スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必殺? 仕分け人


【雑草ポエム 第354話】

民主党が主体となって行っております『事業仕分け』でございますが、その様子が連日のようにテレビで放送されることによりまして、私たち国民の関心を大いに集めております。

全体を通して見て思ったのですが、役所の方がそれなりにキチンと説明できているものとできていないものがございます。

特に女性のタレント議員に突っ込まれ、タジタジになっているような姿を見ておりますと、いったいこの代表者の方々は何を説明しにこの場へ出てきているのかまったく理解できなくなってしまいました。

『どうして1位でなくてはいけないのですか? どうして2位ではいけないのですか?』
これは次世代スーパーコンピューター開発についての苦言でございます。

私は同じ研究家の技術屋といたしまして、これが最も腹の立つ質問でございましたが、これにつきましても文科省の代表ですら明確な回答ができないのですから情け無い話でございます。

どのような世界におきましても共通して言えることなのですが、1位を目標に死力を尽くすからこそ2位を保持することができるのであり、それを最初から2位を目標に掲げていたのでは到底世界レベルの上位では通用しないという現実に、あのTVカメラばかりを意識しているタレント議員は気が付いておりません。

ああした口八丁を相手に口喧嘩で勝てとは申しませんが、せめて 『世界一の座を取り返す』ということ以外に、それが何に役立ち、その結果どのような利益が国民にあるのだという事をしっかりと説明してほしかったと思います。

それにいたしましても今回の試み…
事業仕分けそのものには法的拘束力がないのですから、カメラを入れてワーワーやるのはパフォーマンスの域を出ないとは思いますが、それなりに意味があったように思っております。

テレビカメラを入れて公開したことで、密室の駆け引きがなくなりましたので族議員の変なプレッシャーがかかりにくくなり、その結果赤裸々な(ある意味みっともない)議論が展開されたのはとても大きな収穫だったと思います。

この事業仕分けを見ておりまして、これまでの予算というものは業界と族議員が手を結べばなんとなく通ってしまうものであったと確信しております。

勿論、この両者が手を結ぶ事がダメというわけではなく、手を結んで予算を要求する中におきまして、納税者の利益まで視野に入れておけば訳のわからない要求にはならないはずですし、今回のような必殺仕分け人の手厳しい追及にも毅然として反論できたはずでございます。

とまぁ、色々と言いたい事は尽きませんが、私は最後にこう言いたいです。

こんなこと、なんで自民党が与党の時にやらなかったの?

by 桜川

スポンサーサイト
プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。