スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柔(やわら)道(みち)

【雑草ポエム 第694話】

勝つと思うな
思えば 負けよ…

この台詞、我が人生におきまして、幾度となく口にしていた名台詞でございます。

ご存知の通り、これは鬼才『関沢 新一』氏がこの世に送り出した名曲、『柔』(美空ひばり)の歌い出し文句でございますが、自分が何かに挑む際、不安や恐怖心に震える心を平常心に導くべく、自ら唱えた自己催眠でもございました。

しかしながら…
勝ちにいかずに勝てるものでございましょうか。

確かに、勝敗とは時の運。
なれど、日々を勝つには『勝とう』と思って努力をせねば、絶対に勝つ事など出来ぬはずでございます。

DSCF4279.jpg

勝つと思うな 思えば負けよ
負けてもともと この胸の
奥に生きてる 柔の夢が
一生一度を 待っている


関沢 新一氏の説くこの歌詞は、『少しばかり強いからと、けっして天狗になってはいけない』という意味であり、どんな相手でも尊重し、胸をかりるつもりで行きなさい…と、私は解釈しております。

思いますれば、私も間もなく人生50年と相成ります。
その中での10年間、縁あって『柔道』に勤しみ、術を学び、参段位を獲るまでに成長させていただきました。

DSCF4260.jpg


礼に始まり礼に終わるという心は、今でも変わることなく持ち続けており、神聖な職場の中に足を踏み入れた時に一礼(お願いします)し、出るときにも向き直って一礼(ありがとうございました)する事にしております。

勝つと思うな 思えば負けよ

50年も生きて来て、その言葉の『真髄』たるものを理解できぬようでは、柔術の有段者が聞いて呆れるというものでございます。

他国籍の横綱(白鵬)が言いました。
『かの角聖『双葉山』が、前人未到の大記録である69連勝を達成することができたのは、彼は《勝ちにいっていない》からだと私は思う』。

勝ちにいっていないとは、いったいどういうことでございましょうか。
負けを許されない横綱たるもの、勝ちたくないなどと思うわけもなく、『勝たねば』と思う心に偽りは無に等しい。

DSCF4280.jpg

参議院議員、蓮訪大臣の名台詞
『1位じゃなければダメなんですか? 2位じゃダメなんですか?』

馬鹿野郎!
1位を狙って勝ちにいくからこそ、2位になれるという現実を知らんのか。


勝つと思うな 思えば負けよ
負けてもともと この胸の
奥に生きてる 柔の夢が
一生一度を 待っている


やはり、まだ私には理解できない。
この真髄を、今の私では理解することができません。

負けてもともと…
そう思える時が本当に理解できた時。


おそらく、私の『その時』とは…


死ぬ時なのかもしれません。

by 桜川



スポンサーサイト

いつ 死んでもいい

【雑草ポエム 第684話】

それは、全てにおいて『規格外』のレスラーでございました。

その男の名は、アンドレ・ザ・ジャイアント。
フランス・グルノーブルの出身で、パリの家具運送会社で働いていたところをスカウトされ、1965年にプロレスラーとしてデビューを果たしました。

身長2m23cm、体重236kgという化け物は、『人間山脈』というふれ込みをバックに新日本プロレスへ戦場を移すやいなや、『一人民族大移動』やら『現代のガリバー旅行記』などと、当時の人気アナウンサー『古館伊知郎』氏に、言われ放題の人気者となりました。

20130325nj5.jpg


でかい…、とにかく全てが規格外。

巨人症という病気持ちとは申せ、日本のマットに一たび上がれば、身長190cmを超える燃える闘魂アントニオ猪木が小人に見え、身長209cmの大巨人、ジャイアント馬場とタッグを組めば、付いた名称が『摩天楼コンビ』。



アンドレと申しますれば、やはり酒にまつわる『規格外な』エピソードが数多くございます。

『新日本プロレスがブラジル遠征を行った際、飛行機の機内にあったビールを全て一人で飲み干し、他の乗客からクレームが出た』

『車で800km移動する間に、缶ビールを118本飲み、さらに到着後19リットルのワインを飲み干した』

『タンパ空港で待機中、50分間でビール108本を空け、その後のバス移動の2時間半で、ワインを1ダース空けてしまった』

『札幌巡業の際、サッポロビール園で大ジョッキ89杯を空けた』

『ペンシルベニア州リーディングのホテルのバーで、ビール327本を一晩で空けた』

『日本での試合の時は、移動中に大量の白ワインを飲んだあげく、会場入りしてからも試合前にビールを4ケース空け、試合後には決まって日本酒を2升飲んでいた』等々…



そんなアンドレも、晩年、酒量は更に増え続け、どこへ行くにもワインを手放せない中毒状態となり、体重も275kgまで増え、40歳になったばかりで歩行すらままならない状態にまでなっておりました。

『十分にこの人生を楽しんだ。 オレはいつ死んでもいい…』

晩年の彼は、よくそう語っておりましたが、これは『生きる』ということを満喫した者だけが語れる、とても素晴らしい台詞だと思っております。

1993年1月27日、父親の葬儀のためフランスに帰国中、パリのホテルで倒れ、アンドレはそのまま息を引き取りました。

死因は急性心不全、まだ46歳の若さでございました。



『オレはいつ死んでもいい…』
この台詞が、どうにも愛おしく思えてならない今日この頃。

今まで必死で生きて参りましたが、『必死』とは、読んで字のごとく…『必ず死ぬ』ためだけに、オレは今まで頑張ってきたわけでございます故…。

『十分にこの人生を楽しんだ。 オレはいつ死んでもいい…』
(アンドレ・ザ・ジャイアント)

私も、かくありたく。


by 桜川


昭和の日(其の一) 全日本柔道選手権大会

【雑草ポエム 第664話】

晴天に恵まれた(4月29日)昭和の日…
私は『全日本柔道選手権大会』を観に、日本武道館へ向かいました。

東京メトロ『九段下駅』の長いエスカレーターを登り切り、北の丸公園に足を踏み入れるのは久しぶりでございます。

2_20130430173641.jpg


↓日本武道館、いやぁ… 相変わらずシブイですねぇ♪

3_20130430173641.jpg


柔道日本一を決める伝統あるこの大会、一連の不祥事で観客の出足が心配されましたが、会場前から大変な賑わいとなっておりました。

4_20130430173640.jpg


↓会場早々、ほぼ満員に膨れ上がった武道館、相変わらず良い雰囲気の天井です。

5_20130430173640.jpg


↓今大会、選抜された強豪がトーナメント方式で勝ち上がります。

6_20130430173609.jpg


↓金・銀・銅のメダルを模した額が用意され…

7_20130430173608.jpg


↓トロフィーと優勝旗の横には、何故か巨大な『赤いきつね』が…。

8_20130430173608.jpg


↓国技館と同様、まったく音楽の流れない会場に響くのは大太鼓の音だけです。

9_20130430173608.jpg


↓時刻はAM11時を回り、いよいよ開会式でございます。

10_20130430173607.jpg


出場選手全員が紹介された後、全柔連のお偉いさんが挨拶をなされておりましたが、一連の不祥事等につきまして、我々観客(柔道ファン)に向けたお詫びのメッセージが全く無かった事に呆れ果ててしまいました。

11_20130430173607.jpg


そうした中、女子柔道の五輪金メダリスト 松本 薫選手が栄誉を称えられ、表彰されるという嬉しいワンシーンもございました。

12_20130430173510.jpg


↓ウルフの眼光もどこへやら、とても優しい笑顔の松本選手でございました。

13_20130430173509.jpg


そしていよいよ試合開始!

↓礼に始まり、礼に終わる… これぞ日本武道の素晴らしさでございます。

17_20130430173509.jpg


選手権大会は無差別での戦いとなりますので、体格の差がでてしまうのも興味深いところでございます。

丸い土俵で戦う相撲とは違い、柔道はどうしても重量の有る方が断然有利でございます。

↓故に、思わず小さい選手を応援してしまうのは、判官贔屓の心からか…。

18_20130430173508.jpg


↓そして今大会の優勝者、穴井選手の登場です!

19_20130430173508.jpg


昨年のロンドン五輪では、男子100級の日本代表として金メダルを期待されていながらも、残念ながら2回戦敗退という屈辱を胸に刻んで挑んだ今大会。

↓穴井選手は試合前、既に現役引退を表明しておりました。

20_20130430173507.jpg


↓今日は現役最後の柔道を楽しみたいと語っていた穴井選手、動きは実に軽快!

21_20130430173407.jpg


↓時折笑顔を見せながら余裕の勝利を続ける穴井選手に、場内から大拍手♪

22_20130430173406.jpg


↓自身のラストを優勝で飾るという、まるで絵に描いたような幸運の持ち主!

23_20130430173406.jpg


しかしながら、そうした古参選手に手も足も出なかった今後の若手ホープ達は、まったくもって情けないの一言でございます。

↓唯一の希望の光は、たった一人の現役高校生、佐藤 和哉くんの登場!

24.jpg


↓一回戦は大学職員の大人を相手に優勢勝ちを決めましたが…

25.jpg


↓2回戦では格の差を見せつけられて、敢え無く敗退…。

26.jpg


素質でチヤホヤされてきたのか、攻守共に若者らしき覇気が感じられず、18歳の怪童と呼ばれました『山下泰裕』が出場し、優勝した時の雰囲気とは雲泥の差がございました。

弱体化する一方の日本男子柔道界。

27.jpg


しかし、勝負に勝つばかりが『柔道』の醍醐味ではございません。

日本の柔道が『JUDO』となり、世界に広がってから、『柔の道』としての礼儀が全く無視され、単なるスポーツ性だけがひとり歩きしているように思われてなりません。

考えが古いのかも知れませんが、私が柔術を習っていた時代では、正面(神様)・審判・相手にきちんと礼をし、畳を降りるまでガッツポーズをしたり、勝利を誰かにアピールしたりという行為は絶対に考えられませんでした。

それは試合中にも多く見られ、戦う時の組み合う姿勢、何人かは今でもおりますが『背筋を張って相手と対面する』、お互いがその状態にあった上で、その力の優劣をつけるというのが柔道の基本だったはずでございます。

ところが、昨今では釣り手や奥襟を取るための競技になってしまっており、ただひたすら相手に取られないよう姿勢を崩し、技の競演など一切無いわけですから、立ち技での一本勝ちは激減し、柔道の醍醐味など出てくる筈もございません。

『世界を獲るためには外国人の指導者(監督)を招へいするべきだ』と、どこかのバカがほざいておりました。

いやはや…
長ったらしい愚痴になってしまいましたが、久々に生観戦した柔道選手権大会に、自分の胸が熱くならなかったという危機感を抱いて会場を去るのは悔しい限りでございます。

では、気分直しといきましょう。
皆様も武道館の雰囲気をお楽しみください!

↓武道館の売店では、全日本の柔道着が売られておりました。

28.jpg


↓『柔』の文字の入ったTシャツやタオルも販売されておりました。

29.jpg


↓そう言えば、腹が減ったなぁ。。。

30.jpg


↓武道館名物? とてもビッグな『餃子ドック』♪ 

31.jpg


↓いたってシンプルなお弁当♪

32.jpg


う~い、今日も元気だ ごはんが美味い!

頑張れ、ニッポン柔道よ!

by 桜川

キング オブ プロレスリング

【雑草ポエム 第646話】

去る1月4日…

私は今年の運気を過激にスタートさせるべく、新日本プロレス新春恒例の『1・4東京ドーム レッスルキングダム7 IWGP決戦』を堪能して参りました。

↓後楽園ホールの壁面に、懐かしい面々がお客様をお出迎え♪

0_copy


↓夕闇せまる東京ドーム、観客が濁流の如く吸い込まれて行きます♪

1_copy


↓2年振りの『IWGP』だけに、思わずワクワクしてしまいました♪

2_copy


↓入場前には原監督の人形と、いつものようにグータッチでご挨拶♪

3_copy


↓ちょっと遅めの入場となり、ドーム内は早くも満員御礼の大盛況♪

4_copy


↓2階の最上段までぎっしり詰まった観客席♪

5_copy


↓いつもはアリーナ席での観戦ですが、今回はスタンド席に陣取りました♪

6_copy


↓試合は淡々と進みましたが、平成レスラーはイマイチ迫力に欠けるかなぁ(汗)

7_copy


↓歌手の中村あゆみさんが、生ライブで選手の入場曲を大熱唱♪

8_copy


こういう所で毎度楽しみなのが観戦しながらの生ビール♪

今回も売り子の綺麗なオネイちゃんが、何度も何度も悩ましげな視線を私に投げ付け、微笑みながら歩み寄って来ますので…『おっ、やっぱオレに気があるんだなぁ~』と、例によっての勘違い(汗)

↓思うツボにハマる客を心で笑うオネイちゃん♪

9_copy


↓3杯も買っちまったぜ♪ う~い ヒック!

10_copy


↓さて…、ほろ酔い気分なところへ武藤が登場!

11_copy


武藤、蝶野、橋本(故人)の三羽ガラスは同世代なだけに、個人的にも注目度はかなり高く、その中の一角(武藤)が登場したので期待をしたのですが…、ここはやはり新日本のマットであり、外様の出る幕はなかったようで(汗)

↓亡き橋本真也の息子を抱き抱える武藤の姿に、思わず目頭が熱くなる…(涙)

12_copy


そしてそして…

この日一番の盛り上がりとなったのは現役レスラーの活躍ではなく、なんとサプライズで(プレゼンター)登場した元人気レスラー『スタンハンセン』への大コールでございました!

↓自身の聴き慣れたテーマ曲で颯爽とリングに向かって歩くハンセン氏♪

13_copy


↓リングインしたスタンハンセン、『ウィーーーーーーーーーー!』の雄叫び!

14_copy


東京ドーム4万の大観衆も、一斉に『ウィーーーーーーーーーー!』と右腕を突き上げて大盛り上がり♪

昭和の日本プロレスを、G・馬場やA・猪木らと共に支えてくれた立役者、日本のファンを忘れていないサービス精神は、今なお健在でございました。

↓セミファイナルの一戦『中邑vs桜庭』の試合は素晴らしかったのですが…。

15_copy


↓メインの棚橋選手を送り出すパフォーマンスも、まるでコンサート会場???

16_copy


これも時代なのでございましょうか…
私的には、とても熱き戦いを堪能する気分にはなれませんでした。

レスラー達も若返り、観客も皆若者ばかりとなりましたが、そもそもこの日一番の盛り上がりが『スタンハンセンの登場』だったということ自体、現代のプロレスリングが何か間違った方向へ向いてしまったとしか、私には思えませんでした。

『脱・アントニオ猪木』or『脱・ジャイアント馬場』
そんな旗印を揚げ、一斉に分散化した日本のプロレス団体ではございましたが、未だに猪木と馬場を超えることのできない現実というものを、私は今回の観戦(スタンハンセンの登場)ではっきりと悟りました。

昭和のプロレスを舐め切っているレスラーの連中に告ぐ。

後に世界最強のレスラーとなる『ハルク・ホーガン』が無名の頃、日本のプロレス界(新日本プロレス)に君臨しつつ、得た物はとてつもなく大きかったと申します。

スタンハンセンの必殺技『ウエスタン・ラリアット』を参考にし、後に自身の代名詞となる必殺技『アックス・ボンバー』を独自で開発!

腕を横水平に出し、肘で相手の首根っこを粉砕する『ウエスタン・ラリアット』に対し、肘に若干の角度を付け、筋肉を硬直させた状態で相手の顎を粉砕するのが『アックス・ボンバー』でございます。

17_20130110215930.jpg


これでハルク・ホーガンは世界を獲った!
日本の昭和のプロレスは、世界を牛耳る力があったのでございます。

平和ボケからスタートした平成時代も、今年で早くも25年を数えます。

気が付きますれば、日本人の横綱は消え去り、国技館の優勝力士色彩写真額(全36枚)は全て外国人力士で埋め尽くされ、世界大会での男子柔道は全滅し、自動車産業のトップ(取締役)を外国人に依頼し、家電業界までもが近隣諸国に見下されるという事態になっております。

昭和の時代をバカにしていた平成のレスラー達が、いったい何をやってきたというのじゃ!(レスラーのみならず…ですが)

新年早々、コンサート会場と化した闘魂のリングを見ながら腹が立ったわ。

by 桜川


プロフィール

桜川 久慶

Author:桜川 久慶
雑草ポエム、書籍化することができました。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア
オセロゲーム

フィリピン留学
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。