FC2ブログ

処女と少女と娼婦に淑女


【雑草ポエム 第393話】

♪ How manyいい顏~ ♪
タイトルを読み、↑思わず郷ひろみチックに口づさんでしまった方は、まぎれもなく昭和の時代に青春期を過ごしてこられました者同士でございましょう。
(時として例外も…?)

この曲が流れておりました時、私はまだ高校に進学したばかりのハンパ者。
怖いもの知らずのこの頃では、尊敬する作詞家『阿木曜子さん』の世界など理解できるはずもなく、単なる人気アイドル歌手の歌謡曲といたしまして適当に聴き流していた記憶がございます。

フォト

私には二つ違いの姉がおりますが…
この姉貴、当人が学生時代に最も憧れておりましたアイドル歌手が郷ひろみさんでございました♪

百恵ちゃんファンの弟(私)とは何かにつけて意見が合わず、TVドラマでも『ムー一族』vs『赤い疑惑』の大バトル!

当時、一家に一台が当たり前でしたTV事情もございまして、チャンネル争いでは熾烈を極め、寄れば触ればケンカ・ケンカの大騒ぎ。

親は呆れるばかりでございましたが、典型的な娘(姉)贔屓の父親に『やかましい!』と一喝され、最後は決まって(私だけ)ポカリと殴られて終わるという、実に悲しい少年時代でございました。

姉と私…
顔は似ているかどうか解りません(ということは似ていない)。
姉は美男の父親似ですが、私は残念ながらの母親似。
姉は秀才、私は凡才。
姉はB型、私はO型。

寅(昭和37年生)と辰(昭和39年生)ではライバル同士になりやすく、顔を合わすのも嫌な時期(学生時代)がございましたが…

おかしなもので、初めてフィアンセを紹介されたときには唖然茫然の立眩み。
相手(義兄)に対し、妙な嫉妬心が湧いてきたのは確かな事実でございます。
ま、今となりましては微笑ましくも懐かしいワンシーンでございました。

そんな姉貴…
若くして旦那(義兄)に(病気にて)先立たれましたことは不幸な出来事でございました。

が…
2人の娘たちも無事に成人するに至りまして、最近では第二の青春を謳歌するかのごとく、本当に色々な顔をするようになったな~…と思うようになりました。

姉とは申せ、女性であることには変わりません。

本当に女性とは摩訶不思議…。
処女と少女と娼婦に淑女(How manyいい顏)と、色々な表情を魅せながら、本日もご自慢のモンローウオークにて、タッタと出掛けて行きました。

まぁ、間違っても処女と娼婦はないでしょうけれど…
弟でも、時たまドキッとさせられたり。
まったく変なオンナです。

そんな姉貴も、今年で48歳を迎えます。

ん~…
誰か、もらってやってくれね~かな(涙)

by 桜川

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる