FC2ブログ

茜雲(あかねぐも)26年目の夏


【雑草ポエム 第519話】

今日は8月12日…
26年前の『あの日』も、やはり暑い一日でございました。

私は今年の6月5日、日航ジャンボ機墜落の現場である、群馬県の『御巣鷹の尾根』へ慰霊登山に行きました。

フォト

その時の旨を、我が『雑草ポエム』の第500話達成記念作とし、4部作として認めましたところ、閲覧してくださいました皆様方より多くのコメント(延べ117名によるもの)を賜ることができ、私は今でも大変嬉しく思っております。

↓茜観音(あかねかんのん)

フォト

この観音様は尾根の頂上部(墜落地点)にあり、大勢の犠牲者を出した『すげの沢』を見下ろすように、一人静かに立っております。

なぜ、この観音様は『茜観音』と名付けられたのか…

それは、墜落した当時の時刻と気象状況、及び乗客が機内から撮影した空の写真とを照合し、犠牲者が(飛行機の窓から)見た生前最後の風景が、オレンジ色の美しい『茜雲』だったという理由から、その名が付いたと申します。

↓ここに、『茜雲』という本がございます。

フォト

遺族たちは、肉親の死を受け入れられず、年に1回『愛するあなたへの手紙』という形で悲しみを綴り、それを『茜雲』という本にまとめたものでございます。

『亡くなった命に対し、私達のできることは何なのか…』
『同じ思いを誰にもさせたくない…、それが亡くなった方への敬意を表すことになるのではないでしょうか』

この『茜雲』には、事故を風化させてはならないという遺族の強いメッセージが込められております。

===============
以下、【茜雲】より抜粋。

(遺族Aさん)
『わが娘の遺体を探し求め、やっとそれらしい真っ黒な両手両足と、頭部の欠損した遺体が、愛するわが子と認められることになりました。あまりの変わり果てた娘の姿に一気に悲しみが胸にこみ上げました。こんな悲惨な惨い姿になってしまったとは…』


(Kくん母親)
『あの子と別れた3日目の朝、急斜面を這うように登りました。リュックには、子どもの着替えと山靴、雨合羽を入れていきました。山頂は地獄絵でした。炎上してまだ熱い機体を見て、生きているかもしれないという最後の望みの糸が切れました。遺体が見つかる日の前の晩、夢を見ました。あの子の体がそのまま空に登り、星になっていく夢でした。遺体が見つかりました。焼けた123便の座席12Kと書いているワッペンと、小さくないイボのある右手だけ、顔も左手も足もありませんでした。でも、やっと会えた。もう一人にはさせないよと心で叫んでいました』


(2家族を失った祖母)
『みんなで山も楽しいでしょうが、お部屋もきれいに掃除してあなたたちの帰りを待っていますよ。お勉強も大分遅れたのね。遊んで疲れたらすぐ帰ってね。こんど帰りは世界一強いジャンボ機に乗って美しい大阪の夜景を眺めながら、お友達に楽しくお話ができるように墜ちてもこわれない飛行機を作ってもらって、あなたたちを必ず迎えに行って頂くよう、おばあちゃんから日航のおじさんたちにしっかりとお願いしておきます。悲しいお友達を増やさないためにもね。それまで待っていて。そして、少しでも早く帰っておいで』

===============

昨年、経営破綻をした日航は経費削減のため、人員削減、整備費削減、整備工具節約などを銀行に提示いたしましたが…、なんと愚かなことでございましょうか。

日航の人命無視の利益優先経営体質と、それを保護する日本政府への怒りを体の隅々まで感じる思いでございます。

安全のための設備費を削除するより、遡って責任を果たすべき日航内部の人間が数多くいるはずではないのでしょうか。

既に、日航機123便墜落事故の責任は、誰も罰せられることなく不起訴となっております。

ご遺族の方で、『日航だけでなく、国にまで、二度殺された気がします』と、涙ながらに仰る方がおりました。

日航は、一度目の事故の多くの命は救えませんでした。

しかし、事故の後、日航自身の手で殺した二度目の命はまだご遺族の元に返せるはずでございます。

ご遺族に対し、『なぜ、死んだのか』という問いを明確に答えていただき、それぞれのご遺族の元に犠牲となった方々を、2度目はしっかりと送り届けられるようにしてほしいと願います。

フォト

犠牲者の…
これがこの世で見た最後の風景、茜雲とは…

by 桜川


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる