スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この子を殺すな!(前篇)

【雑草ポエム 第696話】

日航ジャンボ機墜落事故から29年目の夏…
私は今年も『慰霊の園』へ足を運び、520もの御霊を前に、静かに手を合わせて参りました。

2_2014082421395474b.jpg


『供養塔』は墜落現場の方向を向き、両手を併せた形となっております。

3_20140824213954039.jpg


犠牲者の名前が刻されている慰霊塔ですが…

4_2014082421395395e.jpg


まだ名も無く、胎児の状態で母親と共に犠牲になられた母子もおりますので、実際には521人の犠牲者であったと、私は強く思っております。



私は小雨降る上空を見上げます。
あの日、この空で…いったい何が起こったのでございましょうか。

29年前の8月12日、午後6時56分に、この地で物凄い大事故が発生したのは確かな事実でございます。

そこには、折れた機体の後部座席が『スゲノ沢』へ滑り落ち、爆発炎上の被害を逃れた多くの生存者達がおりました。

泣き叫ぶ子供の声や、苦しみ呻く大人の声等、そこには必死に『生きよう』としている沢山の命があったのでございます。

空は、日没直前の『あかね雲』が辺りを柔らかく照らしており、この狭い国土の日本列島、決して捜索できぬ環境ではなかったはず!

しかし…
待てど暮らせど救助は来ない。

いや…
1台の捜索用ヘリがプルプルと音を立てながら旋回し、そのまま引き返して消えて行ったという証言がございます。

これは自衛隊や消防庁ではなく「米軍」の救出部隊であったとのことですが、日本政府からストップがかかり、やむなく引き返してしまったという事実が明らかになったのは、まだ最近のことでございます。

全身に重傷を負いながらも息衝いている、若干12歳の女の子は… そのまま気を失ってしまいました。

(後篇へ続く)


スポンサーサイト

続・ボイスレコーダー (慰霊の園)

【雑草ポエム 第678話】

本日、私は御巣鷹山の麓にございます『慰霊の園』へ行って参りました。

1_640_20130815061902da3.jpg


12日は遺族や関係者でごったがえしていたはずの慰霊の園も…
↓本日は閑散としたものでございました。

2_640_20130815061901131.jpg


↓この慰霊塔は、手を合わせた形となっており、正面の方角が墜落現場に当たります。

3_640_20130815061901bef.jpg


↓どうか皆さま、私と共に空の安全を祈ってください。

4_640_20130815061900b99.jpg


↓私は遺族ではありませんが、黒ネクタイに黒スラックスの正装で手を合せました。

5_640_201308150619006a1.jpg


↓犠牲になられた520名の名碑が刻まれておりました。

6_640_20130815061859fd9.jpg


↓この静かな山に散った尊い命を思いますれば…

7_640_20130815061642f51.jpg


↓当時の貴重な資料を展示してあるゾーンへ入りますと…

8_640_20130815061637b5c.jpg


↓沢山の写真や書物が所狭しと…

9_640_2013081506163729a.jpg


↓こうした資料を見る度に、心が締め付けられる私です。

10_640_20130815061636bf1.jpg


↓灼熱地獄に、千切れて腐乱した遺体を前に戦う地元の消防団に涙が…

11_640.jpg


↓坂本九さんのCDも…

12_640.jpg


↓オレが書かなければ誰が書く…、オレが訴えなければ誰が言うのだ!

13_640.jpg


↓安らかにお眠りください…

14_640.jpg


↓心のともじびは永遠なり…

15_640.jpg


オレは来年も書くぞ。

書き続けるぞ。

オレが書かねば、誰が書くのか。


上を向いて歩こう

by 桜川


ボイスレコーダー(日航機墜落事故から28年)

【雑草ポエム 第677話】

1985年(昭和60年)8月12日(日航ジャンボ機墜落)から、もう28年もの歳月が流れました。

1_20130811215433d53.jpg


航空機事故といたしまして、520人もの死者を出す史上最悪な歴史を作ってしまった事に対し、遺族や他の日本国民はもとより、世界中が注目しておりましたのが『事故原因の究明』であり、クルーのやり取りを記録した『ボイスレコーダー』の解析結果でございました。

検証に要した日数、たったの4日間…

翌日の新聞紙面に注目されるボイスレコーダーの解析結果が載りましたが、大きな文字で機長の発した言葉が2つ、漫画チックな雲マークの中に書かれているだけでした。

高濱機長が発した、その2つの言葉とは…

『これはダメかもわからんね…』
『ど~んといこうや!』

この言葉の主旨も解らず、前後の状況の説明もございませんでしたので、コレを棒読みした国民は怒り心頭、機長の怠慢が原因でこの事故は起きたのだと非難轟々、そのやり場のない怒りの矛先は全てキャプテン(高濱機長)に向けられてしまったのでございます。

しかしこの時、まだ我々は何も知らなかった…。

自らの責任逃れを迅速に図りたい日航側と、アメリカにご機嫌をとりたい国家権力による陰謀であったということを、国民は誰も知る由もなかったのでございます。

2_20130811215432f8f.jpg


マスゴミを自在に操り、全てを機長の責任にしてしまえば…それで手打ちとなる。

こうしたいい加減な原因究明・責任所在の曖昧さを残した公式発表は、何の罪も無い方々まで不幸にしたのでございます。

大切な夫を失い、自らも『遺族』という立場である高浜機長の未亡人と子供達…

この方々への嫌がらせはすさまじく、想像を絶するような悲惨な日々を送ることになったのでございます。

『500人もの人を殺しておいて、お前ら(機長の遺族)は、よくおめおめと生きていられるな』

このような類の嫌がらせ電話や投石、罪の無い子供たちへのいじめ行為等々、それこそ連日連夜、毎日何十回も、何年間も続いたのでございます。

未亡人や家族の精神的苦痛は察するにあまりある。

そもそも事故の根本的原因は分かっておらず、機長の操縦ミスであるなどという報告は一切無かったにも関わらず…、よしんば、万が一、機長に責任があったといたしましても、機長の奥さんや子供達に、いったい何の責任があるというのか。

人間とは、なんと卑怯な…

ただでさえ、悲嘆に暮れているパイロットや乗務員の家族に対し、自分の名は名乗らずに嫌がらせの電話をするなどという卑劣な行為は、断固として正当化出来るものではございません。

しかし未亡人は、高濱機長が生前…『飛行機で起きたあらゆることの最終責任は、機長である自分にあるのだ』…と何度も言われており、(パイロットは皆、その覚悟で操縦桿を握るわけです)誰に何を言われましょうとも一切口答えせず、只ひたすら『申し訳ありませんでした…』と、気丈に繰り返し続けていたのでございます。

何年も… 何年も… 何年も…


事故調査委員会から発表された最終的な事故原因は『圧力隔壁破壊』…、しかし、その単純な最終結論には多くの専門家が首をかしげたのでございます。

何かが隠され、隠ぺいされようとしておりました。

高濱機長を良く知る元日航パイロットの藤田日出男氏が、高濱機長の無念さや残されたご家族の心情を案じ、日航側の隠ぺい工作を暴くために各種の資料を収集し、独自に事故原因を追究しておりました。

3_201308112154324d0.jpg


そこへ…
ついに藤田氏の元へ(事故調からの)内部告発者があらわれた事によりまして、それまで隠されていた証言が、事故の真相と隠蔽の構図を浮き彫りになっていったのでございます。

それは、貴重な極秘資料と『ボイスレコーダー』が永久処分される直前に、勇気を持ってカバンに詰め込み、藤田の元へ走ったのでございます。

もし、この勇敢な人間が実行してくれなかったら、この日航ジャンボ機墜落事故の真相は永遠に闇の中へ葬り去られていたことでしょうし、きっと同じ過ち(大事故)を繰り返していたに違いなく…。

それを受けた藤田氏は、直ぐに全国の巨大メディアを一斉に動かしました。

4_20130811215431db7.jpg


そして、2000年8月8日…

あの事故から15年もの歳月を経て、初めてボイスレコーダーの音声が公式に報道され、日本の全国民が固唾を飲みながら聞き入りました。

↓まずは、心してお聞きください。



藤田氏は目を閉じ…
『高濱くん…、怖かっただろう…、恐ろしかっただろう…、必ずキミの無念は晴らすからな…』

この、実際の音声が公開された意味は大きかった。

それまでも、ボイスレコーダーに記録された会話を文字に起こしたものは、公表されていたのですが、矢張り文字だけではコクピットの真の緊迫感は伝わらない。

しかし、あの切羽詰まった音声を聞けば、機長、副操縦士、航空機関士の、最後まで全身全霊で、機を何とか立て直そうと頑張っていたことがよくわかります。

5_20130811215430d2c.jpg


後部の水平尾翼が吹き飛ばされ、圧力隔壁が破壊されてオイル漏れを引き起こし、機内の油圧系統が全滅してしまったということは…

車で例えるならば、曲がりくねった急な下り坂におきまして、ハンドルとブレーキがまったく利かず、エンジンブレーキとアクセルワークだけで操っているようなもの。

6_20130811215429bb8.jpg


アン コントロール トラブル…

唯一、動いた機首の上げ下げと、左右のエンジンの出力の差で旋回し、 エンジン出力の出し入れや、ギアダウン(タイヤを下ろす)させることで高度を調整させながら、彼らは30分もの間コクピットの中で戦っていたのでございます。

高濱機長の発した言葉…『どーんといこうや!』は、パニックになっているクル―の心を少しでも落ち着かせ、皆で諦めず頑張ろうという意味であったということが、これを聞いてよく理解することができました。

勇者の内部告発により、明らかになったボイスレコーダー…、これでまず、遺族が随分慰められましたし、何と言ってもコクピットクルーの遺族が一番救われたのではないでしょうか。

16回目の慰霊登山の際、遺族の一人が高濱機長の未亡人を見つけ、こう言いました。

『あっ… 高浜機長の奥様ですね? ボイスレコーダーを聞きました。 機長は最後の最後まで頑張ってくださったのですね。 本当にありがとうございました』

深々と頭を下げる遺族の前で、高濱未亡人はその場で泣き崩れました。

この号泣は、高濱未亡人の15年間にわたる無念が漸く慰められたものでございます。

その後、高濱機長の悪口を言う人はいなくなりました。

お子様たちは立派に成長なされ…

父親を想い、航空会社に就職したそうでございます。

by 桜川



===========================
【隠蔽された真実】(追記)桜川の戯言です。

その脆弱性から目を背けさせるべく発表された見解こそが、123便(8119号機)だけが抱えていた問題、イコール、ボーイング社の修理ミスという内容でした。

ただ、これは『発表』というよりは『押し付け』に等しい。

何しろ、事故調査委員会は僅か4日でそれを発表しておりますし、しかも実際調査したのはアメリカのボーイング社なのですから、いくらでも自らを守る見解が出せるわけです。

そして、その事故調査委員会とは誰が主要になって結成されていたかと申しますと、当時アメリカのレーガン大統領と親密な関係を築きたかった『中曽根康弘(元総理大臣)』でございます。

日航ジャンボ機123便の事故は、『しりもち事故後の修理ミスが原因の事故』とだけ報道され、早期救出の可能性があった米軍ヘリに関する情報や、ボーイング747型機の脆弱性の問題、官民一体経営状態(当時、日航の役員人事は運輸大臣の承認事項)の日本航空の責任問題、などが全て封印された…。

当然、事故そのものは誰も防ぐことが出来なかったかもしれません。

しかし、中曽根元総理は520名もの犠牲者が出た事故の原因究明を『封殺』することと引き換えに、逆に自分達の利権を安定化させ、日本航空(政府の金の成る木)を護り、無傷でアメリカに恩を売る形(日米経済摩擦激化の解消)を成立させたのでございます。

勿論、この事件後、747型機は機体後部の大幅な設計変更を行っている。
(要は設計ミスを認めているということ)

また、刑事事件として有罪になった日本航空の役員は一人もいなかったこと(最終的に不起訴処分)をつけ加えておく必要がございます。

こうして、いつの時代もお上は悠々、馬鹿を見るのは一般庶民ばかりなり…。

あの幕引き…

したたかな中曽根さんの思う壺。



しかしながら…

中曽根康弘と申しますれば、ジャンボ機が墜落した群馬県が御膝元…

7_20130811215335084.jpg


なにかある。
===========================

海は死にますか (其の三)

【雑草ポエム 第669話】(大東亜戦争開戦70年)

