FC2ブログ

腰パン騒動・国母斬り!


【雑草ポエム 第369話】

盛大に幕を開けました冬季オリンピック…
しかし、開幕早々に発生いたしました国母選手の『服装問題』が、今でもあちらこちらで騒がれているようでございます。

スノーボードの五輪代表選手となっている国母選手が、日本代表の公式スーツを腰まで下げてズボンを履き(いわゆる腰パンスタイル)、ネクタイをゆるゆるにして着ていたことで、抗議が殺到したという件でございます。

世界からバッシングを受けた国母選手は、それなりに反省の弁を述べていたようですが、その言い方からは到底反省したとは思えない様子であり、さらなる怒りを買っているようでございます。

この件を述べるにありまして、まず最初に断っておきたいと思いますが、私は国母選手の服装は注意されてしかるべきだったと思っております。

そもそも日本国の代表といたしまして『公式スーツ』を身に着けたわけですから、国の代表らしい威厳というものを大いに持つべきだと思いますし、代表のユニフォームを一部で流行っている着こなし方で着崩すといのは相応しくないと、私は日本人といたしまして強く思ってしまいました。

どんなに陽気なアメリカンでも、常識ハズレの北朝鮮の選手団でも、国の定める公式スーツを着崩してパンツを出し、ズボンの裾で地球を掃除しながら参加してくるようなバカはいない。

その昔、意味不明としか言いようのない奇抜なファッションで帰国していたサッカーの中田英寿氏も、日本代表の公式スーツはビシッと着ておりましたし、そういう意味でも彼はプライベートとオフィシャルなシーンをきっちり分けていた素晴らしい選手であったと思います。

それにいたしましても…
今回の国母選手の騒動を見ておりますと、オリンピックは最高峰の大会だという前提で話している人と、オリンピックはいくつもの大会の一つだという人との『意識のギャップ』というものが、何所かに存在するような気がしてなりません。

これはあくまで私の個人的な意見なのですが…
国母選手は今年のエックスゲームズで3位に入っておりますので、『銀メダルは確実だ!』などとカナダのメディアでも報じられているようですが、今の彼の様子から察しますれば、『オリンピックはさっさと終わらせよう…』と思っているようにも読み取ることができます。

万が一、彼が手を抜いて予選落ちしたといたしましても私は全く驚きませんし、なんとなくそうなるような気がしているのは恐らく私だけではございますまい。

by 桜川
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる