FC2ブログ

政治家の子供…(世襲問題)


【雑草ポエム】より

おバカな日本の政治家大先生たちが、またいらぬことで揉めております。
それは、世襲議員を全面的に否定するような声が出た…ということでございますが…

自民党内で世襲を制限しようという声が挙がり、賛成派や反対派の激しい綱引きが行なわれておりましたが、どうやら反対派の方が優勢になっているようでございます。

まぁ、何しろ現職の多くが世襲議員でございます故、自らの存在を否定されているようでアレルギー的に嫌悪している議員もいるようですし、小泉元首相の息子という当選確実の人を手放すなんてできないという戦略的に反対している人もいるようでございます。

私といたしますれば、正直申し上げまして『世襲』というものに対しまして良いイメージを抱いておりませんが、世襲そのものに関してましては特に悪いことだとは思っておりません。

しかし政治家の世襲に関していうと、世襲議員には三バン(地盤、看板、カバン)が予め揃っていて、一般の候補者よりも有利な面があり不公平感が残りますので、まずはここを是正して一般候補者と同等のスタートラインに立つようにすれば、私は何ら問題はないだろうと思っております。

世襲議員はお坊ちゃんだからダメだとか、世襲議員は世間を知らないといった批判もございますが、これらは客観的な根拠がなく言いがかりに近いものであり、当たり前ですが人によって個人差というものもございましょう。

私が問題視する『三バン』とは…
①地盤=後援会や所属団体など支援手くれる組織
②看板=知名度のことで、議員の息子であればそれだけで知名度が高い
③カバン=選挙資金のこと
の 3つになります。

政治家にはこれが重要で、この3つをどれだけ強固にできるかが、政治家の力に直結すると申し上げても過言ではございません。
世襲議員の多くは若い頃から父親の公設秘書を勤め、後援会にも頻繁に顔を出して交流し、選挙活動にも帯同するので地元の知名度も上がります。
当然ながら選挙資金も無税で相続することが可能ですから、一般の候補者よりも選挙で大きなアドバンテージを持っている…ということになります。

選挙資金に関してましては税法を改正すれば済む話ですし、アメリカのように公設秘書に血縁者を雇用する事を禁じれば、地盤の問題も和らぎます。
看板に関しましては、芸能人のように突出した看板を持っている人もおりますので安易な締め付けは難しいと思いますが、『世襲を禁止する』などといった単純かつ乱暴な方法よりも、制度を見直していけば不公平感は薄まってくると思うのです。

政治家の子供や孫というだけで、政治家になれないとなると職業選択の自由に反してしまいますし、極論が平気で飛び交う事が異常に感じてしまいます。

世襲議員というのは、例の政治家の庶民感覚の話とリンクしているのでしょうか?
政治家全員が庶民感覚の人だったら、それはそれでまた問題であり、それこそ世界から見放されてしまうことにもなりかねません。
世襲議員も含めて、国会にはいろいろなタイプの政治家がひしめき合っている方が健全に感じます。

あっ…
しかし、私は世襲が大嫌いです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる