スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビルと都庁と 織田信長

【雑草ポエム 第695話】

昨日、私は西新宿の高層ビル群の中におりましたが、子供の頃に、そこに聳え立つ三井・住友という(当時としては)巨大なビルディングを生れて初めて見上げた時の恐怖感を、何の気なしに思い起こしておりました。

1_2014071421084685a.jpg


東京は怖い…
この巨大なビルディングに、小さな自分が呑み込まれてしまうような錯覚。

『サライ』という名曲ではございませんが…
この街で夢追うなら、もう少し強くならなければ、時の流れに負けてしまいそうで…と、若い頃は大東京を相手取り、とにかく必死に生きておりました。

3_201407142108465e5.jpg


そんな私も49歳。
これは、戦国時代の三英傑『織田信長』が、今一歩というところで天下を獲り損ね、『本能寺の変』にて自刀を余儀なくされた年齢でございます。

私は、この織田信長の戦略そのものが好きであり、特に『桶狭間の戦い』におきまして、2万5千の兵を従える今川勢の中枢を突き抜け、『気を緩めるな! 一気に決着を付けよ!』と、僅か2千足らずの兵力で『今川義元』の首を討ちとった速攻力&実行力には感服するばかりなり。

私は思いました。
例え相手が巨大なビルディングでも、中枢を一気に付き抜ければ、絶対に倒せぬ相手ではない、大東京などおそるるに足らず!

いっそのこと、この東京都庁の中に潜り込み、変電室のVCB(高圧遮断機)を『ドン』と落して参ろうか…などと、くだらぬ妄想をしながら歩く、何とも平和な日曜日でございました。

2_20140714210845080.jpg


織田信長公は、本能寺の変で自刀する際、こう述べたそうな。

『我ながら あっぱれな人生であったわ!』


私も…

同じ事を口にしながらこの世を去りたい。



by 桜川


スポンサーサイト
プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。