※前回からの続きです。未読の方は前々回の(其の一)からお読みください。


遊就館の終わりには、英霊の『みこころ』に触れるエリアがございます。

お国のために散り逝く身でありながら、その実は、違った心境であったということが嫌という程胸に染みる貴重なエリアでございました。

1_20130524175513.jpg


そこには多くの『遺書』(直筆)が展示されており、読まれている方々は老若男女を問わずして、皆 ハンカチで目頭を押さえておりました。

男性は書いた身になって…、そして女性は受けた身になって読んでいたように思います。

2_20130524175435.jpg


私もそうした遺書や遺品に手を合わせ、一つずつ目を通してはみましたが、半分も読まないうちに涙で目が曇ってしまい、どうにも読み切る事ができません。

それでも必死の思いで涙を堪え、最後の展示物 『花嫁人形』まで辿り着きました。

3_20130524175438.jpg


この花嫁人形は…

少年たち、青年たちのほとんどが、妻を娶ることなく、女性を知ることもなく、愛した女性の手さえも握ることなく、国のために死んでいったのでございます。

故に、それを哀れに思った母親や姉たちが、亡き息子に… 亡き弟に…と、花嫁人形を贈ったのでございます。


花嫁人形の下に、母親からの手紙が展示してありました。

==========================
武一よ、貴男は本当に偉かった。

23才の若さで家を出て征く時、今度逢う時は靖國神社へ来てくださいと雄々しく笑って征った貴男だった。

どんなにきびしい苦しい戦いであっただろうか。沖縄の激戦で逝ってしまった貴男。

年老いたこの母には、今も23才のままの貴男の面影しかありません。

日本男子と産まれ、妻も娶らずに逝ってしまった貴男を想うと、涙新たに胸がつまります。

今日ここに日本一美しい花嫁の桜子さんを貴男に捧げます。

私も84才になりましたので、元気で居りましたら又逢いに来ますよ。

どうか、安らかに眠ってください。

有りがとう。

昭和五十七年 三月 二十八日    母ナミ
==========================

壁には戦地で散った若き兵士たちの遺影が…

4_20130524175440.jpg


その多くが十代、二十代という初々しい少年、青年たちの顔が並んでおり、美しい花嫁人形は、その遺影に向き合うように飾られておりました。

若者の遺影の前に飾られている花嫁人形を見ておりますと、私はここまで堪えておりました涙が… いよいよ止まらなくなってしまいました。

彼らの無念さを思うと共に、戦争の無常さに怒りが込み上げ、その場に立ちすくむことしかできません。

国籍を問わずして、我が子が(我が弟が)英霊となった今、せめてものお嫁さんを…という気持ちで贈られたこの花嫁人形を見て、心打たれない人はおりません。

5_20130524175441.jpg


母親の愛は、海よりも深いと申します。

遺書も、やはり母親宛に書かれた物が圧倒的に多く、時代にマインドコントロールされていた時でも、この遺書を書いている時と、上空から敵艦に突っ込む瞬間だけは正気に戻り、『お母さん! お母さん!』と心の底から叫んでいた。

母と子の絆の深さは、良きにつけ悪しきにつけ、父親すら入り込めない奥深い関係があると私は思っております。

マザコンだ…などと下劣な言葉で表す様な物ではないのです。

↓母の像

6_20130524175443.jpg


靖国神社に祀られる英霊 246万6,532柱、そのひとつひとつの御柱に、ひとつひとつの人生があり、親や兄弟がいて、物語がございます。

日本は、靖国をもっと大切にしなければならないと強く思いました。

考えて見ますれば、大東亜戦争は終戦から70年弱しか経っておらず、いまだ『歴史』にはなっていないということに、私たち日本国民は気が付いているのでございましょうか。

『あんなこと、遠い昔の話だった…』などと、間違った認識を持つ若い政治家が何れこの国を支配し、安易に日本国憲法を変えようとされたのではたまりません。


いいか、よく聞け!
戦争は、バーチャルゲームなんかじゃねえぞ!


韓国政府いわく、日本の国会議員が靖国を参拝するのは、韓国に対する戦争挑発行為であり、宣戦布告なのだそうでございます。

あほか?

あの『花嫁人形』で涙を流せた心ある者は、隣国の恫喝を恐れることなど何もなく、堂々と我国の主張を述べ、そして堂々と靖国神社に参拝すればよいのです。

戦争への道に引きずり込もうとする勢力や時代の流れに対しましては、それこそ神経質な程に警戒を強め、そんな狂気の時流を作り出せないようにしていくのが、戦争を知らない私たちの役割であり、英霊に対する恩返しであると私は思っております。


神となられたご英霊

安らかにお眠りください。

反戦、不戦の誓いは眠らせません。


by 桜川



海は死にますか (其の二)

【雑草ポエム 第668話】(大東亜戦争開戦70年)

※前回(其の一)からの続きですので、未読の方は(其の一)から読んでいただくことを望みます。


遊就館におきまして、明治維新~西南戦争~日清戦争~日露戦争~満州事変~支那事変等々、様々な戦争の歴史を再認識するかのように、じっくりと時間をかけて展示物を眺めながら歩きました。

1_20130522171338.jpg


日本が優位に戦争を進めていた頃の物から、空気が一変しましたのが日米交渉~真珠湾攻撃となり、その後の終戦に至るまでのゾーンに足を踏み入れた時のことでございました。

大展示室で二台の『狂機』を目の当たりにした時、私は思わず固唾を飲み、眉間にシワを寄せてしまいました。

↓まず、天井から斜めに吊り下げられた人間爆弾『桜花(おうか)』に絶句。

2_20130522171338.jpg


下から見上げると解るのですが、着陸するための装備(車輪など)がまったく無い事に驚かされます。

これは、海軍空技廠が昭和19年に開発した『第一神風桜花特別攻撃隊神雷攻撃隊』における火薬ロケット推進方式の特攻機であり、いわゆる爆弾に操縦席と翼を付けただけの『人間爆弾』でございます。

↓空母の下に人間を乗せたまま吊るされる『桜花』。

3_20130522171338.jpg


敵艦船の一撃轟沈を目的として製作された必殺必死の特攻兵器であり、敵艦船付近まで母機の下部に吊し、目標近くで母機から切り離され、滑空とロケット推進により敵艦船に人間もろとも突入するという恐るべき飛行機。

↓空母から切り離され、敵艦の心臓部目掛けて突進(自爆)する『桜花』。

4_20130522171337.jpg


この『桜花』という名前が実に悲しい。

ただ…
頭部の爆弾は800キロで、命中すれば一撃で艦船を轟沈させる威力がありましたが、母機もろとも目標地点以前で撃墜される事が多く、戦果はあまりあがらなかったそうでございます。

合計10度に渡る出撃の結果、桜花パイロット55名、その母機の搭乗員368名という、無駄な戦死者を出してしまった大田正一少尉の愚かな発案。

5_20130522171337.jpg


連合国軍はこの兵器を『BAKA BOMB(馬鹿爆弾)』というコードネームで呼ぶほど呆れており、まったくもって『バカな狂機』を作ってしまったものでございます。


そしてもう一台…
↓恐るべき人間魚雷『回天』。

6_20130522171337.jpg


人間もろとも体当たりし、命と引き換えに敵艦を沈めようとする極限の兵器、人間魚雷『回天』。

太平洋戦争末期、敗北を重ねた日本海軍が考え出した究極の海の特攻作戦ではございましたが、アメリカ軍の強力な防御体制の整備と共に、思うように成果が挙がらなかったそうでございます。

これは人間の命を犠牲にした苦し紛れの戦法であり、まさに『狂気』が『狂機』を作らせ、多くの若い命を犠牲にしてしまったのでございます。

↓電球1個の薄暗くて狭い空間の中、最期の時を迎えた若い兵士の心境たるや…。

7_20130522171306.jpg


9ヶ月間で撃沈した敵艦は3隻、命を落とした若者は104名にものぼりますが、たまたま魚雷が故障したため、出撃できなかった隊員が 後にこう申しております。

『日本ほど、人間の命を粗末にした国はないだろう』…と。

8_20130522171306.jpg


世界におけるテロ組織が、現在でも様々な形で自爆テロを行っておりますが、国家外交の一つの手段として行う『戦争』と、暴力やその脅威による思想提示手段として行う『テロ』とは基本的に異なるものだと思います。

とは申せ、太平洋戦争末期の日本がそのような発想の先鞭をつけたと隣国に暴言を吐かれましても、もはや弁解の余地がないと思いますのは私だけではございますまい。

あくまで私的な見解ではございますが、日本人特有の国を愛する心、神仏を崇敬する気持ち、そして肉親への情愛を巧みに利用しながら、悲惨な戦争への道へと突き進んだのが大東亜戦争そのものではないのでしょうか。

↓出撃二時間前、子犬と戯れる最期の笑顔に胸が詰まる思いがいたします。

9_20130522171305.jpg


若い兵士は散りました。

彼らは…

女を抱く事すら出来なかったんだ。


by 桜川
(海は死にますか 其の三 へ続く…)

プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。