ、自分の全てを受け入れてくれ、いつも優しく微笑んで、鍵っ子の心を和ませてくれた雪だるま。

名前はそのまま 『雪だるま』。

炭の目鼻が動き出し、悲しい時には泣いて見え、楽しいときには微笑んで、ひとりぼっちの私の心を和ませてくれた雪だるま。

いつしか情が芽生え始め、かけがえのない家族となって、大切にしていた雪だるま。

しかし…
やがて春が遣って来て、日に日に溶けて変形してゆく雪だるまを見るのが悲しかった…。

溶けないようにと泣きながら、真っ赤になった手のひらで押えても、押えたところが逆に早く流れ落ち、やがて手が落ち鼻が落ち、眉毛がハの字に変わったら、雪だるまさえも泣いて見えた…。

『もう お別れだね…』

出会いがあれば別れもある。
出会いは嬉しく、別れは悲しい。

私がペットを飼わない最大の理由といたしまして、必ず訪れる死別という現実が恐ろしい(悲しい)からでございます。

生物のみならず、情が移れば雪だるまとて同じこと…。

この3月には悲しい別れの思い出が沢山ありすぎて辛いです。

凍り付いた恋のかけら…

冷めた心に 突き刺さる…

明日(18日)は私の父親の命日でもあります。

 by 桜川


◎世界で一番短いドラマ『雑草ポエム』はこちらから↓(トップページ)
http://www18.ocn.ne.jp/~benizaku/
◎ここでいただきましたコメントは、『雑草ポエム掲示板』↓へ転記させていただきます。
http://www4.rocketbbs.com/141/248558.html
(個人専用アイコンをお作りいたします)
◎桜川の本音ブログ『べにざくら』↓にも遊びにいらしてみてください。
http://be239ra.blog81.fc2.com/

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる