スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の中の玄太(坂口良子)

【雑草ポエム 第683話】

昨日、島倉千代子さんの訃報を耳にいたしまして、また一つ 大きな『昭和』が消え去って行く淋しさというものを、何気に痛感している私でございます。

思いますれば、今年も数多くの巨星が他界なされてしまいましたが、そうした中で、私が最も無念に思いましたのが、女優の『坂口良子』さんの死でございました。

個人的には、山口百恵さんに次ぐ憧れの女性像であり、可愛らしい容姿に似会わぬ、芯の通った(ある意味)男気のある独特の台詞の吐き方に魅了され、彼女が出演するTVドラマは、毎回欠かさず見るようになっておりました。

主演デビュー作の『アイちゃんが行く』を筆頭に、数多くの作品に出演しておりましたが、私が最もハマり役だと思いましたのが『池中玄太80キロ』(西田敏行主演)の暁子(アッコ)役でございます。

アッコは、純な心を持ち続ける『池中玄太』が好きでしたし、坂口良子という女性本人も、屈託のない池中玄太を心の底から愛しておりました。

ドラマの『さようならスペシャル』におきまして、ラストを締めくくったのは主役の池中玄太ではなく、妻となったアッコ自身でございました。

ワープロに向かって打ち込んだ文章のタイトルが…『私の中の玄太』。

その想いを綴る文章の一つひとつに、彼女の優しさや厳しさが随所に込められ、カチンコが鳴り終わって素に戻った時のセンチメンタルなイメージが、女優 坂口良子の最大の魅力であると、私は強く思っております。

後に、彼女が再婚相手として『ジェット尾崎』を選んだ理由は、『池中玄太に近い心を持った人だから…』と、胸を張って言いきる姿を忘れる事ができません。

img_343924_63553502_0.jpg


まさか、結婚後1年足らずで他界なされてしまうとは…。

享年57歳とは、如何にも無念でございます。




昭和は 遠くなりにけり…

純な心の『池中玄太』は、今では通用しますまい。

あの『坂本金八』先生ですら、少年の心に届きますまい。



もしもピアノが弾けたなら…

弾けたなら…

弾けたなら…


by 桜川



スポンサーサイト
プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。