FC2ブログ

ストリート・ミュージシャン


春は週末の夜ともなりますと、主要駅の周辺にストリートミュージシャンがあちらこちらに出没いたします。

一時期のようなブームの頃に比べますと、随分とその数が減ったように思えますが、駅によっては今でも多くの若者が歌っており、道行く人々は横目で流しながら足早に去って行ってしまいます。

以前、京急川崎駅の周辺で仕事の関係者と待ち合わせをしていた時の話ですが、この時はこの周辺だけでも数十組のストリートミュージシャンが演奏し、好き勝手に歌っておりました。

私は声を張り上げて歌っている若者の前に座って待っているのが実に苦痛でしたので、あちこち座るところを探しましたが、どこに行っても誰かが歌っている状況…。

そうした中、まだ見た目は十代半ばの女の子が1人、アコースティック・ギターで歌っているのを見つけますと、私はその場に思わず足を止めてしまったのです。

音楽的にはまったくのド素人の私ですが、しばらくその近くに居座りまして、彼女の歌を黙って聴いておりました。

なぜなら、彼女が一番まともであり、生き抜こうとする雑草魂を感じられたからでございます。

女性がマイク無しで歌っておりますので、周囲の喧騒に歌声が聞こえなくなる時もあり、彼女の歌を聴いている人は私以外にはおりませんでしたが…

他の連中は自己満足の快楽に酔いしれているかのように、ただ声を張り上げてパフォーマンスを繰り返しているだけでしたが、彼女だけは 『人に聴かせよう・人に聴いてもらおう』 として歌っているように感じたのです。

99パーセントの通行人に無視をされると解っていながら、残りの1パーセントに賭けるがごとく、行き交う人間の一人ひとりと目線を合わせながら魂込めて歌っている。

『聴いてくれてありがとう…』
そういう姿勢は本当に素晴らしいと感じました。

酔っぱらいが駅で大声を張り上げて歌っていると嘲笑をかいますが、現代の多くのストリートミュージシャン(特に若い男性)は、この程度のレベルと変わらないような気がいたします。

人前でやるなら当然必要以上の練習が必要ですし、聴いてもらおうという努力があって然るべきだと思うのです。

自分自身に酔いしれて、ただ快楽に浸っているだけのミュージシャンなど、ただうるさいばかりで迷惑千万!

年寄りの偏見なのかもしれませんがね…。

 by 桜川


◎世界で一番短いドラマ『雑草ポエム』はこちらから↓(トップページ)
http://www18.ocn.ne.jp/~benizaku/

◎ここでいただきましたコメントは、『雑草ポエム掲示板』↓へ転記させていただきます。
http://www4.rocketbbs.com/141/248558.html
(個人専用アイコンをお作りいたします)

◎桜川の本音ブログ『べにざくら』↓にも遊びにいらしてみてください。
http://be239ra.blog81.fc2.com/


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる